悩ましい日本語㉓ おおがた【大形・大型】〔名・形動〕

今回は、「おおがた【大形・大型】」を解説します。※本連載は、元小学館辞典編集部編集長で、辞書編集者として多数の辞書作りに携わってきた神永曉氏の著書、『さらに悩ましい国語辞典』(時事通信出版局)の中から一部を抜粋し、変化し続ける「ことばの深さ」をお伝えします。

専門家も悩む「異字同訓」の使い分け

おおがた【大形・大型】〔名・形動〕

 

「大形」と「大型」の使い分けは?

 

辞書編集者に成り立ての頃、解説文の中でどちらで書いたらいいのかわからず悩んだ表記に、「大形(小形)」と「大型(小型)」の使い分けがある。たとえば動植物の解説中に、「春におおがたの花が咲く」とか、「おおがたのイヌ」などとあった場合に、「おおがた」を「大形」「大型」のどちらで書くかということである。

 

このような動植物関係の原稿は、それぞれの分野の専門家が書くことが多いのだが、原稿を見ると「大形」「大型」で揺れている。執筆者も悩んでいるということなのであろうが、専門家ですらそうなのだからと安心していいということではない。

 

結論から先に言うと、動植物の場合は「大形(小形)」とすべきところである。では、台風や低気圧などはどうであろうか。これに関しては、気象庁の発表や新聞などでは「大型(小型)」としているはずである。

 

となると「形」と「型」の違いは何かということになる。

 

「形」も「型」も常用漢字で、ともに「ケイ」という字音と「かた」という字訓があるからややこしい。ただ、違いがまったくないかというと、そういうわけではなく、「形」には「型」にはない、「ギョウ」「かたち」という読みがある。

 

「形」と「型」のような「異字同訓」の使い分けに関しては、2014年に文化審議会国語分科会が報告した「『異字同訓』の漢字の使い分け例(報告)」に少し詳しい例が載っている。それによると、

 

【形】

目に見える形状。フォーム。

ピラミッド形の建物。扇形の土地。跡形もない。柔道の形を習う。水泳の自由形。

 

【型】

決まった形式。タイプ。

型にはまる。型破りな青年。大型の台風。2014年型の自動車。血液型。鋳型。

 

とある。これで、台風は「大型」がいいということだけはわかる。

絶対的な場合は「形」、相対的な場合は「型」

国語辞典では、ほとんどが「大形」「大型」を見出し語としていて、「大形の花」「大型台風」などを例として挙げているものが多いので、多少使い分けがわかる。さらに、『現代国語例解辞典』(小学館)のように、「形そのものが大きい場合に『大形』、同類と比べて規模、スケールが大きい場合に『大型』を用いることが多い」といった補注があるものもあり、それからある程度は類推が可能となる。

 

つまり、動植物の場合だと、形が他の動植物よりも大きい場合に「大形」を使い、同じ種類で個体の大きいものは「大型」を使うということになるわけである。たとえば、カツオやマグロなどは「大形」の魚で、釣りなどに行って大きめのアジやタイを釣った場合には「大型」を使うということになる。

 

何となくわかった気になるのだが、それでも個別の問題になると悩みそうな気がする。

 

□揺れる読み方

 

凡例の読み方はこちら

 

 

「教育」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

「エトセトラ」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

連載日本語の不思議~『さらに悩ましい国語辞典』より

辞書編集者
元小学館辞典編集部編集長

1956年、千葉県生まれ。小学館に入社後、37年間ほぼ辞書編集一筋の編集者人生を送る。
担当した主な辞典は『日本国語大辞典 第二版』『現代国語例解辞典』『使い方のわかる類語例解辞典』『標準語引き日本方言辞典』『例解学習国語辞典』『日本語便利辞典』『美しい日本語の辞典』など多数。著書として『悩ましい国語辞典』(時事通信社)。
NPO法人「こども・ことば研究所」を共同設立し、「辞書引き学習」を中心とした活動で全国行脚している。

著者紹介

さらに悩ましい国語辞典

さらに悩ましい国語辞典

神永 曉

時事通信出版局

朝日、読売、クロワッサン、各地方紙が絶賛! ! 新聞各紙コラムに引用された「悩ましい国語辞典」(5刷)の第2弾! 日本最大の辞書「日本国語大辞典」編集者はまだまだ悩んでいる! 言葉の謎はさらに深まる! そんたく【忖…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧