不動産 海外不動産
連載ユーロ建て現物資産で注目!ドイツ「ベルリン不動産」の魅力【第33回】

ベルリンの不動産価格を押し上げる人口増とIT企業の集積

ドイツ不動産ベルリン

ベルリンの不動産価格を押し上げる人口増とIT企業の集積

今回は、ベルリンの不動産市場を活性化している要因である人口増加について、ドイツの歴史的背景を見ながら解説するとともに、それ以外の要因と考えられるIT企業の集積、新空港の開港などについても触れていきます。

ここ2年は「年間5万人」の勢いで人口が増加

不動産投資は都市の成長力と密接に関係しています。投資先の都市の人口の増減を調べることがとても大切になっていきます。ベルリンへ投資するにあたっては、今後の成長性を見るうえで、人口の推移を見ていくことがとても重要なのです。

 

長い歴史で見る人口の推移は、下記のとおりです。市域の面積の変動があるために正確な数値ではありませんが、ほぼその数としてとらえていただければと思っています。

 

1920年 ⇒ 380万人
1937年 ⇒ 434万人
1945年 ⇒ 280万人
2002年 ⇒ 339万人
2016年 ⇒ 350万人

 

第二次世界大戦前、一度はベルリンの人口が急増しました。しかし、戦争による被災・ベルリンの壁建築などの影響もあり、人口は激減してしまいました。その後、統一ドイツの首都として再整備される中で人口は増え続け、現在はおよそ350万人が生活しています。特にここ2年は、年間5万人に到達しようかという勢いで人口が増えています。

 

[図表1]ベルリンの人口の推移

(単位:)
(単位:100万)

 

都市構造的にも、今後の人口増を受け入れる余地は十分

もともと400万人以上が住んでいて都市のキャパシティがある上に、ゆったりとした都市計画のベルリンは、まだまだ成長余地を持っている都市です。ドイツ国内からの首都への移動だけでなく、ヨーロッパ各国からの移民が多いのも特徴的です。

 

[図表2]2014年12月31日時点でのベルリンの住人の年齢・人口ピラミッド

 

 
 

 

今後の人口増加も大いに期待されており、先行期待も込めて不動産投資は非常に活発化しており、昨今の地価が上昇する要因となっています。しかし、それでもなお、ロンドン、パリ、ミュンヘンなどのヨーロッパ主要都市と比べて地価・賃料ともに低いこともあり、不動産購入者及び賃貸での入居者ともに、高い伸びを示しています。

IT企業の集積、新国際空港の開港も価格上昇に影響

今後、さらにベルリンの地価が上昇する要因に、IT企業の集積による第二のシリコンバレー化があります。もともと賃料が低かったうえに、IT・カルチャー・音楽などをてがける若者が多く集まりアイデアが磨かれ多くの会社がスタートアップしています。

 

さらにもうひとつ、ブランデンブルグ新国際空港の開港があります。既存のテーゲル空港は設備が古く手狭であり、市街地に近いことから騒音問題が絶えずありました。また鉄道駅が空港に直結しておらず、バスまたはタクシーで中心地に向かう必要があるという構造的な問題を抱えていました。それで、ベルリン南東のシーネフェルト空港の拡張という形で近代的な国際空港を建設することとなったのです。4000m級の滑走路を備えており、遠距離便も直接乗り入れることが出来るようになる予定です。

 

まだ正式なアナウンスはありませんが、日本との直行便が飛ぶのではないかと言われています。ドイツはいままでフランクフルトをハブ空港として発展させてきましたが、首都に乗り入れることができる大型空港が完成すれば、より多くの人がベルリンを訪れるようになり、居住者もさらに増えていくであろうことが予想されています。

尾嵜 豪

株式会社ウィンドゲート 代表取締役

明治大学政治経済学部卒業。大手ゼネコンでの勤務・経験を経て、業界最大手の芸能事務所にて不動産売買・賃貸・管理・コンサルティングの総責任者として、すべてを取り仕切る。独立後、株式会社ウィンドゲートを設立し、代表取締役に就任。都心の一流不動産のアドバイザーとして、芸能人・プロスポーツ選手・企業経営者などの富裕層を主な対象とする、不動産投資コンサルティングが好評を博している。

著者紹介

連載ユーロ建て現物資産で注目!ドイツ「ベルリン不動産」の魅力

Special Feature

2016.12

「法人保険」活用バイブル<書籍刊行>

決算対策、相続・事業承継、財産移転・・・企業とオーナー社長のさまざまな課題解決に、絶大な効果を発揮する「法人保険」の活用…

GGO編集部(保険取材班)

[連載]オーナー社長のための「法人保険」活用バイブル~決算対策編

【第19回】保険のための医的診査 結果が「少し悪い」ほうが社長が喜ぶ理由

GTAC(吉永 秀史)

[連載]法人保険を活用した資産移転の節税スキーム

【第15回】「逆ハーフタックスプラン」活用時の留意点

Seminar information

不動産活用セミナーのご案内

償却メリットを狙った「京都の町家」投資の魅力

~建物比率5割超&4年で減価償却も可能!独自の不動産マーケットを形成する京町家だから実現する投資法

日時 2016年12月10日(土)
講師 平野準

海外不動産セミナーのご案内

償却メリットにフォーカスした「ハワイ不動産」投資の最新事情

~築古木造のタウンハウスで建物比率80%以上。「ハワイの償却物件」の実際と活用法

日時 2016年12月10日(土)
講師 大橋 登

海外活用セミナーのご案内

国際金融都市「香港」で始めるグローバル資産防衛

~本格的な海外投資環境を整えるメリットと現地の最新金融事情

日時 2016年12月10日(土)
講師 長谷川建一

The Latest