開業医の理想的なリタイアを実現する「3RICH理論」

前回は、リタイア後を見据えた資産形成は早めに行うべき理由を説明しました。今回は、開業医の理想的なリタイアを実現する「3RICH理論」とは何かを見ていきます。

悠々自適とは、単に「お金に困らない暮らし」ではない

開業医の方の描くリタイア後の暮らしに共通していることは「悠々自適に暮らしたい」という願いです。悠々自適、という言葉には誰もが憧れる魅力があります。一般的にはお金持ちの優雅な生活、シャンパンを片手にクルージングといったイメージでしょうか。

 

しかし、本来「悠々自適」とは辞典によると「俗事に煩わされずに自分の思うままに心静かに生活を送ること」とあります。単にお金に困らない暮らしではないのです。

3つの「RICH」が悠々自適なリタイアを可能に

では、開業医にとって本当の意味での「悠々自適」とはどんな暮らしなのか――。筆者は次のような3つの「リッチ(RICH)」の実現を提唱しています。

 

①マネーリッチ(Money Rich)

 

お金の面で余裕があるということは最低条件のひとつです。

 

しかし、マネーリッチとは単にお金がたくさんあればいいというわけではありません。自身が理想とする生活にどれだけの不労収入や資産があればいいのか、その生活水準をクリアしていることが本当のマネーリッチと言えます。

 

たとえば、5億円の資産を蓄えていても「足りない」という方はマネーリッチとは言えませんし、一方で月々50万円の収入でも「十分」という方はマネーリッチと言えるのです。

 

②タイムリッチ(Time Rich)

 

現役開業医にとって、時間は極めて貴重なものです。リタイア後のライフスタイルでは、超多忙な日々から解放されて時間的に余裕のある日々を実現したいものです。

 

あまった時間で自分の趣味や旅行を楽しむ。リタイア後の悠々自適な生活に「タイムリッチ」は必要不可欠です。

 

反対に現役世代はタイムプアーが多い。自分で仕事を抱え込み、本業以外のことでも手いっぱいで、アウトソーシング(院内や外部の人間に自身の仕事を任せること)が苦手な医師が多いようです。

 

③マインドリッチ(Mind Rich)

 

精神的に余裕のある暮らし。いわゆるマインドリッチであることも、悠々自適な生活には不可欠です。問題は、そんな生活を自覚できるための環境作りですが、人によっては海外のリゾート地かもしれませんし、地方の田園風景かもしれません。

 

また、誰と過ごすかも重要になります。お金も時間もあるのにひとりでやることがないといった生活は寂しいものです。

 

誰からも干渉されず自分の時間を過ごしたいという考えを否定するわけではありませんが、最近では、リタイア後は別居して、夫婦それぞれの暮らしを満喫したいという奥様も増えています。本当の意味で真剣にセカンドライフを考えているのは女性のほうかもしれません。

 

これら3つのRICH(リッチ)を達成してこそ、本当の意味での悠々自適なリタイアが可能になるのではないでしょうか。これを「3RICH理論」と名付けています。

 

[図表]3RICH理論のイメージ図

本連載は、2015年8月4日刊行の書籍『開業医のための資産形成術』から抜粋したものです。その後の税制改正等、最新の内容には対応していない可能性もございますので、あらかじめご了承ください。

株式会社インベストパートナーズ 執行役員・ゼネラルマネージャー

株式会社インベストメントパートナーズ 執行役員・ゼネラルマネージャー。
1972年福岡県生まれ。2006年に株式会社インベストメントパートナーズ設立メンバーとして参画。これまでに500人以上の個人開業院長、医療法人理事長に事業改善、人生設計をサポート。医院形態、規模、年代、地域性など、集積したデータをもとに実践的資産形成の設定を行う。2014年には公益法人日本医業経営コンサルタント協会認定登録。

著者紹介

連載7つの視点から見る「開業医の資産形成」

開業医のための資産形成術

開業医のための資産形成術

恒吉 雅顕

幻冬舎メディアコンサルティング

かつて開業医は医師のなかでも勤務医より収入が圧倒的に多く、リタイア後の悠々自適な生活が保障されていたことから、将来安泰な職業だと言われてきました。しかし今、税制改革による富裕層への増税や、2025年問題へ向けた医療…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧