開業医の資産形成における「ファイナンシャルゴール」とは?

資産形成を進めていくうえでは、「資産運用のルール」を設定することが不可欠です。本連載では、開業医の資産形成における、具体的な投資ルールの設定方法を見ていきます。

資産形成の方針は「7つ」の項目から考える

ここでは、資産形成に際して最優先すべきこととは何か、資産運用にあたって守らなければならない取り決めなどの確認を行います。ルールの設定では、大きく分けて以下の7つの項目を決めていきます。

 

①ファイナンシャルゴール(リタイア時期とやりたいこと)

②ボリューム(目標金額の設定)

③期間(ゴールまでの運用期間)

④投資スタイル(資産形成の方法と割合)

⑤リスク許容度(リターンとリスクの設定)

⑥関与(投資に費やす時間と労力)

⑦性格(投資商品との相性)

 

「①ファイナンシャルゴール」についてですが、これまで数多くの開業医にコンサルティングを行ってきた経験からすると、簡単にはリタイア時期を決められない方が多いようです。たとえば、都内で歯科医院を開業しているSさん(52歳)は、すでに息子さんが他の医院で勤務医として働いており、承継問題にも目処が立っている状態でした。にもかかわらず、リタイア時期についてはずいぶん悩まれていたのです。

 

Sさんは、いきなり完全リタイアをするのではなく、数年は息子さんの側でサポートしたいと考えており、これまでの馴染みの患者さんのケアもできるだけしていきたいとのことでした。

ファイナンシャルゴール経済的自由」の獲得

完全リタイアか、セミリタイアか――。確かに迷うところではありますが、実はファイナンシャルゴールの設定とはあまり関係ありません。というのも、ファイナンシャルゴールの目標とは「リタイアできる環境作り」を意味するものであり、言い方を換えれば、「経済的自由(ファイナンシャルフリー)」を手に入れることです。

 

単に生活費だけの問題ではなく、事業借入や住宅ローン、マイカーローンといった「借金」をすべて清算して、月々のランニングコストを最小限にしておくこともファイナンシャルゴールにとっては重要です。さらに、子供が成長して独立、もしくは事業承継してくれるのであれば、その準備も整えておきます。要するに、経済的に解き放たれて、悠々自適な暮らしをしていくのにもはや不安はない、という状態を意味します。

 

従って、リタイアの年齢や時期はあまり重要ではないということです。リタイアの時期は人によって大きく異なり、また様々な事情で変化を遂げていきます。資産形成をスタートさせる時点では、リタイア後にどんな生活をしたいのか、その具体的なイメージを決めるほうが重要なのです。

 

ちなみに、リタイア後の夢や理想について、開業医はどう考えているのでしょうか。弊社が実施した30〜40代の現役医師、歯科医師を対象にしたアンケート「リタイア後幸せに生きるために必要なもの、大切なものについての統計データ」を見ると、興味深い結果が出ています。「(リタイア後)一番大切なことは何ですか?」(複数回答可)という質問に対しての結果は次のようになります。

 

●1位・・・経済力(73.3%)

2位・・・希望、夢、生き甲斐、目標、趣味(64.2%)

3位・・・家族、友人、仲間、社会との繋がり(41.3%)

4位・・・健康、体力、気力(36.2%)

5位・・・感謝、思いやり(12.6%)

 

開業医らしい結果とも言えますが、少なくとも「経済的余裕」があれば、自分らしい理想的な生活が送れると考えているのかもしれません。マネーリッチがままならないと、マインドリッチも得られない。そんな結果が統計データに出ていると言っても過言ではないでしょう。また、タイムリッチに満たされていても、マネーリッチが得られなければマインドリッチを実践することはできません。

本連載は、2015年8月4日刊行の書籍『開業医のための資産形成術』から抜粋したものです。その後の税制改正等、最新の内容には対応していない可能性もございますので、あらかじめご了承ください。

「ドクター向け」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

「資産形成」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

連載7つの視点から見る「開業医の資産形成」

株式会社インベストパートナーズ 執行役員・ゼネラルマネージャー

株式会社インベストメントパートナーズ 執行役員・ゼネラルマネージャー。
1972年福岡県生まれ。2006年に株式会社インベストメントパートナーズ設立メンバーとして参画。これまでに500人以上の個人開業院長、医療法人理事長に事業改善、人生設計をサポート。医院形態、規模、年代、地域性など、集積したデータをもとに実践的資産形成の設定を行う。2014年には公益法人日本医業経営コンサルタント協会認定登録。

著者紹介

開業医のための資産形成術

開業医のための資産形成術

恒吉 雅顕

幻冬舎メディアコンサルティング

かつて開業医は医師のなかでも勤務医より収入が圧倒的に多く、リタイア後の悠々自適な生活が保障されていたことから、将来安泰な職業だと言われてきました。しかし今、税制改革による富裕層への増税や、2025年問題へ向けた医療…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧