育毛薬品で効果が高いのは「塗る」より「飲む」タイプ

育毛サロンにはない男性脱毛症クリニックの大きな強みとして、「飲み薬」を処方してくれる点を著者は指摘します。 ※本連載は、2016年9月12日刊行の書籍『ハゲからの生還』から一部を抜粋して、育毛ビジネスの裏側をお伝えしています。

男性ホルモンを抑える「プロペシア」

現在、育毛に有効性が認められている薬は、ふたつあります。

 

最近注目されているので、ご存じの人も多いかもしれませんが、プロペシアとミノキシジルです。

 

ここでは私が知っていることをお伝えしますが、「その薬、本当のところはどうなんだ」とか「自分には合っているのか」といったことは、ご自分でお医者さんに聞いてください。

 

ということで、大まかに言うと、プロペシアは抜け毛にブレーキをかける薬、ミノキシジルのほうは発毛を促進する薬という役割分担になります。

 

プロペシアは飲む薬だけですが、ミノキシジルには塗るタイプと飲むタイプがあります。

 

こういう実際に効く薬を処方できるところが、サロンにはないクリニックの強みと言っていいでしょう。

 

プロペシアのほうから説明すると、その有効成分はフィナステリド。

 

では、「その成分、そもそも何なの?」というと、男性ホルモンを抑える薬です。中年を過ぎた男性には、よく前立腺肥大という病気が起こりますが、その原因は男性ホルモンなのです。活性化した男性ホルモンに、ジヒドロテストステロンというのがあるのですが、これが前立腺肥大を起こすと言われています。

 

そして、同じ原因で起こるのが、男性型のハゲであるAGA。

 

プロペシアは、男性ホルモンを抑える前立腺肥大の治療薬だったのですが、これが脱毛にもブレーキをかけるというわけです。

塗り薬として有名だが、経口用もある「ミノキシジル」

そしてミノキシジル。これは、たぶんプロペシアよりも多くの人になじみのある育毛剤ではないでしょうか。

 

というのは、市販されている『リアップ』の成分が、ミノキシジルなのです。日本では、大正製薬が一般用医薬品として『リアップ』を売っていますが、海外では『ロゲイン』という商品名で売られています。

 

リアップはもちろん塗る薬ですが、クリニックに行くと、飲むタイプのミノキシジルもあります。一般には飲むプロペシアと塗るミノキシジルの併用が多いのですが、かなりイッてるハゲには、飲むミノキシジルが処方されることも多いようです。

 

そして、塗るのと飲むのでは、飲むタイプが圧倒的に効きます。

 

では、そのミノキシジルとは何かというと、心臓病とか動脈硬化の薬として開発されたものなのです。

 

血管を拡張する作用があるので、頭皮の毛根にも、栄養が行き届きやすくなる。その血管拡張作用で、服用している人にみんな髪が生えてきたといいます。そういうことから、「育毛の薬としても使えるね」となったのが、そもそもの始まりだと聞いています。

 

注意したいのは、プロペシアもミノキシジルも、即効性が期待できる薬ではないということです。最低3カ月以上は続けて使うことが推奨されています。

 

それはそうですよね。薬を飲んだその日に毛が生えたら、逆に怖いです。といっても、3カ月もすれば、効果はかなり目に見えてわかるようになるということです。

株式会社エスロッソ 代表取締役社長 株式会社新日本情報システム 代表取締役社長

1971年7月生まれ。静岡県出身。大学中退後、サラリーマンとして働くなかで薄毛に悩み、独学で研究を重ねた結果、劇的な育毛に成功する。その後、2006年に独立。自身の体験をもとにした育毛事業を立ち上げ、圧倒的な効果を発揮する商品・サービスを次々と展開。「自分の経験を役立てて、同じ悩みを抱えた人たちを救いたい」という強い想いのもと、年間30000名以上の薄毛に悩む人々を救っている。

著者紹介

連載「ハゲから生還した著者」が明かす 育毛ビジネスの真実

ハゲからの生還

ハゲからの生還

杉山 哲矢

幻冬舎メディアコンサルティング

「ハゲ」・・・それは男性にとって、非常にデリケートかつ切実な悩みでしょう。  本書では、かつてハゲに苦しめられ、様々な努力の末に「超フサフサ」を取り戻した著者が、自ら体を張って検証した「本当に効果のある薄毛治療…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧