スリランカの空に浮かぶグーグル「ルーン・プロジェクト」

photo by "I used a nikon" on flickr


通信装置を備えた気球を成層圏に複数飛ばし、地上との交信を通してブローバンド・ネットワーク網にするというグーグルの「ルーン・プロジェクト」がスリランカで進んでいます。この壮大な計画の概要と、それを導入することのメリットについて、現地での報道を中心にまとめてお送りします。

世界初のプロジェクトが始まるスリランカ

グーグルが進めている「ルーン・プロジェクト」がスリランカでいよいよ始まる予定である。この「ルーン・プロジェクト」では、通信装置を備えたバルーン(気球)を複数飛ばすことにより、上空からブロードバンド・インターネット網を提供しようとするもの。ルーン(loon)とは「正気の沙汰ではない」という意味であり、数多くあるグーグルの次世代技術の中でも、難易度も注目度も高いプロジェクトのひとつだ。

 

スリランカ政府とグーグルは、2015年7月にスリランカでの導入に向けて合意をしており、これが実施されれば、スリランカは世界で始めてグーグルの次世代ブロードバンド網をもつ国となり、またバチカン市国などを除けば世界で唯一、全国土でのインターネットが利用できる国になる。

 

これまでニュージーランドなどでテストされてきたバルーン(気球)だが、今回は南米で打ち上げられ、2月上旬にスリランカ上空に入り、現在はスリランカでテストが行われている。

 

グーグルのバルーンは、成層圏まで浮上し、地上75,000フィート(22,500m)の地点で動作が行われる。40,000フィート以下を飛ぶことが一般的である旅客機の2倍近い高度であって、肉眼で確認するのは困難だという。

「ルーン計画」の2つのメリット

いくつかのバルーンが連携しながら、地上の利用者にネットワークを提供し、また地上のネットワーク同士を結ぶバックホールとしての役割を担う「ルーン計画」には、主に2つの大きなメリットがあるという。

 

ひとつはコストの安さで、地上に基地局を設置するより3分の1も安いという。またこの分野にグーグルが参入することで競争が激化し、インターネットの利用コストの低下も予想されている。

 

もうひとつは、これまで届かなかった範囲まで、サービスが提供できる点である。そもそもグーグルがこの計画を始めたのも、インターネットが利用できる環境にいる人が、全人口の3分の1しかなく、これをもっと広めたいという考えからであった。

 

これまで主流であるセルラー方式のネットワークでは、各エリアを「セル」と呼ばれる区画に割り、それぞれに基地局を設置し、セル内で周波数を調整する方式であって、広いエリアには多くの基地局が必要であった。

 

しかし山岳部などの人口が少ないエリアでは、基地局を設置するコストに収益が見合わないという問題があった。それが上空から幅広いエリアをカバーするバルーン方式なら、この問題を解決することが可能だ。

実は情報インフラに強いスリランカの先進性

1990年代前半に通信事業が民営化してから、スリランカは他の島国と比較して、携帯電話のカバーエリアが広く、かつ都市部においては比較的安い値段で高速の3Gブロードバンドが利用できている。結果、スリランカでは330万台のインターネット接続可能な携帯電話があり、63万のインターネット回線が引かれ、あわせて2,000万人がインターネットを利用しているとされる。しかし山岳部ではインターネットはまだ普及しておらず、また、さらなるコスト低下も望まれていた。

 

もともとスリランカは南アジアの中では、新しい情報技術の導入が早い国でもある。1989年に携帯電話が導入されたのを皮切りに、2004年に3Gネットワークが、2014年には4Gネットワークが、それぞれ南アジアで最初に展開されている。

 

グーグルによれば、ヘリウムで充填されたこのバルーンは、100日間上空に滞在することができるという。薄くて軽い素材で作られており、中のヘリウムが徐々に漏れることで、ゆっくりと地上に落ちて行き、その後、新たなバルーンと交換される。ガスが抜ける速度はとても遅く、地上に落下するスピードもゆっくりなのだが、万が一、急速に落下しても問題がないよう、パラシュートも付いているという。

 

ただ、スリランカ当局は計画的な「着陸」だったと否定しているが、2月17日にバルーンのひとつが茶畑に墜落したという報道もあり、今後、計画通りに進むかどうかが注目される。

 

この記事は、GTAC提携のスリランカのニュースサイト「EconomyNext」が掲載した関連記事をGGO編集部にて、翻訳・編集したものです。

「スリランカへGO」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

「海外メディア」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

連載GGO編集部による最新トピックス

GGOとは、GENTOSHA GOLD ONLINE(幻冬舎ゴールドオンライン)の略称。『あなたの財産を「守る」「増やす」「残す」ための総合情報サイト』を掲げ、企業オーナー・富裕層を主要読者ターゲットとして運営している(写真は編集長の立本正樹)。

著者紹介

出張セミナーのご案内 参加無料 主催:カメハメハ倶楽部

【神戸会場】香港の銀行幹部による国際投資マーケットの最新展望(2017年11月版)

~【神戸会場】香港の銀行幹部による国際投資マーケットの最新展望(2017年11月版)

講師 長谷川建一氏
日時 2017年11月26日(日)
内容

・米国経済の実体と金融政策の動向は?

・トランプ政権は政策発動に行き着くのか?そしてマーケットへの影響は?

・英国のEU離脱交渉、マクロン大統領誕生でEU経済は?

・アジアシフトは続くか?中国・インド経済の現状は?

・為替、株式、債券マーケットの具体的な展望とは?

※一部、予定項目を変更いたしました(2017/8/2)。

会場 三宮コンベンションセンター Room504
出張セミナーのご案内 参加無料 主催:カメハメハ倶楽部

【神戸会場】国際金融都市「香港」で始めるグローバル資産防衛

~本格的な海外投資環境を整えるメリットと現地の最新金融事情

講師 長谷川建一氏
日時 2017年11月26日(日)
内容

・高手数料&規制強化でコスト効率が極めて悪い日本国内で行う国際分散投資

・運用資産は200兆円超。世界中の投資家が集まる香港金融界の最新事情

・世界トップ級の金融プロフェッショナルが香港で運用成績を競い合う理由とは?

・グローバル投資のゲートウエイとしてなぜ「香港が最適」なのか?

会場 三宮コンベンションセンター Room504
不動産活用セミナーのご案内 参加無料 主催:カメハメハ倶楽部

償却メリットを狙った「京都の町家」投資の魅力

~建物比率5割超&4年で減価償却も可能!独自の不動産マーケットを形成する京町家だから実現する投資法

講師 平野準氏
日時 2017年12月09日(土)
内容

・不動産投資先としての「京都の町家」とは?

・「京都の町家」投資で償却メリットが狙える理由

・町家投資を成功に導く入口&出口戦略のポイント

・1000万円以下も多数!狙い目となる物件の具体例

 

京町家が高い希少性を持つ理由

1.町家は、現代の建築物ではないので、新しく生産出来ない建物。

2.京都市内は建築物の高さ制限があり、高層マンションが存在しない。

3.投資対象となる地域は京都市内の旧市街で、5キロ×5キロメートルの範囲。

会場 幻冬舎本社ビル内 セミナー会場
海外活用セミナーのご案内 参加無料 主催:カメハメハ倶楽部

香港の銀行幹部による国際投資マーケットの最新展望(2017年12月版)

~香港の銀行幹部による国際投資マーケットの最新展望(2017年12月版)

講師 長谷川建一氏
日時 2017年12月21日(木)
内容

・米国経済の実体と金融政策の動向は?

・トランプ政権は政策発動に行き着くのか?そしてマーケットへの影響は?

・英国のEU離脱交渉、マクロン大統領誕生でEU経済は?

・アジアシフトは続くか?中国・インド経済の現状は?

・為替、株式、債券マーケットの具体的な展望とは?

※本セミナーは、11月26日(神戸)にも開催いたします。

会場 幻冬舎本社ビル内 セミナー会場
海外活用セミナーのご案内 参加無料 主催:カメハメハ倶楽部

国際金融都市「香港」で始めるグローバル資産防衛

~本格的な海外投資環境を整えるメリットと現地の最新金融事情

講師 長谷川建一氏
日時 2017年12月21日(木)
内容

・高手数料&規制強化でコスト効率が極めて悪い日本国内で行う国際分散投資

・運用資産は200兆円超。世界中の投資家が集まる香港金融界の最新事情

・世界トップ級の金融プロフェッショナルが香港で運用成績を競い合う理由とは?

・グローバル投資のゲートウエイとしてなぜ「香港が最適」なのか?

※本セミナーは、11月26日(神戸)にも開催いたします。

会場 幻冬舎本社ビル内 セミナー会場

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧