資産運用 資産形成
連載銀行員が舌を巻くほど上手に資産形成をする方法【第6回】

「シンプルな金融商品」ほどローリスクで効率的な理由

外貨預金投資信託ラップ口座ファンドラップ資産運用

「シンプルな金融商品」ほどローリスクで効率的な理由

これからは誰もが個人で将来のための資産形成に取り組み、資金を管理・運用していく時代です。本連載は、元銀行員でファイナンシャル・プランナーの高橋忠寛氏の最新刊で、2015年10月に刊行された『銀行員が顧客には勧めないけど家族に勧める資産運用術』(日本実業出版社)の中から一部を抜粋し、お金との上手な付き合い方や、効率のよい運用に役立つヒントを紹介します。

「専門家に一任」するとかえって損をしてしまう!?

投資を「むずかしいもの」ととらえてしまうと、専門家にお任せしようということになり、結果として金融機関の営業担当者に判断を任せがちになります。営業担当者のアドバイスを真に受けて、提案されるがままに数年おきに投資信託を乗り換えたり、専門家に一任ということで、ラップ口座やファンドラップに申し込んだりすれば、金融機関にとって都合のよいお客さまになってしまいます。

 

本来、資産運用はむずかしいものではありません。理解できないほどにむずかしい商品は、複雑で手数料の高い粗悪品と考えて、選択肢から外してしまえばよいのです。金融機関側は儲からないから積極的には教えてくれませんが、金融商品はシンプルなほど利用者にとっては価値があります。

 

ラップ型の商品を使って、どんな商品をどんなタイミングで売り買いするかすべてお任せするサービスを利用すると、運用期間中、毎年3%程度のコストを負担し続けることになります。

 

日本で販売されている5000本を超える投資信託のなかから、本当に優秀な商品を選んで、最高のタイミングで売ったり買ったりしてくれるなら、たとえ高い手数料を負担してでも利用する価値はあるかもしれません。しかし、現実はプロといってもそんなことを実現できるわけがありません。

シンプルな商品性をもった投資信託を組み合わせる

運用には、市場平均を上回ることを目指す「アクティブ運用」と市場平均並みの運用を目指す「パッシブ運用」の2種類があります。アクティブ運用を行なう投資信託を「アクティブファンド」、パッシブ運用を行ない株価指数などのインデックスに連動する運用を目指すのが「インデックスファンド」です。

 

日本の投資信託は圧倒的にアクティブファンドのほうが多くあります。金融機関で紹介してくれるのもアクティブファンドです。プロが市場平均を上回ることを目指して運用している、このアクティブファンドですが、そのパフォーマンスの平均はインデックスファンドを下回ることは有名な話です。

 

なぜ、市場平均を上回り続けることができないのかというと、投資に必勝法のようなものは存在しないということと、アクティブファンドの運用手数料が高いためです。

 

もちろん、なかには市場平均を大きく上回る実績を上げている投資信託もありますが、全体のなかでいうと少数派です。市場環境によっても異なりますが、市場平均を上回っているのは2割くらいというデータもあります。そんな状況ですから、毎年平均を上回り続ける投資信託はかなり限られてしまいますし、あらかじめそういった投資信託を選ぶことはかなり厳しいことであるとわかると思います。

 

よほど投資信託の研究が好きな人であれば、趣味と実益を兼ねて選別に取り組めばいいかもしれませんが、多くの人にとってはアクティブファンドを選ぶことに時間と労力を費やすよりはインデックスファンドを利用したほうが効率的です。

 

ラップ型商品などが、本当に個々人の状況に合わせたオーダーメイド形式で、リスク許容度や投資経験、運用意向を緻密に分析してベストな商品の組み合わせで提案をしてくれたり、資産管理のサポートをしてくれたりするのであれば価値があるかもしれませんが、現状ではそこまでのサービスが期待できるものではありません。

 

結局、グループ関連会社の投資信託を組み合わせているだけで、お客さまのために本当によい商品を選んで提案しようとしているかは疑問ですし、最初は親身になってサポートしてくれた担当者も何年かすれば転勤でいなくなります。

 

このように考えると、わざわざ高いコストを払ってまで、ラップ型商品を活用する意味はほとんどないのです。それよりも、たとえばETFやインデックスファンドのようなローコスト、かつシンプルな商品性をもった投資信託を組み合わせれば、よりリーズナブルに、ラップ口座で運用するのと遜色のないパフォーマンスが得られるはずです。

 

ちなみに、ETFとは、Exchange Traded Fundsの略称で、証券取引所に上場され、株式と同じように売買されているインデックスファンドのことです。しくみがシンプルであればあるほど、中身をわざわざ複雑化して、よくわからないコスト負担をお客さまに強いるようなことができなくなります。

 

シンプルでコストの低い金融商品を長期間保有するという投資行動が、効率的な資産運用の基本です。

 

[図表]投資信託の種類とコスト(一般的なケース)

 

高橋 忠寛

株式会社リンクマネーコンサルティング 代表取締役

1980年東京生まれ。2004年上智大学経済学部卒業後、東京三菱銀行(現在の三菱東京UFJ銀行)に入社。法人営業拠点にて、事業性資金融資業務やデリバティブ商品の販売に携わる。
その後、個人富裕層を対象とする不動産関連融資や相続ビジネスを経験し、さらに本格的なリテールビジネスに取り組むため、2007年10月シティバンク銀行に転職。個人富裕層に対するコンサルティング業務に従事し、証券仲介や保険商品、住宅ローン・不動産投資ローンなど、幅広い個人向け金融商品を販売。高い営業実績を残し、社内全営業スタッフの上位約20名が任命されるリレーションシップマネージャーとして活動。顧客向けセミナーでは講師も務め、資産運用の基礎について解説。
2014年9月、株式会社リンクマネーコンサルティングを設立し独立。金融教育ビジネスや資産運用コンサルティング事業を展開。金融商品の販売には関わらない完全に独立した立場で資産運用や保険、相続について総合的なアドバイスを提供している。投資助言代理業者 関東財務局長(金商)第2855号

<保有資格>
日本ファイナンシャル・プランナーズ協会会員 (CFP®認定者)
日本証券アナリスト協会検定会員 (CMA)
宅地建物取引士
行政書士
住宅ローンアドバイザー
第一種証券外務員

著者紹介

連載銀行員が舌を巻くほど上手に資産形成をする方法

銀行員が顧客には勧めないけど家族に勧める資産運用術

銀行員が顧客には勧めないけど家族に勧める資産運用術

高橋 忠寛

日本実業出版社

世の中に発信されている金融商品や資産運用に関する情報の大半は、金融機関など「売り手側」から出されているものです。また、最も身近な金融機関である銀行の営業担当者は、お金や金融商品に詳しいプロであるという一面と金融…

Special Feature

2016.11

「法人保険」活用バイブル<書籍刊行>

決算対策、相続・事業承継、財産移転・・・企業とオーナー社長のさまざまな課題解決に、絶大な効果を発揮する「法人保険」の活用…

GGO編集部(保険取材班)

[連載]オーナー社長のための「法人保険」活用バイブル~決算対策編

【第19回】保険のための医的診査 結果が「少し悪い」ほうが社長が喜ぶ理由

GTAC(吉永 秀史)

[連載]法人保険を活用した資産移転の節税スキーム

【第15回】「逆ハーフタックスプラン」活用時の留意点

Seminar information

海外不動産セミナーのご案内

「ニューヨーク不動産」投資の最新事情

~世界の投資家が集まるニューヨークでの不動産投資とは?  現地日系の最大手不動産会社の担当者が語るNY不動産活用術

日時 2016年12月07日(水)
講師 川上恵里子

事業投資セミナーのご案内

いま最もアツい再生可能エネルギー「風力発電」投資を学ぶフェア

~2016年度の買取価格は55円。業界の最新事情と専門会社が取り扱う投資案件の実際

日時 2016年12月07日(水)
講師 近藤陽一

不動産活用セミナーのご案内

償却メリットを狙った「京都の町家」投資の魅力

~建物比率5割超&4年で減価償却も可能!独自の不動産マーケットを形成する京町家だから実現する投資法

日時 2016年12月10日(土)
講師 平野準

The Latest