三菱UFJ銀がスリランカ事務所開設――現地報道の反応は?

写真:GTACスタッフ

東京三菱UFJ銀行は10月29日に、スリランカ・コロンボでの出張所開業に係わる認可を、スリランカ中央銀行より取得したと発表しました。同許可は邦銀としては初めてであり、今後、日系企業によるスリランカ進出が促進されると期待されています。この件について、現地のニュースサイト「EconomyNext」が報じた内容を翻訳してお伝えします。

さらなる日系企業の進出を後押し

東京三菱UFJ銀行(BTMU)はスリランカに駐在員事務所を、日本の金融当局からの許可を得た上で、2016年3月までに開設することを平野信行頭取が発表した。

 

発表によるとすでに100社を超える日系企業がスリランカに進出をしており、その数は今後も増える見込みだという。

 

スリランカ投資庁(BOI)によれば、日本最大の銀行の存在によって、日本企業のスリランカ進出は大きく促進されることが期待できるという。

スリランカの地政学的なアドバンテージに注目

昨年、東京三菱UJF銀行とBOIは業務提携に関する覚書を締結し、日本企業によるスリランカへの投資を促進するとともに、スリランカと日本の企業間でのビジネス・パートナーシップを育てていくことが目指された。

 

BTMUによる発表文では、スリランカを「主にインフラ整備や建設業に対する需要や、存在感を増す観光産業などに牽引されて6~8%の高い経済成長率を享受している」と紹介している。

 

またスリランカが、同じく急成長しているインドと隣接し、アジアと中東・アフリカを結ぶ戦略的シー・レーンにまたがって位置している点にも言及している。

 

BTMUは南アジア地域に8つの事務所を構えている。インドではムンバイ・ニューデリー・バンガロール・ニームラーナ・チェンナイの5箇所。またパキスタンのカラチとバングラディシュのダッカにもある。

この記事は、GTAC提携のスリランカのニュースサイト「EconomyNext」が2015年10月29日に掲載した記事「Bank of Tokyo-Mitsubishi to open office in Sri Lanka」を、翻訳・編集したものです。

「スリランカへGO」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

「海外メディア」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

連載GGO編集部による最新トピックス

GTAC(ジータック)とは、株式会社幻冬舎総合財産コンサルティング(GENTOSHA TOTAL ASSET CONSULTING Inc.)の略称。出版社グループの強みを生かした最先端の情報収集力と発信力で、「中立」「斬新」なサービスを相続・事業承継対策からM&A、国内外の不動産活用といった手法を駆使し、顧客の財産を「防衛」「承継」「移転」するための総合的なコンサルティングを行う。編著・共著に『相続税をゼロにする生命保険活用術』『究極の海外不動産投資』『法人保険で実現する究極の税金対策』『スゴい「減価償却」』(いずれも幻冬舎メディアコンサルティング)など。GTAC公式サイトhttp://gentosha-tac.com/(写真は代表取締役の山下征孝)

著者紹介

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧