資産運用 資産形成
連載銀行員が舌を巻くほど上手に資産形成をする方法【第12回】

「目標金額ありき」の投資が大きな危険をはらむ理由

ポートフォリオリスクコントロール

「目標金額ありき」の投資が大きな危険をはらむ理由

これからは誰もが個人で将来のための資産形成に取り組み、資金を管理・運用していく時代です。本連載は、元銀行員でファイナンシャル・プランナーの高橋忠寛氏の最新刊で、2015年10月に刊行された『銀行員が顧客には勧めないけど家族に勧める資産運用術』(日本実業出版社)の中から一部を抜粋し、お金との上手な付き合い方や、効率のよい運用に役立つヒントを紹介します。

目標金額から組んだポートフォリオは無理が生じやすい

これまでの連載のなかで、資産運用は長期の資金計画を考えることだとお伝えしましたが、目標の設定が重要です。ただ、資産形成は簡単にいってしまえばお金を「貯める+運用する」という行為ですから、どうしても「自分が定年を迎える20年後までに、何とかして3000万円の資産をつくりたい」といった話になりがちです。

 

しかし、この発想には問題があります。それは、殖やすことにばかり頭がいってしまうと、無理な運用につながる可能性があることです。

 

誰でも、早く、少しでも多く資産を殖やしたいと考えていますから、高いリターンを目指したいに決まっています。しかし、高い目標を掲げると、どこかに無理のあるプランを策定してしまいます。価格変動の大きい資産クラスでポートフォリオを組んだり、株式などリスク資産で運用する資金の比率を高めたりしてしまいがちになります。高い目標を達成しようとして、リスクをとり過ぎてしまうのです。

 

とくに金融商品を販売することが目的となっている営業担当者は、貯めたい目標額から必要利回りを決めましょうといったアドバイスをしがちです。お客さまも将来お金が理想どおり増えたバラ色の未来を想像すると楽しくなりますし、「ゆとりある老後のために、〇歳で〇〇〇万円はあるといいですよね。この目標を達成するために、多少リスクはありますが、こちらの商品で運用していきましょう」と言われてしまうと、「じゃあ、そうしましょう!」となってしまうのです。

 

また、資産運用の専門家のなかにも、目標金額から必要利回りを計算してポートフォリオを決定するようにアドバイスをする人もいますが、その考え方は危険です。資産運用において、過度なリスクをとってしまうことになるからです。

「どれくらい損失に耐えられるか」という視点が重要

そうならないための対策は、「どれくらい儲けたいか」ではなく、「どれくらい損失に耐えられるか」から考えること、逆転の発想で、最大許容損失額からポートフォリオを検討することです。

 

各個人の年齢や性格、家族の状況、投資経験などの違いによって、耐えられる損失の大きさには差がありますので、それを基に目標利回りを決めましょう。その結果、「〇歳までに〇〇○万円に」という目標に足りないのであれば、リスクをとってお金を殖やすことを考えるのではなく、いまから貯めていくお金の額を増やすしかないはずです。

 

取り返しのつかない失敗をしてしまわないためにも、最大許容損失額を念頭に置きながら各資産クラスへの配分を決めていきます。そうすれば、きちんとリスクコントロールができたポートフォリオが構築できると思います。

高橋 忠寛

株式会社リンクマネーコンサルティング 代表取締役

1980年東京生まれ。2004年上智大学経済学部卒業後、東京三菱銀行(現在の三菱東京UFJ銀行)に入社。法人営業拠点にて、事業性資金融資業務やデリバティブ商品の販売に携わる。
その後、個人富裕層を対象とする不動産関連融資や相続ビジネスを経験し、さらに本格的なリテールビジネスに取り組むため、2007年10月シティバンク銀行に転職。個人富裕層に対するコンサルティング業務に従事し、証券仲介や保険商品、住宅ローン・不動産投資ローンなど、幅広い個人向け金融商品を販売。高い営業実績を残し、社内全営業スタッフの上位約20名が任命されるリレーションシップマネージャーとして活動。顧客向けセミナーでは講師も務め、資産運用の基礎について解説。
2014年9月、株式会社リンクマネーコンサルティングを設立し独立。金融教育ビジネスや資産運用コンサルティング事業を展開。金融商品の販売には関わらない完全に独立した立場で資産運用や保険、相続について総合的なアドバイスを提供している。投資助言代理業者 関東財務局長(金商)第2855号

<保有資格>
日本ファイナンシャル・プランナーズ協会会員 (CFP®認定者)
日本証券アナリスト協会検定会員 (CMA)
宅地建物取引士
行政書士
住宅ローンアドバイザー
第一種証券外務員

著者紹介

連載銀行員が舌を巻くほど上手に資産形成をする方法

銀行員が顧客には勧めないけど家族に勧める資産運用術

銀行員が顧客には勧めないけど家族に勧める資産運用術

高橋 忠寛

日本実業出版社

世の中に発信されている金融商品や資産運用に関する情報の大半は、金融機関など「売り手側」から出されているものです。また、最も身近な金融機関である銀行の営業担当者は、お金や金融商品に詳しいプロであるという一面と金融…

Special Feature

2016.12

「法人保険」活用バイブル<書籍刊行>

決算対策、相続・事業承継、財産移転・・・企業とオーナー社長のさまざまな課題解決に、絶大な効果を発揮する「法人保険」の活用…

GGO編集部(保険取材班)

[連載]オーナー社長のための「法人保険」活用バイブル~決算対策編

【第19回】保険のための医的診査 結果が「少し悪い」ほうが社長が喜ぶ理由

GTAC(吉永 秀史)

[連載]法人保険を活用した資産移転の節税スキーム

【第15回】「逆ハーフタックスプラン」活用時の留意点

Seminar information

生命保険活用セミナーのご案内

人気書籍の編著者が明かす「相続専用保険」の活用術<ダイジェスト版>

~人気書籍の編著者が明かす「相続専用保険」の活用術<ダイジェスト版>

日時 2016年12月14日(水)
講師 吉永秀史

海外不動産セミナーのご案内

国外財産にかかる相続税・贈与税の最新事情と注目集める「フィリピン永住権」の取得術

~改正議論が進む海外資産税務のポイントと東南アジア屈指の成長国「フィリピン」の最新活用法

日時 2016年12月14日(水)
講師 剱持一雄 鈴木 廣政

生命保険活用セミナーのご案内

人気書籍の編著者が明かす「生命保険」活用の基礎講座

~人気書籍の編著者が明かす「生命保険」活用の基礎講座

日時 2016年12月17日(土)
講師 吉永秀史

The Latest