医学の力で髪を生やす!? 「男性脱毛症クリニック」の実力

さまざまな育毛サロンに通ってみたけれど、その効果には納得できなかった筆者ですが、医療機関である脱毛症クリニックには期待ができるとのことです。 ※本連載は、2016年9月12日刊行の書籍『ハゲからの生還』から一部を抜粋して、育毛ビジネスの裏側をお伝えしています。

病院が患者向けに開発した話題のシャンプー

育毛サロンで頭皮に薬を塗ってもらっても、髪が生えたり増えたりする効果は、ほとんど期待できません。

 

ところが、現在市販されているシャンプーのなかには、一般向けに発売された当時、「これを使えば髪が増えるんじゃないか」と評判になったものがあります。

 

「薬を塗っても生えない髪が、シャンプーだけで生えるの?」

 

そう疑問に感じる人もいるかもしれませんが、それはいったん脇に置いて、まず現在の育毛サロンと男性脱毛症クリニックの実力差に触れておきたいと思います。

 

生えるんじゃないかと評判になったのは、『スカルプD』というシャンプーです。アンファーという会社が販売しています。

 

「頭皮環境を整える」「健康な髪を育てる」とうたっていますが、これは、発毛・育毛に役立つという意味に限りなく近い表現。実は、このシャンプーは、ある病院がAGA(男性型脱毛症)の患者さん向けに開発した商品でした。

 

その病院は、男性専門クリニックとして、AGAの患者向けにシャンプーを売っていました。そのシャンプーが好評だったことから、一般の人にも売っていこうと、プロデュースされたのがスカルプDだったのです。

 

このシャンプーは、おなじみのお笑い芸人たちをCMに起用したこともあって、一時期、大きな話題になりました。そして当初、芸人さんたちもみんな“髪が増えてきた”ことをアピールしていました。

 

それがまさに、“医学に基づく発毛クリニック”の実力なのです。

 

スカルプDを開発したメンズヘルスクリニック東京は、東京駅のすぐ近くにありますが、以前は新宿駅に近い西新宿で、城西クリニックという名前で診療をしていました。AGA治療に関しては、やはりサロンとは次元の違う実績を挙げてきています。

 

私もいくつか薄毛治療をしている病院に行ったことがありますが、やはり病院では、実際に患者さんの髪を生やし、増やしているのです。

スタッフに元患者を起用するクリニックも

私が「よさそうだ」と思う病院は、メンズヘルスクリニック東京のほかにもあります。

 

たとえば、東京なら銀座にも、銀座総合美容クリニックという病院があります。最近はテレビでCMを目にすることも多く、「銀クリ」なんて呼ばれていますが、そこの男性スタッフには驚かされました。

 

何に驚いたかというと、もともと普通に髪が生えている人なのかと思いきや、ハゲの治療を終えた元患者さんだったのです。

 

ハゲていた患者が治って、そこのスタッフになっている病院。これなら、スタッフがハゲだったり社長がヅラだったりする育毛サロンと違って、「あり」ですよね。

株式会社エスロッソ 代表取締役社長 株式会社新日本情報システム 代表取締役社長

1971年7月生まれ。静岡県出身。大学中退後、サラリーマンとして働くなかで薄毛に悩み、独学で研究を重ねた結果、劇的な育毛に成功する。その後、2006年に独立。自身の体験をもとにした育毛事業を立ち上げ、圧倒的な効果を発揮する商品・サービスを次々と展開。「自分の経験を役立てて、同じ悩みを抱えた人たちを救いたい」という強い想いのもと、年間30000名以上の薄毛に悩む人々を救っている。

著者紹介

連載「ハゲから生還した著者」が明かす 育毛ビジネスの真実

ハゲからの生還

ハゲからの生還

杉山 哲矢

幻冬舎メディアコンサルティング

「ハゲ」・・・それは男性にとって、非常にデリケートかつ切実な悩みでしょう。  本書では、かつてハゲに苦しめられ、様々な努力の末に「超フサフサ」を取り戻した著者が、自ら体を張って検証した「本当に効果のある薄毛治療…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧