悩ましい日本語⑩ アンケート【(フランス)enquête】〔名〕

今回は、「アンケート【(フランス)enquête】」を解説します。※本連載は、元小学館辞典編集部編集長で、辞書編集者として多数の辞書作りに携わってきた神永曉氏の著書、『さらに悩ましい国語辞典』(時事通信出版局)の中から一部を抜粋し、変化し続ける「ことばの深さ」をお伝えします。

「アンケートをとる」という使い方は間違い?

アンケート【(フランス)enquête】〔名〕

 

「する」のか「とる」のか?

 

「アンケートをとる」という言い方をしたり聞いたりしたことはないだろうか。もちろん間違った言い方ではないのだが、「アンケートをする」が自然な言い方だとされているのである。

 

アンケートはフランス語enquêteからで、もとの意味は調査、問い合わせのことである。つまり、「調査」の意だから「調査をする(行う・実施する)」という言い方が普通で、同様に「アンケート」も「アンケートをする(行う・実施する)」の方が自然だというわけである。

 

だが実際には「アンケートをとる」という言い方はかなり広まっていると思われる。筑波大学・国立国語研究所・Lago言語研究所のコーパスで検索しても、「アンケートをとる(取る)」の頻度数は1162である。これに対して、「アンケートをする」は283、「行う」は589、「実施する」は1018で、単独では「アンケートをとる」が一番多いのである。

 

「アンケートをとる」という言い方が生まれたのは、「とる」が数量を測る、調べるといった意味で使われた「統計をとる」などに引かれた可能性が高い。話しことばではあまり違和感なく使われているが、やはり改まった文章などでは使わない方が無難かもしれない。

配布する場合は「枚」、電話の場合は「回」と勘定

また、アンケートの原義は「調査」なので、「アンケート調査」は重複表現だという考え方もある。そのためNHKでは、「アンケート調査」を認めつつも、使用には注意するようにとしている。

 

ちなみに、「アンケート」をどのように数えるかを記載した面白い辞典があるので紹介しておく。

 

『数え方の辞典』(飯田朝子著、小学館)という辞典で、「配布するものは『枚』、回答を得て回収するものは『通』で数えます。電話やインターネットでのアンケートは『件』『人』で回答数を数えます」とある。「アンケート」の数え方なんて考えたこともなかったので実に新鮮であった。この辞典はものの名称からその数え方を知ることができる、読んでいて楽しい画期的な辞典である。

 

□揺れる読み方

 

凡例の読み方はこちら

「教育」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

「エトセトラ」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

連載日本語の不思議~『さらに悩ましい国語辞典』より

辞書編集者
元小学館辞典編集部編集長

1956年、千葉県生まれ。小学館に入社後、37年間ほぼ辞書編集一筋の編集者人生を送る。
担当した主な辞典は『日本国語大辞典 第二版』『現代国語例解辞典』『使い方のわかる類語例解辞典』『標準語引き日本方言辞典』『例解学習国語辞典』『日本語便利辞典』『美しい日本語の辞典』など多数。著書として『悩ましい国語辞典』(時事通信社)。
NPO法人「こども・ことば研究所」を共同設立し、「辞書引き学習」を中心とした活動で全国行脚している。

著者紹介

さらに悩ましい国語辞典

さらに悩ましい国語辞典

神永 曉

時事通信出版局

朝日、読売、クロワッサン、各地方紙が絶賛! ! 新聞各紙コラムに引用された「悩ましい国語辞典」(5刷)の第2弾! 日本最大の辞書「日本国語大辞典」編集者はまだまだ悩んでいる! 言葉の謎はさらに深まる! そんたく【忖…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧