不動産 海外不動産
連載ユーロ建て現物資産で注目!ドイツ「ベルリン不動産」の魅力【第14回】

ドレスデン、フランクフルトとの比較で見るベルリン不動産市況

ドイツ不動産ベルリンフランクフルトドレスデン

ドレスデン、フランクフルトとの比較で見るベルリン不動産市況

前々回、前回は、ベルリンで進む具体的な大型投資のプロジェクトをいくつかご紹介しました。今回は、ベルリンの不動産の最新市況をドレスデンやフランクフルトと比較しながら見ていきます。

ドレスデン、フランクフルトと比較すると・・・

近年、不動産投資目的でベルリンを訪れる方や、実際に投資を始められる方の数が大幅に増加するとともに、新しい動向として、ドイツ他都市での不動産投資についてのお問い合わせも、徐々に増えつつあります。ベルリン市場は現在、物件価格・賃料ともに上昇し、ドイツで今一番「熱い」マーケットと言われているのです。

 

 

投資家の方々から寄せられる要望の例として、下記のようなものがあります。


投資家A「ベルリン人気エリアの新築マンションを、予算3,500万円で購入したい」
投資家B「ドレスデンにある歴史的建造物指定の物件を、予算1,300万円で購入したい」
投資家C「場所はこだわらず、利回りをポイントにして物件を買いたい」

 

こういったご要望には、それぞれ適した答えがあります。ベルリンとともに、ドレスデンとフランクフルトをとりあげながらそれぞれを比較してみます。まずは、これら三都市についての基本的な情報から見てみましょう。

 

【経済と歴史的背景】

 

●ベルリン

◆建設ハブ
◆政治中心地
◆学術研究&高等教育
◆スタートアップ活発
◆観光

 

旧東ベルリンは東ドイツの首都だったが経済は弱かった。旧西ベルリンは西ドイツからの経済的サポートを受けつつ経済を維持。再統一後大きな成長を遂げる。

ドイツの首都ベルリン
ベルリンにある国会議事堂

 

●ドレスデン

◆豊富な資源を生かした繊維&機械産業
◆自動車、半導体、材料工学等の先端技術推進

 

第二次世界大戦時に壊滅的攻撃を受けてからは、東西ドイツ再統一まで経済が弱く、復興が遅延していたが、1990年以降様々な重要歴史的建造物が改装されている。これが直接、ドレスデンの経済力発展を呼び起こしている(観光ブーム)。

波乱の歴史を経て都市開発が進むドレスデン
波乱の歴史を経て都市開発が進むドレスデン

 

●フランクフルト

◆ドイツ最大ハブ空港
◆欧州中央銀行始め大手銀行本社が多数集まる金融都市

 

もともと非常に強い経済を誇る。1999年ユーロ圏の成立により、さらなる好影響を享受している。

ヨーロッパ随一の金融都市フランクフルト
ヨーロッパ随一の金融都市フランクフルト

 

【文化】


●ベルリン

◆3つのユネスコ世界遺産
◆ヨーロッパ都市で最多の劇場数&博物館数
◆3つのオペラ劇場
◆多民族多言語
◆若者を惹きつけるクラブ文化

 

●ドレスデン

◆ドイツ・バロック建築の傑作ツウィンガー宮殿
◆戦後60年を経て修復された聖母教会
◆ワーグナーが初演を行った州立歌劇場
◆ドイツで一番人気のクリスマスマーケット

 

●フランクフルト

◆ドイツ最大級ノミの市
◆ヨーロッパ一の規模、フランクフルト中央駅
◆ライン川近くに集中するワイナリー
◆書籍見本市

キャピタルゲイン狙いなら注目はベルリンとドレスデン

現在、筆者が在籍するウィンドゲート・ジャーマニーで取り扱っているベルリン中心地物件のインカムゲインは、平均約3%、ドレスデン約3.5%となっています。フランクフルト中心地は2%以下となり、物価上昇率に釣り合わないため、郊外の物件がお勧めです。

 

同様の傾向が、ハンブルクやミュンヘンでも見られます。フランクフルトも郊外へ目を向けると利回り4%以上の物件がありますが、市場的には、ベルリンやドレスデンほどのダイナミズムが見られないため、キャピタルゲインを目指した投資には、ベルリンやドレスデンの方がお勧めです。ベルリンの魅力的なキャピタルゲインに関しては、第1回連載をご参照ください。

 

また、販売経験からお客様のニーズが高い物件の価格帯は、ベルリン中心地で4500~6000ユーロ/m²、ドレスデン中心地で2000~3000ユーロ/m²、フランクフルト中心地で5000~7000ユーロ/m²となっています。フランクフルト郊外は2000~3000ユーロ/m²です。

 

一方、賃料平均を比較すると、ベルリン中心地は10~15ユーロ/m²、ドレスデン中心地は8~10ユーロ/m²、フランクフルト中心地は12~16ユーロ/m²となっています。勿論ベルリンにも2ndTierの物件があり、2500~3500ユーロ/m²の価格帯となっています。1stTier(ベルリン中心部)、2ndTier(ベルリン中心部以外)については、第3回連載で詳しくご案内していますのでご参照下さい。

 

 

売買物件の選択肢が増えるのは、ベルリン中心地ですと2800万円から、平均的物件サイズがベルリンより小さめのドレスデンでは1300万円から、フランクフルト郊外は2000万円から(一平米あたりの金額はドレスデン中心部より低いですが、平均的サイズはドレスデンより広くなるため)というのが、弊社の経験値となります。

 

ドレスデンはベルリンと比べ、より小規模な投資に向いていますが、歴史的建造物の購入機会がまだ存在しており、注目が着実に高まりつつある街です。一方フランクフルト郊外は、これら二都市とは全く異なる戦略(インカムゲイン中心)に適した市場と言えるでしょう。

ベンジャミン グロース

株式会社ウィンドゲート ウィンドゲート・ジャーマニー支社長 ヴァイスプレジデント

ベルリン生まれ。 John-F.-Kennedy International HighSchool。ロンドンのUNL大学卒業後、大手物流企業でリーガル・コンサルティングに従事。その後、不動産業界にてライフスタイル・プランニング、不動産調査、インテリアデザイン等の業務に従事。 2011年より、株式会社ウィンドゲート取締役副社長、ドイツ・ベルリン支店長として不動産売買、投資アドバイス、仲介等に携わる。 日本滞在経験は10年以上で、ドイツ語に加えて日本語、英語もネイティブレベルで会話可能。また、ドイツでの不動産売買業務に長年従事しており、豊富な業務経験に加え、最新の物件情報にも精通。

ウィンドゲートでは、日本語・ドイツ語・英語が堪能なドイツ人及び日本人スタッフがベルリンに常駐。物件案内・契約サポート・管理時の翻訳サポートなどを通じ、所有から売却時までケアしている。
WEBサイト http://windgate.jp/jp/

著者紹介

連載ユーロ建て現物資産で注目!ドイツ「ベルリン不動産」の魅力

Special Feature

2016.12

「法人保険」活用バイブル<書籍刊行>

決算対策、相続・事業承継、財産移転・・・企業とオーナー社長のさまざまな課題解決に、絶大な効果を発揮する「法人保険」の活用…

GGO編集部(保険取材班)

[連載]オーナー社長のための「法人保険」活用バイブル~決算対策編

【第19回】保険のための医的診査 結果が「少し悪い」ほうが社長が喜ぶ理由

GTAC(吉永 秀史)

[連載]法人保険を活用した資産移転の節税スキーム

【第15回】「逆ハーフタックスプラン」活用時の留意点

Seminar information

不動産活用セミナーのご案内

償却メリットを狙った「京都の町家」投資の魅力

~建物比率5割超&4年で減価償却も可能!独自の不動産マーケットを形成する京町家だから実現する投資法

日時 2016年12月10日(土)
講師 平野準

海外不動産セミナーのご案内

償却メリットにフォーカスした「ハワイ不動産」投資の最新事情

~築古木造のタウンハウスで建物比率80%以上。「ハワイの償却物件」の実際と活用法

日時 2016年12月10日(土)
講師 大橋 登

海外活用セミナーのご案内

国際金融都市「香港」で始めるグローバル資産防衛

~本格的な海外投資環境を整えるメリットと現地の最新金融事情

日時 2016年12月10日(土)
講師 長谷川建一

The Latest