「戸建て」物件をより高い値段で売却する方法とは?

前回は、キャッシュでの売却が期待できる物件について説明しました。今回は、戸建て物件の売り方について見ていきます。

「投資家向け」「住む人向け」に分けて物件情報を出す

戸建ての場合は、2種類の売り方が考えられます。マイホームとしての売却と、戸建て賃貸物件としての売却です。

 

収益不動産専門会社の場合には、戸建て賃貸でしか取り扱えません。空室でも賃貸相場という予想利回りが付き、「現在募集中です」と売り出せます。賃貸中であれば区分マンションと同じで、投資家に売る場合と、住む人に売る場合、その両方に出します。値段は結構変わります。

 

マイホームでの売却は、空いている戸建てであれば可能です。普通のマイホームを取り扱っている不動産会社に声をかけます。建物がボロボロで使えないような状態であれば、古家付き土地として売りに出すのがポイントです。

 

面白いことに、中古でマイホームを探している人は、中古戸建ての情報しか見ません。しかし、土地を探している人は土地しか見ませんので、それぞれの人たちが見るところに、物件情報を出す必要があります。

 

中古物件を壊すという観点がありませんので、それぞれ戸建て土地付き建物として出したり、土地情報として出したりします。両方とも情報を出すのです。土地のところには、「古家付き」と記載しておきます。

 

実需の場合は、利回りや積算価値といった投資で使われる指標は一切考慮に入れられないため、高く購入してもらえる可能性が高まります。

まず「隣の住人」に声を掛ける

一番の理想は、その土地の隣に住んでいる人に売ることです。隣が売りに出たら買おうかな・・・と思っているケースは、案外多いものです。これは不動産業者なら誰しも知っています。鉄則として隣人に必ず声を掛けるのです。戸建てなら地つながりは魅力的に映るものです。

 

アパートの場合は、周りに知られず売却したいという不動産オーナーもいるので、声は掛けられません。

 

土地によっては、隣を購入することで角地になったり、後ろの家を購入することで二面道路になったりして、資産価値が上がります。家族がいれば、いずれ子ども世帯を住まわせるために土地を広げたいという希望があるものです。こういった場合には、まず隣地の住人に声を掛けるとよいでしょう。

本連載は、2015年10月26日刊行の書籍『万年赤字物件を驚異の高値で売る方法』から抜粋したものです。その後の税制改正等、最新の内容には対応していない可能性もございますので、あらかじめご了承ください。

「不動産」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

「国内不動産」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

連載万年赤字物件を高値で売る「知識とノウハウ」

富士企画株式会社 取締役兼営業部長

1972年、福岡県北九州市生まれ。デザイン学校を卒業後、住宅設備会社勤務を経て、不動産投資専門会社に入社。トップ営業マンとして、1,000件以上の物件売買に携わる。2012年、富士企画株式会社を設立。現在は、個人投資家向けに不動産投資のアドバイスや物件紹介、購入後のサポートを行っている。

著者紹介

万年赤字物件を 驚異の高値で売る方法

万年赤字物件を 驚異の高値で売る方法

新川 義忠

幻冬舎メディアコンサルティング

不動産投資ブームが過熱する中、多くのサラリーマン投資家が誕生しています。家賃収入で不労所得を得たい・・・皆、そんな夢を描いて収益不動産を購入するのですが、誰もが成功しているわけではありません。 そもそも、全国の…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧