スリランカの上場企業、2年間で平均20%の増益

2015年12月期までの決算から、スリランカのコロンボ証券取引市場に上場している企業の業績は、増益率が平均して20%と堅調な成長が見られた一方で、好調なセクターと不調なセクターの明暗がはっきりと分かれています。また2014年の成長が高かった一方で、2015年は減速していることも分かります。スリランカの上場企業の業績についてお伝えします。

好調だったのは金融業と製造業

コロンボ証券市場に上場しているすべての企業の平均増益率は、2015年12月までの2年間で20%であった。その中でも金融業は増益率58%、製造業は31%と好調さを示している。

 

上場企業全体の利益の内訳から見ると、銀行・保険などの金融サービス部門は2013年には全体の31%を占めていたのが2015年では41%に、製造業は2013年が7%だったのが2015年には10%となっており、それぞれ市場における存在感を増している。

 

個別に見ていくと、金融セクター大手のスリランカ商業銀行は、増益率12%にとどまったものの、市場全体での割合は6%を維持。スリランカ・オリックス・リーシングは2年間で241%の高い増益で、市場全体での割合は2%となっている。また小規模な金融機関48社の合計では85%の増益で、市場全体に対する割合は2013年の9%から15%に増加した。

 

化学・医薬セクターでは152%という高い増益率で高成長の分野であることを示しているが、市場全体に対する利益の割合は1%にとどまっており、市場規模自体はまだ小さいと言える。また食品セクターと自動車輸入セクターも力強い成長を示していることがわかる。

不調の建設・エネルギー・農業分野と投資信託

建設やエネルギーの各分野は、それぞれの最大手の業績が悪かったことが、業界全体の数字に悪影響を与えた。建設業では市場全体の利益のうち2%のシェア占めていたのが、2015年では1%に落ち、増益率も40%のマイナスだった。建設業界大手のアクセス・エンジニアリングは、増益率が10%のマイナスにとどまったものの、その他2社の合計が540%の大幅な減益だった。

 

エネルギー業界全体は65%の減益で、市場全体の利益に対する割合は2013年の5%から2015年は1%に減少した。特にスリランカ・インディアン石油会社の損失が大きく響いたといえる。投資信託でも、スリランカ・センチュリー・インベストメントが、2013年の3,400万ルピーの損失を、2015年には18億ルピーの損失に拡大させ、その他8つの投資信託の利益を相殺した形になっている。

 

ホテル・セクターと通信分野も減益となっており、大規模農業では赤字を出している。ホテル業界は市場全体の利益に対して5%を稼いでいたのが3%に縮小し、大規模農業は、30億ルピーの黒字から10億ルピーの赤字に転落した。

この連載は、GTACが提携するスリランカのメディア「ECHELON」が2016年4月に掲載した記事「FINANCE AND MANUFACTURING COMPANY EARNINGS GROWTH OUTPACE MARKET」を、翻訳・編集したものです。

「スリランカへGO」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

「海外メディア」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

連載GGO編集部による最新トピックス

GGOとは、GENTOSHA GOLD ONLINE(幻冬舎ゴールドオンライン)の略称。『あなたの財産を「守る」「増やす」「残す」ための総合情報サイト』を掲げ、企業オーナー・富裕層を主要読者ターゲットとして運営している(写真は編集長の立本正樹)。

著者紹介

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!