相続・事業承継 相続対策
連載オネエタレントの相続~「税理士ツチヤの相続事件簿」より【第4回】

あたしが亡くなったら、財産は誰のものになるの?

小説遺言書法定相続人

あたしが亡くなったら、財産は誰のものになるの?

病に倒れたオネエタレントが、どうしても会いたいと搬送先の病院に呼び出したのは、旧知の税理士ツチヤでした――。本連載は、税理士・土屋祐昭氏、FP・社会保険労務士・佐藤敦規氏の著書、『税理士ツチヤの相続事件簿』(サンライズパブリッシング)の中から一部を抜粋し、ある日、突然降りかかってくる「相続」という問題とその解決策を小説形式でお伝えします。

日本では同姓婚が認められていない以上・・・

外へ出た。コートに雪が付着する。横殴りの雪なので傘が役に立たない。タクシーを探した。いつもはすぐに目につくのだが、なかなか見当たらない。やっと1台が走ってきた。ツチヤ税理士は傘を高く掲げた。止まらずに走り去った。乗車中。続いて1台くる。今度は傘を振り回した。足がすべってバランスを崩した。傘を放り出して鞄を両手で抱え、路面に仰向けに倒れた。ノートパソコンは守らなくては。タクシーは止まらなかった。

 

地下鉄に変更しよう。路線を検索するため、スマートフォンをスーツの胸ポケットから取り出した。雪の影響をあまり受けないはずだ。


相談の内容は推測できた。地下鉄の西新宿駅方向に歩きながら、夏菜恋との1ヶ月前の会話を反芻した。


その日は、珍しく食欲がないようであった。


「体調が悪いのですか?」と尋ねると、


「あたしが亡くなったら、財産はどうなるの?」

 

と返してきた。夏菜恋の両親は、10数年前に相次いで亡くなっている。まだ60歳代の後半だった。


「残念ながら日本では、法律上、同性婚が認められていないのでパートナーに渡らないです。お兄さんがすべて受け取ることになります」

 

夏菜恋は、戸籍上独身になる。両親が他界している場合、唯一の肉親である兄しか相続人はいなかった。

パートナーに財産を残すには遺言書が必要

「そうなの。最近、日本でも同姓同士が結婚式を挙げたということがあったけど」


夏菜恋とその兄は仲が悪く、ここ最近は絶縁状態という話を聞いたことがあった。


「結婚式を挙げる自由はあるのですが、民法の規定は変わらないので、相続財産を受
け取る権利はありません」


「本当なの? それじゃ日本にいたら駄目だっていうことね。パリだと10分の1が同
性婚だと言われているのに。フランス国籍をとろうかな」

 

「法定相続人以外の人に財産を残すためには、遺言書が必要なのです。遺言書を書け
ば、夏菜さんのパートナーは、財産を受け取ることができます。遺言書を書きましょ
う」


遺贈という遺言によって特定の人に財産を与える方法があり、相続人以外も指定す
ることができる。


「遺言なんて縁起でもない。彼と正式に結婚してから死にたい」

 

「最近では、元気なうちに遺言を書く人、増えてきていますよ」

 

終活ブームってやつね。どうせ税理士とか、銀行、保険、不動産屋さんがそれに乗っかって金儲けしようと企んでいることでしょ。この前も銀行の担当者がなんか言ってきたから怒鳴りつけてやったの。でもツチヤさんが言うのなら考えてみる。また連絡する」


依頼があったら、すぐに対応しようと思っていた。まさかパリに行っていたなんて。
仕事熱心とはいえ、無茶なことだ。地下鉄の入口が見えてきた。

本連載は、2016年2月26日刊行の書籍『税理士ツチヤの相続事件簿』から抜粋したものです。その後の税制改正等、最新の内容には対応していない可能性もございますので、あらかじめご了承ください。

土屋 裕昭

土屋会計事務所 所長 税理士・CFP・登録政治資金監査人

1973年米国アラスカ生まれ。1995年早稲田大学政治経済学部卒業。大学卒業後、一般企業勤務を経て、簿記知識ゼロから3年間で税理士試験合格。相続税に強い税理士として個人資産家からの信頼も厚く、HP(相続税申告のツチヤ)には多数のお客様の声が掲載されている。監修に『いちばんわかりやすい確定申告の書き方』(ダイヤモンド社)、共著に『小さな会社は「決算だけ」税理士に頼みなさい』(ダイヤモンド社)などがある。テレビ、週刊誌などメディア取材多数。

著者紹介

佐藤 敦規

FP・社会保険労務士

1964年東京生まれ。中央大学卒業後、パソコン関連誌の編集に携わる。30代からは印刷会社に勤務し、テクニカルライターとして家電製品からシステム関連まで100種類以上の取扱説明書を作成。2年前より年金や生命保険のあるべき姿をより多くの人に伝えるべく、FP・社会保険労務士に転向。マネー&相続関連のセミナーなどを行う。ミステリー小説の新人賞、江戸川乱歩賞の予選を通貨したこともある。

著者紹介

連載オネエタレントの相続~「税理士ツチヤの相続事件簿」より

税理士ツチヤの相続事件簿

税理士ツチヤの相続事件簿

土屋 裕昭・佐藤 敦規

サンライズパブリッシング

オネエタレントの遺産はどうなる? 社長が遺した借金は家族に? 湾岸のタワーマンション購入は節税?・・・ツチヤ税理士と新米税理士見習い・橋本智子が出くわす、 一癖も二癖もある相続事件の数々を小説でわかりやすくご紹…

Special Feature

2016.12

「法人保険」活用バイブル<書籍刊行>

決算対策、相続・事業承継、財産移転・・・企業とオーナー社長のさまざまな課題解決に、絶大な効果を発揮する「法人保険」の活用…

GGO編集部(保険取材班)

[連載]オーナー社長のための「法人保険」活用バイブル~決算対策編

【第19回】保険のための医的診査 結果が「少し悪い」ほうが社長が喜ぶ理由

GTAC(吉永 秀史)

[連載]法人保険を活用した資産移転の節税スキーム

【第15回】「逆ハーフタックスプラン」活用時の留意点

Seminar information

不動産活用セミナーのご案内

償却メリットを狙った「京都の町家」投資の魅力

~建物比率5割超&4年で減価償却も可能!独自の不動産マーケットを形成する京町家だから実現する投資法

日時 2016年12月10日(土)
講師 平野準

海外不動産セミナーのご案内

償却メリットにフォーカスした「ハワイ不動産」投資の最新事情

~築古木造のタウンハウスで建物比率80%以上。「ハワイの償却物件」の実際と活用法

日時 2016年12月10日(土)
講師 大橋 登

海外活用セミナーのご案内

国際金融都市「香港」で始めるグローバル資産防衛

~本格的な海外投資環境を整えるメリットと現地の最新金融事情

日時 2016年12月10日(土)
講師 長谷川建一

The Latest