なぜ不動産の高値売却に「銀行融資」が大きく関係するのか?

前回は、ポータルサイトの活用方法を紹介しました。今回は、物件売却を検討するときに、「銀行融資」という要素がポイントになる理由を見ていきます。

銀行の「融資姿勢の変化」が与える影響は大きい

数年前、高金利の金融機関で融資を引いて物件を購入した不動産オーナーの中には、空室が続いて毎月赤字に陥っている人も多いです。そもそも借り入れた融資が高金利な上に、30年と期間が長ければ、残債がほとんど減っていない状態です。

 

しかし、悪いことばかりではありません。2015年の相場に比べて、2012年、2013年に購入している人は、安く購入できていることがほとんどです。

 

問題となっているのは、融資の付き方です。2年前、3年前に比べて、不動産投資に取り組む金融機関は増えて、以前よりも不動産投資のハードルは低くなりました。

 

銀行によって、「どんな物件にお金を貸すか」「どんな人(属性)にお金を貸すか」の基準は変わるものです。その物件の買主に当たる人の借り入れ先が少なくなる――購入時の銀行の融資姿勢が変わってしまえば、その影響はとてつもなく大きいものです。

 

有利に売却を進めるためには、お金の借り先がたくさんあるに越したことはありません。

売却の成否は「銀行融資」が付くかどうかにかかる

首都圏の区分マンションは今、外国人投資家が多く購入しています。そして、首都圏の投資家は地方の物件を購入しています。地方の地主や投資家も物件を購入してはいますが、圧倒的に首都圏からの買いが優勢な状況です。

 

売却の成否は、銀行融資が付くかどうかにかかっています。利回りや価格ももちろん無関係ではありませんが、金融機関からの融資は、高値売却を検討する上で最も重要な要素のひとつです。

本連載は、2015年10月26日刊行の書籍『万年赤字物件を驚異の高値で売る方法』から抜粋したものです。その後の税制改正等、最新の内容には対応していない可能性もございますので、あらかじめご了承ください。

「不動産」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

「国内不動産」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

連載万年赤字物件を高値で売る「知識とノウハウ」

富士企画株式会社 取締役兼営業部長

1972年、福岡県北九州市生まれ。デザイン学校を卒業後、住宅設備会社勤務を経て、不動産投資専門会社に入社。トップ営業マンとして、1,000件以上の物件売買に携わる。2012年、富士企画株式会社を設立。現在は、個人投資家向けに不動産投資のアドバイスや物件紹介、購入後のサポートを行っている。

著者紹介

万年赤字物件を 驚異の高値で売る方法

万年赤字物件を 驚異の高値で売る方法

新川 義忠

幻冬舎メディアコンサルティング

不動産投資ブームが過熱する中、多くのサラリーマン投資家が誕生しています。家賃収入で不労所得を得たい・・・皆、そんな夢を描いて収益不動産を購入するのですが、誰もが成功しているわけではありません。 そもそも、全国の…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!