不動産ファンド選びの参考になるAM会社の「投資戦略」

前回は、シンクタンク等のレポートから不動産ファンドの動向を探る方法について説明しました。今回は、不動産ファンド選びの参考になるAM会社の「投資戦略」について見ていきます。

不動産投資関連の専門誌が提供する役立つ情報

新聞、雑誌、WEBマガジン等に掲載されている不動産・不動産投資関連の記事も重要な情報源になるでしょう。

 

専門の媒体としては、日経BP社の「日経不動産マーケット情報」がお勧めです。事業用・投資用不動産(オフィスビル、店舗ビル、物流施設、賃貸マンションなど)について、売買の実取引情報や賃料情報、企業の移転情報を読者限定Webサイトと月刊の情報誌で提供しています。

 

また、綜合ユニコム社発行の『月刊プロパティマネジメント』も参考になります。「日経不動産マーケット情報」が不動産・不動産業界を幅広く取り扱っているのに比べると、同誌は、私募ファンドやリートなど不動産証券化事業を特集することが多く、不動産ファンド業界の業界誌的な役割を果たしているといえるかもしれません。

 

不動産ファンドビジネスを中心に取り扱っている『不動産ファンドレビュー』も参考になるかもしれません。

 

ちなみに「日経不動産マーケット情報」『月刊プロパティマネジメント』のいずれも、不動産ビジネス、不動産投資関連のセミナーやシンポジウムなどを折に触れて催しています。そうしたセミナー等に参加してみるのも情報収集に役立つかもしれません。

「投資戦略」に強みがないAM会社は避けるのが無難

さらに、ファンドを運営しているAM会社に対して、必要な情報をリクエストするという方法もあります。

 

AM会社はそれぞれ、独自の投資戦略があって投資しています。たとえば、筆者の会社の場合であれば、現在は生活密着型の商業施設に重点的な投資を行っています。

 

これまで、特に地方では週末に大型ショッピングセンターに自動車で行ってまとめ買いする消費スタイルが主流でした。しかし、70歳を過ぎると免許を持っていても車に乗らず、日常の買い物は歩いて行ける範囲の店ですませる人が多くなります。団塊世代が今後10年で75歳になっていくことを考えれば、こうした消費行動の変化はより顕著になっていくはずであり、住宅地に近接した商業施設へのニーズはますます高まっていくに違いありません。

 

また、筆者の会社では、こうした商業施設やホテルなどのオペレーショナルアセットによる資産運用がクラウドファンディングには最適であると考えています。

 

オペレーショナルアセットでは賃貸借の契約期間を10年、20年と十年単位で結ぶことが一般的です。不動産ファンド投資の初心者が多いクラウドファンディングでは、リスクを極力避けることが何よりも大切になります。キャッシュフローを長期間にわたり安定した形で確保できるオペレーショナルアセットでファンドを組成すれば、リスクを最大限に限定することが可能となるからです。

 

このように、「なぜその不動産を購入したのか」、あるいは「今後、どのような物件に投資する計画を立てているのか」などの具体的な情報をAM会社から得ることができれば、投資のための判断材料や手掛かりが増え、ファンド選びをより的確に行うことが可能となるはずです。

 

逆にいえば、質問をしても満足に答えられないようなAM会社は、何の戦略も持たずに、行き当たりばったりで不動産を購入しているおそれがあります。そのようなAM会社の組成するファンドは避けるのが無難かもしれません。

本連載は、2016年3月28日刊行の書籍『ローリスクで年利7% 1万円から始める不動産ファンド投資』から抜粋したものです。その後の税制改正等、最新の内容には対応していない可能性もございますので、あらかじめご了承ください。本書に記載された情報に関しては万全を期していますが、内容を保証するものではありません。また、本書の内容は著者の個人的な見解を解説したものであり、著者が所属する機関、組織、グループ等の意見を反映したものではありません。本書の情報を利用した結果による損害、損失についても、出版社、著者並びに本書制作関係者は一切の責任を負いません。投資のご判断はご自身の責任でお願いいたします。

「資産形成」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

「国内不動産」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

連載安定的に高利回りが狙える「不動産ファンド」の見極め方

LCパートナーズ 代表取締役・最高投資責任者(CIO)
ロジコム 取締役
LCレンディング 取締役 

University College London(ロンドン大学)卒業、建築経済・経営学修士(MSc)取得。一級建築士。不動産投資に10年以上携わった後、大手シンクタンクにて不動産投資分野における調査分析のコンサルティング業務を経験。その後、独立系不動産アセットマネジメント会社の最大手であったダヴィンチ・アドバイザーズにおいて、私募ファンドやリートの新規上場、また不動産関係企業投資などで中心的な役割を果たした。2009年にLCパートナーズを立ち上げ代表取締役兼最高投資責任者(CIO)に就任。

著者紹介

ローリスクで年利7% 1万円から始める不動産ファンド投資

ローリスクで年利7% 1万円から始める不動産ファンド投資

小山 努

幻冬舎メディアコンサルティング

投資で資産を増やさなければ、将来の見通しが立たない――。 一般のサラリーマンの間でも、企業や社会保障に頼らずに資産をつくるしかないと、「貯蓄から投資へ」向かう傾向が強まっています。 本書では、理想先な投資先とし…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧