相続人に「婚外子」がいる場合の権利調整

今回は、相続人に「婚外子」がいる場合の権利調整について見ていきます。※本連載は、税理士・田中潤氏著『きっと今までになかった相続の権利調整を考える本』(メディアパル)から一部を抜粋し、相続を円滑に進める「権利調整」について、分かりやすく解説します。

別居が基本の「非嫡出子」には重大なハンデがある

被相続人の嫡出子でない子供(非嫡出子)、いわゆる婚外子の法的相続分は嫡出子と同等にすべきである、という最高裁判決に基づき、2013年暮れに民法が改正されました。家族とはちがう立場の子も同じ相続分とすることになった理由は国際的な圧力や家族そのものの概念の多様化など、日本における社会構造の変化の結果、という見解があります。しかし、本当に問題なのは夫(子を作った当事者)の気持ちと行動なのです。

 

元々夫が妻や子を守る立場で財産を確保しようとすれば、妻への贈与を始め家族への名義預金・貸金庫預金など非嫡出子に分からないように財産を移転することはいくらでもできます。元々家族でないという状況、つまり、別居が基本の非嫡出子には重大なハンデがあります。相続時に法定相続分の主張をすることができるといっても、後の祭りということになってしまうわけです。

 

一方、逆の場合も複雑な動きをします。

 

夫が家族よりも非嫡出子やその母親を重視し、生前に財産を贈与したとしても妻や子がそれを止めることは難しいようです。法定相続人でない愛人への贈与や遺贈には、相続人は極めて弱い立場です。

法定相続分は争いになった場合に採用される分割の目安

また、遺言に「非嫡出子にすべて財産を相続させる」と明記されれば、非嫡出子は法定相続分を遥かに超える財産を手にすることが出来るわけで、今回の改正で、非嫡出子の立場が劇的に変化したというわけでもないのです。

 

要するに改正は、能天気な夫が何の準備もせず亡くなった場合に起きる一部の手続について一定の効果があるわけですが、多くの場合は改正による分割を参考にしつつも生前に夫がどう動くかという意味では、今までの権利調整の考えを大きく変えるものではありません。

 

ところで、そもそも法定相続分という考え方は、争いになった場合に採用される分割の目安であり、元々相続人の間で合意があればどんな分け方をしても全く支障はありません。例えば、非嫡出子であっても相続人であることに変わりはないので、上記の判決にかかわらず、相続人全員の合意で非嫡出子がすべての遺産を相続することも可能でした。

 

つまり、非嫡出子の法定相続分を嫡出子と同じにするということは、争いがあるからこその取り決め、と言えます。

 

改正は、非嫡出子の権利が認められたという正面からの事実とともに、非嫡出子を持つ親に幸せな相続になるよう改めて相続財産の行先とそのための権利調整を考えておくように促したという側面を持っています。

税理士

様々な公益活動を通じて、保育・医療・介護・宗教・歴史と多角度から相続の本質を俯瞰し、家族が幸せになるための相続を志す。理事・顧問を務める公益法人・社会福祉法人・宗教法人・金融機関などとの連携による相続対策も行なっている。近作として、平成28年8月に被相続人と相続人が思いやりのあるコミュニケーションをするためのツールとして、相続気配りセットを制作。全国で発売中。現在、公益社団法人東日本大震災雇用・教育・健康支援機構及び公益社団法人受動喫煙撲滅機構理事長として、震災からの本当の復興と屋内完全禁煙の実現を目指している。

著者紹介

連載円滑な相続を実現する「権利調整」の進め方

きっと今までになかった相続の権利調整を考える本

きっと今までになかった相続の権利調整を考える本

田中 潤

メディアパル

生前そして亡くなってからの様々な場面で被相続人・相続人が示す判断、それは家族の幸せと 一族の平和を守る為の活動であり、そこでのコミュニケーションこそ相続の権利調整です。本書では、イラストと漫画で様々な相続案件を…

相続気配りセット

相続気配りセット

一般社団法人 相続よろず相談所

メディアパル

「相続気配りセット」は、いかに大過なく有形・無形の財産を承継してゆくか、ということに重点を置き制作しました。フルカラーのイラストも楽しく、肩ひじ張らずに気軽に必要な項目を書き込めます。財産を遺す人から受取る人へ…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧