3つのキーワードから見る「ベルリン」のクリスマス経済効果

ドイツ人にとって1年で最も大切な行事がクリスマスです。今回は、ドイツのクリスマスマーケットが与える経済効果に加え、この時期にぜひ訪れて欲しいベルリンのクリスマスマーケットを3つご紹介します。

クリスマスマーケットが生み出す20万人の雇用

2015年も残すところあとわずかとなりましたが、ベルリンでは今年、大小合わせて137ものクリスマスマーケットが開催されています。日が暮れる午後4時頃から街は暖かな灯りに彩られ、地元民だけでなく、ドイツ各地や海外からも大勢の観光客が訪れます。


ドイツ人にとって、1年で最も大切な行事がクリスマスです。1年を振り返る熟考の時期であり、家族が集まって一緒に過ごす時期でもあります。また、多くの企業にとっても12月は、最も収益が上がる月となっています。

 

 

【経済的要因① クリスマスツリー】

毎年ドイツで購入されるクリスマスツリーは、約930億円に昇ります(ツリー約2440万本分)。

 

【経済的要因② サンタチョコレート】
昨年のこの時期には約390億円の販売を記録し(サンタチョコレート1億4600個分:年間の同産業収益の90%に当たる)、その数値は毎年上昇しています。


【経済要因③ クリスマスマーケット】
毎年、ドイツ全体で約7000億円の売上となっています。ドイツ全土で開催されるマーケットは約2500、来場者数は1億5000万人~1億6000万人にも昇ります(ドイツ人口の2倍)。また、大きな経済要因として、クリスマスマーケットが生み出す約20万人もの雇用も見逃せません。

 

その他には、玩具販売業やレストランも12月は繁盛期です。伝統的な焼き菓子のレープクーヘンやホットワインも、この時期は特に売上げを伸ばす商品となっています。

観光客が押し寄せるベルリンのクリスマスマーケット

ベルリンに暮らす人のうち7人中6人は、クリスマスに何かしらの贈り物を購入しています。また、100ユーロを超える予算をたてる人の数は、毎年上昇しています。

 

●クリスマスプレゼントの予算金額

クリスマスプレゼントの予算金額

 

ある大手銀行がベルリンに住む人を対象に行ったアンケート調査によると、クリスマスにもらいたい贈り物では、旅行券が一番多くなっています。休暇を非常に大切にする暮しが反映された数値と言えるでしょう。また、観劇チケットを希望する人が多いのも、大小ありとあらゆる劇場がひしめきあうベルリンならではかもしれません。

 


またベルリンでは、「クリスマスマーケット路線図」が発行されるほど、毎年数多くのクリスマスマーケットが開催されており、一年を通じた観光客数が大きな上昇を見せる時期でもあります。中でも、筆者がお勧めしたい3つのクリスマスマーケットをご紹介いたします。

 

クリスマスマーケット路線図
資料提供元:http://www.anamea.de/journal/weihnachtsmarkt-berlin-uebersicht/
クリスマスマーケット路線図
資料提供元:http://www.anamea.de/journal/weihnachtsmarkt-berlin-uebersicht/

 

①ジャンダルメンマルクト広場(ミッテ区)
ヨーロッパ一美しい広場と誉れの高いこの広場には、ドイツ大聖堂、フランス大聖堂、コンツェルトハウスが集います。これらの建築物がかもし出す調和と荘厳さは、この時期一層の華やかさで彩られます。

 

 

特設ステージではライブ演奏や合唱などのプログラムも組まれ、日の暮れた頃には、ホットワインを片手にロマンチックな気分でクリスマスを満喫できる場所です。

②アレクサンダー広場(ミッテ区)
マーケットの広大な敷地内には、観覧車やメリーゴーランド、ジェットコースターなどの大掛かりなアトラクションに加え、スケートリンクも併設されています。子供連れの家族が多く訪れ、賑やかさではどこのマーケットにも引けを取りません。お祭り気分で楽しみたい方には最適です。

 

③シャルロッテンブルク宮殿(ウィルマースドルフ=シャルロッテンブルク区)
プロイセン王・フリードリヒ1世が、妃ゾフィー・シャルロッテのために建設した宮殿は、世界遺産にも指定されています。この時期は特別なライティングがほどこされ、敷地外遠方からも眺められるそのエレガントな姿は、心を静めてくれる美しい景観となっています。座って暖を取ることのできる室内レストランも併設されており、子供から年配の方までたっぷりと時間をかけて楽しめるクリスマスマーケットです。

 

株式会社ウィンドゲート ウィンドゲート・ジャーマニー支社長 ヴァイスプレジデント

ベルリン生まれ。 John-F.-Kennedy International HighSchool。ロンドンのUNL大学卒業後、大手物流企業でリーガル・コンサルティングに従事。その後、不動産業界にてライフスタイル・プランニング、不動産調査、インテリアデザイン等の業務に従事。 2011年より、株式会社ウィンドゲート取締役副社長、ドイツ・ベルリン支店長として不動産売買、投資アドバイス、仲介等に携わる。 日本滞在経験は10年以上で、ドイツ語に加えて日本語、英語もネイティブレベルで会話可能。また、ドイツでの不動産売買業務に長年従事しており、豊富な業務経験に加え、最新の物件情報にも精通。

ウィンドゲートでは、日本語・ドイツ語・英語が堪能なドイツ人及び日本人スタッフがベルリンに常駐。物件案内・契約サポート・管理時の翻訳サポートなどを通じ、所有から売却時までケアしている。
WEBサイト http://windgate.jp/jp/

著者紹介

連載ユーロ建て現物資産で注目!ドイツ「ベルリン不動産」の魅力

海外不動産セミナーのご案内 参加無料 主催:カメハメハ倶楽部

「ドイツ・ベルリン不動産」の魅力

~現地専門家が伝える、先進国の知られざる「成長都市」ベルリンの最新事情と不動産投資のポイント

講師 尾嵜豪氏
日時 2017年06月20日(火)
内容

・「壁」の崩壊から四半世紀。

 着実に成長を続けるベルリンの姿とは

・人口増加中で賃貸利用が約85%。

 豊富な需要が空室リスクを軽減

・戦前建築の堅牢な中古物件も多数存在。償却メリットも享受できる

・ローンの活用で、レバレッジを効かせた投資も可能

・最新の物件情報も公開。2000万~3000万円台の物件も多数あり

会場 幻冬舎本社ビル内 セミナー会場

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧