相続・事業承継 相続対策
連載オネエタレントの相続~「税理士ツチヤの相続事件簿」より【最終回】

兄に遺産を渡すか否か――オネエタレントが下した決断とは?

小説特定遺贈

兄に遺産を渡すか否か――オネエタレントが下した決断とは?

兄に遺産を渡すか否か――。最終回となる今回は、生死を彷徨ったオネエタレント夏菜恋が最後に下した決断を見ていきます。※本連載は、税理士・土屋祐昭氏、FP・社会保険労務士・佐藤敦規氏の著書、『税理士ツチヤの相続事件簿』(サンライズパブリッシング)の中から一部を抜粋し、ある日、突然降りかかってくる「相続」という問題とその解決策を小説形式でお伝えします。

結局、書き直すことにした遺言書

看護師が部屋に入ってきた。

 

「大丈夫ですか?」

 

「用意も何もないわよ。まな板の鯉というのはこのことね」

 

「手術は必ず成功しますよ」

 

藤堂隆の目から涙がこぼれ落ちた。

 

「何、辛気臭い顔をしているの。行ってくるから」

 

夏菜恋はつぶやいた。

 

夏菜恋の手術は無事に終わり、1ヶ月後に退院した。さすがにしばらく、仕事は休むようだ。ツチヤ税理士のもとに連絡があった。公証役場に行って、遺言書を書き直すことにしたという。もう少し落ち着いてからのほうがよいのではと言ったが、「やれるときにやらないと後悔するから」と言って聞かなかった。

兄を許したわけではないが・・・

ツチヤ税理士が公証役場の前へ到着するとすでに夏菜恋が、待っていた。体が一回り小さくなったようだが、顔色が悪くなかった。

 

「早く着きすぎたみたいね。散歩しない? ずっと家に閉じこもっていたから、たまには外の空気を吸いたくなる。太陽の光って眩しいわね」

 

公証役場の裏手には小川が流れている。両岸は、歩行者専用の遊歩道になっていた。桜の木が植樹されている。川面に映った桜。光の加減により模様が変化している。杖を持った80過ぎくらいの老人が新聞を読みながら座っている。

 

「彼の言うとおり、遺産は半分に分けることにした。あいつに渡すくらいなら、あしなが育英会に寄付したほうがいいんだけどね」

 

「入院中、お兄さんとはなにか話しましたか?」

 

「あら、あいつが来たことをなぜ知っているの?」

 

「メールを貰いましたから。お兄さんがお見舞いに来たって」

 

「あら、そうだったっけ? ツチヤさんにメールしたかな。まあいいや。あいつ、色々とあたしの財産のこと探っていたのよ。適当にはぐらかしておいた」

 

ツチヤ税理士は、なんと答えたらよいか分からなかった。

 

「でもとりあえず彼の希望は叶えてやった。飛行機の中で死んでいた可能性だってあったわけでしょ。そしたら全額、あいつのところにぜんぶ遺産が渡ったことを考えると半分くらいはいいかなと思ったわけ」

 

「お兄さんに対する感情は少し変わりましたか?」

 

「全然。あたし兄のこと、許さないから。これでも結構、執念深いのよ。他人から馬鹿にされたこととかずっと覚えている。それよりツチヤさん、半分ずつ分けるとすると手続きはややこしくなるの?」

 

「大丈夫ですよ。ただ不動産を半分にしたりすると面倒になるので、この財産は兄、こちらのほうは藤堂さんって指定する特定遺贈という方式を採られるとよいと思います」

 

「特定遺贈! なんか難しいそうね。まあ、ツチヤさんに任せる。そういえば、昔、『レインマン』という映画があったわね。若い頃のトム・クルーズが出ている映画。20年振りに観てみたら、色々と考えさせられることがあった。ツチヤさんも観たことある?」

 

ツチヤ税理士は、観たことがあった。たしか父の遺産を巡る兄弟の葛藤を描いた作品だった。正確には思い出せない。

 

春風が吹いた。南風である。桜吹雪が二人の頭上に舞った。もう一度、レインマンという映画を観てみようとツチヤ税理士は思った。

本連載は、2016年2月26日刊行の書籍『税理士ツチヤの相続事件簿』から抜粋したものです。その後の税制改正等、最新の内容には対応していない可能性もございますので、あらかじめご了承ください。

土屋 裕昭

土屋会計事務所 所長 税理士・CFP・登録政治資金監査人

1973年米国アラスカ生まれ。1995年早稲田大学政治経済学部卒業。大学卒業後、一般企業勤務を経て、簿記知識ゼロから3年間で税理士試験合格。相続税に強い税理士として個人資産家からの信頼も厚く、HP(相続税申告のツチヤ)には多数のお客様の声が掲載されている。監修に『いちばんわかりやすい確定申告の書き方』(ダイヤモンド社)、共著に『小さな会社は「決算だけ」税理士に頼みなさい』(ダイヤモンド社)などがある。テレビ、週刊誌などメディア取材多数。

著者紹介

佐藤 敦規

FP・社会保険労務士

1964年東京生まれ。中央大学卒業後、パソコン関連誌の編集に携わる。30代からは印刷会社に勤務し、テクニカルライターとして家電製品からシステム関連まで100種類以上の取扱説明書を作成。2年前より年金や生命保険のあるべき姿をより多くの人に伝えるべく、FP・社会保険労務士に転向。マネー&相続関連のセミナーなどを行う。ミステリー小説の新人賞、江戸川乱歩賞の予選を通貨したこともある。

著者紹介

連載オネエタレントの相続~「税理士ツチヤの相続事件簿」より

税理士ツチヤの相続事件簿

税理士ツチヤの相続事件簿

土屋 裕昭・佐藤 敦規

サンライズパブリッシング

オネエタレントの遺産はどうなる? 社長が遺した借金は家族に? 湾岸のタワーマンション購入は節税?・・・ツチヤ税理士と新米税理士見習い・橋本智子が出くわす、 一癖も二癖もある相続事件の数々を小説でわかりやすくご紹…

Special Feature

2016.12

「法人保険」活用バイブル<書籍刊行>

決算対策、相続・事業承継、財産移転・・・企業とオーナー社長のさまざまな課題解決に、絶大な効果を発揮する「法人保険」の活用…

GGO編集部(保険取材班)

[連載]オーナー社長のための「法人保険」活用バイブル~決算対策編

【第19回】保険のための医的診査 結果が「少し悪い」ほうが社長が喜ぶ理由

GTAC(吉永 秀史)

[連載]法人保険を活用した資産移転の節税スキーム

【第15回】「逆ハーフタックスプラン」活用時の留意点

Seminar information

不動産活用セミナーのご案内

償却メリットを狙った「京都の町家」投資の魅力

~建物比率5割超&4年で減価償却も可能!独自の不動産マーケットを形成する京町家だから実現する投資法

日時 2016年12月10日(土)
講師 平野準

海外不動産セミナーのご案内

償却メリットにフォーカスした「ハワイ不動産」投資の最新事情

~築古木造のタウンハウスで建物比率80%以上。「ハワイの償却物件」の実際と活用法

日時 2016年12月10日(土)
講師 大橋 登

海外活用セミナーのご案内

国際金融都市「香港」で始めるグローバル資産防衛

~本格的な海外投資環境を整えるメリットと現地の最新金融事情

日時 2016年12月10日(土)
講師 長谷川建一

The Latest