コインランドリー経営のオーナー負担を減らす「スマホ管理」法

前回は、リピーター確保につながる店舗作り、IT技術を活用したポイントカード戦略などについて説明しました。今回は、オーナー負担を限りなくゼロにする新しい技術などを見ていきます。

パソコンやスマートフォンでの売上管理が可能に

近年はコインランドリー総合マネージメントシステムの進化が進み、さまざまな機能があります。

 

「Touch&Wash」を例にとれば、オーナーのパソコンやスマートフォンで売上げを管理することができます。店内の機器とパソコンやスマートフォンをオンラインでつなぐことができるので、売上げを一定期間さかのぼって確認することができます。

 

これを活用すれば、過去の天候や街のイベントと売上げを照らし合わせ、「小学校の運動会の後は売上げが伸びるから、その前に広告を打とう」といったタイムリーな戦略を立てることができます。また、自身が集金に行かなくても、現在の売上金額を把握することも可能です。

防犯カメラと遠隔操作機能でスピーディに事故を処理

また、遠隔操作機能も付いています。これを利用すれば洗濯機・洗濯乾燥機・乾燥機の電源のオン・オフやドアロック解除および自動運転を、お店にいなくてもパソコンやスマートフォンから指示を出して行うことができます。

 

また、両替や返金ができることも大きな魅力です。従来は、ユーザーから「洗濯機にお金を入れても動かない」と電話が入れば、オーナーがわざわざ店舗に赴き、機械の状態を確認し、ユーザーに返金しなければなりませんでした。実際、「夜中に電話がかかってきて100円玉を握りしめて車で向かった」という経験のあるオーナーは少なくありません。

 

しかし、この遠隔操作機能と防犯カメラを活用すれば、状況は一気に改善します。具体的には、ユーザーから電話がかかってきたら次のような対応となります。

 

防犯カメラで店内の様子を確認(いたずら電話もあり得るので、本当に困っている人がいるのかを確認)

電話でほかの洗濯機へ誘導

遠隔操作機能でほかの洗濯機を運転開始または返金

 

一歩も外へ出ることもなく対応が完了するわけです。しかもユーザーからすれば、オーナー到着まで店舗で待つこともありません。スピーディに事故を処理することができるのです。店の信頼感を大きく高めることにつながります。

本連載は、2015年12月20日刊行の書籍『驚異のハイリターンを生むコインランドリー経営』から抜粋したものです。その後の税制改正等、最新の内容には対応していない可能性もございますので、あらかじめご了承ください。

「その他」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

「その他」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

連載確実な利益を得るための「コインランドリー経営」の進め方

エレクトロラックス・プロフェッショナル 日本・韓国地域統括

エレクトロラックス・プロフェッショナル 日本・韓国地域統括。三重県出身。1985年に京都大学大学院工学研究科物理工学科を卒業後、1993年にロンドン・ビジネス・スクールで MBA を取得。Panasonic、Harlequin、三洋電機、DimplexJapan での勤務を経て、2012年からエレクトロラックス・ジャパンにて現職。コインランドリーのリーディングカンパニーにおけるアジア戦略の要として活躍。

著者紹介

驚異のハイリターンを生むコインランドリー経営

驚異のハイリターンを生むコインランドリー経営

浅井 伸宏

幻冬舎メディアコンサルティング

近年、資産を賢く運用し、不労所得を得たいと考える人が増えています。なかでも株や投資信託などの金融商品よりリスクが低い、長期にわたって安定した収入が得られるといった魅力から人気となっているのが賃貸アパートやマンシ…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧