悩ましい日本語⑨ ありがとう【有り難う】〔感動〕②

今回も引き続き、「ありがとう【有り難う】」について解説します。※本連載は、元小学館辞典編集部編集長で、辞書編集者として多数の辞書作りに携わってきた神永曉氏の著書、『さらに悩ましい国語辞典』(時事通信出版局)の中から一部を抜粋し、変化し続ける「ことばの深さ」をお伝えします。

「存在がまれ」という意味の形容詞「ありがたい」から誕生

ありがとう【有り難う】〔感動〕

 

[2]あとに続くのは「ございます」? 「ございました」?

 

お礼の手紙やメールを書くとき、「ありがとう」のあとを「ございます」とするべきか、「ございました」とするべきか悩んだことはないだろうか。これがたとえば何かの会のときにするあいさつなら、あまり悩むことはないかもしれない。開始の際には「本日はご来場くださいまして、ありがとうございます」と言うであろうし、お開きのときには「おいでくださり、ありがとうございました」と言うであろう。

 

「ありがとう」は、存在がまれである、めったにないという意味の形容詞「ありがたい」から生まれた語で、これが、うれしく思うなど、相手に対する感謝の気持ちを表すあいさつのことばになったものである。このような意味の「ありがとう」が広く使われるようになったのは江戸時代からで、それまでは「かたじけない」が使われていた。ただし、上方では「ありがとう」はあまり使われなかったらしい。

「ありがとうございました」は意外と新しい言い方!?

ところで、『日本国語大辞典』で引用されている全用例で「ありがとう」を検索してみると、あとに続くのは「候」「ござる」「ござり(い)ます」「存じます」「さん」などで、「ございました」と続く例は一例も見当たらない。だとすると、「ありがとうございました」は、けっこう新しい言い方だということが考えられる。

 

では、なぜ「ありがとうございました」が生まれたのか。「ありがとうございました」には、「ありがたい」という、もとになった形容詞本来の意味が残存していると考えられる。つまり、あいさつ語としてではなく、めったにないことを述べているというわけである。たとえば「うれしい」が「うれしゅうございます」とも、「うれしゅうございました」とも言えるのと同じである。

 

この「ありがとうございました」が次第にあいさつ語に変わったと考えるべきであろう。

 

今となっては使い分けをあまり厳しく考える必要はないであろうが、あえて言うなら、現在の事柄については「ありがとうございます」を、過去の事柄や間もなく終わることが確実な事柄については「ありがとうございました」を使うのが妥当と思われる。

 

なお、ことば遣いに厳しかったという落語家の十代目桂文治師匠(1924〜2004年)が、この「ありがとうございました」についてたいへん興味深い発言をしているので、簡単に触れておきたい。

 

文治師匠は以下のように述べているのである。

 

「商人は『(ありがとう=筆者補)ございます』。『ました』じゃ、『もう、この後はご贔屓にして戴いただかなくても結構で』って言ってるようなもんですから……。縁切りですよ」(桂文治著/太田博編『十代文治噺家のかたち』うなぎ書房、2001年)

 

私は商人ではないが、これを読んでからはなるべく「ありがとうございます」と言うように心掛けている。

 

□大和ことば・伝統的表現

 

凡例の読み方はこちら

「教育」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

「エトセトラ」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

連載日本語の不思議~『さらに悩ましい国語辞典』より

辞書編集者
元小学館辞典編集部編集長

1956年、千葉県生まれ。小学館に入社後、37年間ほぼ辞書編集一筋の編集者人生を送る。
担当した主な辞典は『日本国語大辞典 第二版』『現代国語例解辞典』『使い方のわかる類語例解辞典』『標準語引き日本方言辞典』『例解学習国語辞典』『日本語便利辞典』『美しい日本語の辞典』など多数。著書として『悩ましい国語辞典』(時事通信社)。
NPO法人「こども・ことば研究所」を共同設立し、「辞書引き学習」を中心とした活動で全国行脚している。

著者紹介

さらに悩ましい国語辞典

さらに悩ましい国語辞典

神永 曉

時事通信出版局

朝日、読売、クロワッサン、各地方紙が絶賛! ! 新聞各紙コラムに引用された「悩ましい国語辞典」(5刷)の第2弾! 日本最大の辞書「日本国語大辞典」編集者はまだまだ悩んでいる! 言葉の謎はさらに深まる! そんたく【忖…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧