クレジットカードを断捨離するなら、利用頻度や使うメリットがないカードを選びましょう。 カードを断捨離する前は、引き落とし先の変更やポイントを使い切るのがポイント 本記事はクレジットカードの断捨離する方法を詳しく解説します。
クレジットカードの断捨離【解約方法】確認すべき3つの注意点も解説

『資産形成ゴールドオンライン』は複数の企業と提携して情報を提供しており、当サイトを経由して申込みがあった場合、各企業から報酬が発生することがあります。しかし、提携の有無などが本ページ内のサービスの評価や掲載順位に関して影響を及ぼすことはありません(提携会社一覧)。

「使わないカードは解約したほうが良い?」

「クレジットカードはどう解約するの?」

「断捨離するならいつがベスト?」

 

クレジットカードを契約したけど、解約が手間でカードを放置している人も多いのではないでしょうか?

 

クレジットカードは2年目から年会費が発生したり、カードを無くして不正利用されるリスクがあります。

 

使わないクレジットカードを断捨離すると、ムダな費用や不正利用の心配もありません。

また日常使うカードは、1枚にすると貯まったポイントでお得に買い物ができます

 

本記事はクレジットカードを断捨離する理由や解約方法をわかりやすく解説します。

 

クレジットカードは電話やネットで簡単に解約できるので、ぜひ参考にしてください。

 

この記事でわかること
断捨離するクレジットカードの選び方
クレジットカードの解約方法
断捨離する際の注意点
クレジットカードの最適な解約タイミング

 

クレジットカードを断捨離するべき理由
クレジットカードの見直しで年会費が減らせる
不正利用の心配が緩和する
複数枚のカードを使うとポイントが貯まりにくい
同じ国際ブランドのカードを複数持っている
解約して断捨離するカードの選び方
使うメリットがあるカードを選ぶ
年会費とカードの利用状況で選ぶ
短期で解約すると信用情報に傷がつく?
クレジットカードを断捨離!解約する3つの方法
本人が電話で手続きする
アプリやネットから手続きする
窓口で直接解約する
解約する前の注意ポイントは5つ
公共料金などは支払い先を変更する
分割払いやリボ払いの利用残高を確認する
貯めたポイントを使い切る
家族カードやETCカードも解約になる
解約は契約者が手続きする
クレジットカードを解約するのに最適なタイミング
人気クレジットカードの解約方法一覧
クレジットカードの解約手順
電話での解約手順
ネットで解約する方法
ポイント還元率が高いカードに断捨離するのもおすすめ
クレジットカードの断捨離まとめ

クレジットカードを断捨離するべき理由

クレジットカードを断捨離する理由

 

クレジットカードを断捨離する理由は、いくつかあります。

 

ムダな年会費が減らせる
不正利用の心配が緩和する
ポイントが分散して貯まりにくい
・同じ国際ブランドのカードが複数枚ある

 

順番に解説します。

 

 

クレジットカードの見直しで年会費が減らせる

カードの見直しで年会費が減らせる

 

年会費が発生するクレジットカードがあるため、使わないカードは解約するとムダな費用を減らせます。

 

カード名称 年会費
ヤマダLABIカード

初年度無料

2年目以降550

高島屋カード

初年度無料

2年目以降2,200

各社のゴールドカード 5,00011,000
bic camera J-WESTカード

利用しなければ
2年目から1,100

コジマクレジット&ポイントカード

初年度無料

2年目以降1,375

 

クレジットカードの中には初年度が無料で、2年目から年会費が発生するカードもあります。

 

年会費がかかるクレジットカードは使わないとムダな費用がかかるため、解約するのがおすすめです。

 

 

不正利用の心配が緩和する

不正利用の心配が減らせる

 

使わないクレジットカードを整理すると、不正利用のリスクが減ります。

 

不正利用は、クレジットカードを落としたり盗まれたりした人が被害にあっています。

 

 

クレジットカードの管理を怠ると無くしたり盗まれる場合があるので、必要な枚数に断捨離しましょう。

 

 

複数枚のカードを使うとポイントが貯まりにくい

複数枚のカードを使うとポイントが貯まりにくい

 

クレジットカードを複数使うと、ポイントが分散して貯まりにくくなります。

 

還元率がクレジットカードで違うため、上手にポイントを貯めるなら1つのカードで支払うのがおすすめです。

 

カード名称 ポイント還元率
JCB カード W

2%
(提携店で最大21%)

三井住友カード(NL)

0.5~7%

ライフカード

入会初年度1.5
(利用額に応じて最大2%)
(誕生日月3%)

リクルートカード

1.2%
(ネットショッピングで最大4.2%)

楽天カード

1.0%
(楽天市場で3%)

PayPayカード

1.0%〜

※注釈

※ スマホのVisaのタッチ決済・Mastercard®タッチ決済での支払いが対象です。
※iD、カードの差し込み、磁気取引は対象外です。
※商業施設内にある店舗などでは、一部ポイント付与の対象となりません。
※一定金額(原則1万円)を超えると、タッチ決済でなく、決済端末にカードを挿しお支払いただく場合がございます。その場合のお支払い分は、タッチ決済分のポイント還元の対象となりませんので、ご了承ください。上記、タッチ決済とならない金額の上限は、ご利用される店舗によって異なる場合がございます。
※通常のポイントを含みます。
※ポイント還元率は利用金額に対する獲得ポイントを示したもので、ポイントの交換方法によっては、1ポイント1円相当にならない場合があります。

 

※注釈

【三井住友カード(NL)】

ポイント還元率について

※ スマホのVisaのタッチ決済・Mastercard®タッチ決済で支払うことが条件です。

※ iD、カードの差し込み、磁気取引は対象外です。

※ 商業施設内にある店舗などでは、一部ポイント付与の対象となりません。

※ 一定金額(原則1万円)を超えると、タッチ決済でなく、決済端末にカードを挿しお支払いただく場合がございます。その場合のお支払い分は、タッチ決済分のポイント還元の対象となりませんので、ご了承ください。上記、タッチ決済とならない金額の上限は、ご利用される店舗によって異なる場合がございます。

※ 通常のポイントを含みます。

※ ポイント還元率は利用金額に対する獲得ポイントを示したもので、ポイントの交換方法によっては、1ポイント1円相当にならない場合があります
※Google Pay™ で、Mastercard®タッチ決済はご利用いただけません。ポイント還元は受けられませんので、ご注意ください。

 

クレカ積立の付与率に関して
※ 2024年9月10日(火)積立設定締切分(2024年10月1日(火)買付分)までのポイント付与。以降は対象カードごとのカードご利用金額などに応じたポイント付与率になります。


発行スピードについて
※ 即時発行ができない場合があります。
 

特典について
特典付与には条件・上限があります。詳細は三井住友カードのホームページをご確認ください。

 

【三井住友カード ゴールド(NL)】

年会費について

※ 年間100万円のご利用で翌年以降の年会費永年無料

※ 年間100万円利用の対象取引や算定期間等の実際の適用条件などの詳細は、三井住友カードのホームページを必ずご確認ください。
 

クレカ積立の付与率に関して

※ 2024年9月10日(火)積立設定締切分(2024年10月1日(火)買付分)までのポイント付与。以降は対象カードごとのカードご利用金額などに応じたポイント付与率になります。


【三井住友カード プラチナプリファード】

2024年9月10日(火)積立設定締切分(2024年10月1日(火)買付分)までのポイント付与。以降は対象カードごとのカードご利用金額などに応じたポイント付与率になります。

※ 三井住友カードつみたて投資のご利用金額は、プラチナプリファードの新規入会&利用特典、継続特典の付与条件であるご利用金額の集計対象となりません。(2024年4月現在)


【セゾンカードインターナショナル】
【セゾンパール・アメリカン・エキスプレス®・カード】

還元率に関して

※ ご利用金額が年間合計30万円(税込)に達する引落月までが対象となります。

※ 永久不滅ポイントは通常1,000円(税込)のご利用毎に1ポイント貯まります。

※ 1ポイント5円相当のアイテムと交換の場合となります。

※ 交換商品によっては、1ポイントの価値は5円未満になります。
 

【JCBカードW】

発行スピードについて

カードのお申し込みから最短5分程度(※1)で審査が完了し、すぐにMyJCBアプリでカード番号等の確認ができます。カードを受け取る前に、ネットショッピングや店頭で利用できます。(※2)
(※1)モバ即の入会条件は以下2点になります。
【1】 9:00AM~8:00PMでお申し込み。
【2】 顔写真付き本人確認書類による本人確認。(運転免許証/マイナンバーカード/在留カード)
(※2 )モバ即での入会後、カード到着前の利用方法について、詳しくはHPをご確認ください。


還元率について

※ 最大還元率はJCB PREMOに交換した場合

 

ポイントは日常の買い物や便利なサービスで使えるので、還元率の低いクレジットカードは断捨離するのがおすすめです。

 

 

同じ国際ブランドのカードを複数持っている

同じ国際ブランドのカードを複数持っている

 

同じ国際ブランドのカードを複数持っている方は、違うブランドを分散して持つのがおすすめです。

 

ハワイに旅行した時、お店でVISAカードが使えずお土産が買えませんでした。

それから海外旅行はVISAMastercardを使っています。

 

日本で使われている国際ブランドは、VISAが最も多く利用されています

 

 

海外旅行や店舗で使えるカードが限られる場合、国際ブランドを分散して持つのも一つの手です。

 

解約して断捨離するカードの選び方

断捨離するクレジットカードの選び方

 

断捨離するカードはいくつかの選び方があります。

 

使うメリットでクレジットカードを選ぶ
年会費を払っても必要があるカードか

 

年会費がかかるクレジットカードは、充実したサービスが使えます。

 

サービスを使わないと年会費がムダになるため、メリットがないクレジットカードは断捨離しましょう。 

 

 

使うメリットがあるカードを選ぶ

使うメリットがあるクレジットカードを選ぶ

 

クレジットカードのサービスにメリットがなければ、使わないカードは解約しましょう。

 

・ポイントの還元率が高い
・充実した付帯サービスが使える
・保険・補償で海外旅行も安心

 

ゴールドカードは一般カードよりサービス充実してるけど、メリットがなければムダな年会費がかかるぞ

 

手元にあるクレジットカードにメリットがなければ、思い切って断捨離をしましょう。

 

 

年会費とカードの利用状況で選ぶ

年会費や利用頻度でクレジットカードを選ぶ

 

年会費がかかるクレジットカードを持っている場合、使う頻度が少なければ断捨離しましょう。

 

年会費がかかるゴールドカードは、一般カードよりポイント還元率が高く空港ラウンジが無料で使えます。

 

楽天カードの種類

年会費

利用サービス
一般カード 無料

・ポイント還元率が最大3%

・空港ラウンジなどのサービスが少ない

・旅行傷害保険は海外のみ

ゴールドカード 2,20011,000

・ポイント還元率が最大5%

・空港ラウンジが無料で使える

・旅行傷害保険が海外国内に適用

 

ゴールドカードは一般カードよりサービスが充実していますが、利用しなければ年会費がムダになります。

 

利用頻度が少なければ、ゴールドカードから一般カードに変えるのもおすすめだよ!

 

年会費が無料のクレジットカードは、無理して解約しなくてもOKです。

 

短期で解約すると信用情報に傷がつく?

短期で解約すると信用情報に傷がつく

 

クレジットカードを短期間で解約すると、カード会社から怪しまれて信用情報が傷つく場合があります。

 

信用情報はいくつかの機関が管理しており、カード会社が利用者の審査する際に使います。

 

CIC
JICC
全国銀行協会

 

信用情報に傷がつくと、最悪クレジットカードの審査が通らないぞ

 

信用情報はクレジットカードの申し込みから半年間は保管されるので、6ヶ月以内の解約は控えましょう。


クレジットカードを断捨離!解約する3つの方法

クレジットカードの解約方法

 

クレジットカードを断捨離する方法はいくつかあります。

 

1.本人が電話で手続きする
2.アプリやネットから手続きする
3.窓口で直接解約する

 

クレジットカードは電話だけじゃなくネットでも解約できるので、自分に合う方法で手続きするのがおすすめです。

 

 

本人が電話で手続きする

電話での解約は、必ず契約者本人が手続きをします。

 

カード名称 問い合わせ先
楽天カード

0570-66-6910
(9:30-17:30)

dカード

一般カード*8010
(10:00-20:00)

ゴールドカード*9010
(10:00-20:00)

PayPayカード

0570-09-8181
(24時間受付)

JCB カード W

0120-800-962
(9:00-17:00)

イオンカード 0120-13-1089
(9:00-18:00)
リクルートカード

0120-800-962
(9:00-17:00)

ライフカード

03-6840-3232
(9:30-17:30)

 

解約する際はカード番号や個人情報を聞かれるので、クレジットカードを準備してから電話しましょう

 

ゴールドカードの解約は、カード裏の連絡先に電話してね!

 

電話受付は土日や時間帯で混雑する場合があるため、スムーズに手続きしたい方はネットで解約するのもおすすめです。

 

 

アプリやネットから手続きする

クレジットカードのネット解約

 

クレジットカードの解約は、インターネットから手続きできます。

 

手続きにはカード情報が必要なので、手元に準備してから進めましょう。

 

 

電話なら即日解約できますが、ネットでの解約は2〜3日かかる場合があります。

 

 

窓口で直接解約する

一部のクレジットカードは、本人確認ができれば窓口でも解約できます。

 

  • 運転免許証
  • 保険証
  • パスポート

 

例えばセゾンカードや三菱UFJ-VISAなどの銀行系カードは、窓口でも解約手続きができます。

 

電話でクレジットカードを解約するのが不安な方は、窓口の活用もおすすめです。


解約する前の注意ポイントは5つ

解約前に注意すべきポイント

 

解約する前は、必ず注意点を確認してください。

 

1.公共料金などは支払い先を変更する
2.分割払いやリボの利用残高を調べる
3.貯めたポイントを使い切る
4.家族カードやETCカードも解約になる
5.解約は契約者が手続きする


順番に解説します。

 

 

公共料金などは支払い先を変更する

公共料金などの支払い先を変更する

 

公共料金などの支払い先は、クレジットカードを解約する前に変更してください。

 

・別のクレジットカードに引き落とし先を変更
・口座からの直接引き落としに変更

 

公共料金の未払いに気づかないと、利息がかかったり支払いの延滞が信用情報に記録されたりします

 

公共料金を延滞すると利息がかかったり信用情報に影響したりするので、注意しましょう。

 

 

分割払いやリボ払いの利用残高を確認する

分割払いやリボ払いの残高を確認する

 

クレジットカードを解約する前は、分割払いリボ払いの利用残高を確認します。

 

残高がある場合は解約後も支払いが続くので、完済するまで払いましょう。

 

ただクレジットカードによっては、利用残高が一括請求されるケースがあります。

 

例えばアメリカン・エキスプレスカードは、利用残高が解約後に一括請求されるよ。

 

分割払いやリボ払いの利用残高は、クレジットカード会社のマイページから確認しましょう。

 

 

貯めたポイントを使い切る

貯めたポイントは使い切る

 

貯めたポイントは解約前に、すべて使い切りましょう。

 

ポイントは買い物やサービスなどで使えます。

 

カード名称 ポイントの利用方法
楽天カード
  • 楽天市場や街の買い物で利用
PayPayカード
  • PayPay決済で利用できる
  • Yahoo!ショッピングで使える
JCB カード W
  • ネットショッピングで使う
  • 支払いにポイントが使える
三井住友カード(NL)
  • ネットショッピングやコンビニなどで利用
dカード
  • dポイント加盟店で使う
  • d払いで使う
リクルートカード
  • Pontaポイントに交換
  • dポイントに交換
  • 提携サービスを利用
ライフカード
  • ネットショッピングやコンビニなどで利用

 

dカードのポイントはドコモのスマホを使っていれば、失効しないよ。

 

貯めたポイントは解約すると家族カードのポイントも無くなるため、使い切ってから手続きするのがおすすめです。

 

 

家族カードやETCカードも解約になる

家族カードやETCカードも解約になる

 

家族カードやETCカードもセットで解約になるので、代わりのカードを準備しておくとスムーズに断捨離できます。

 

代わりのETCカードを新しく発行する際は、年会費がかからない銘柄を選ぶのがおすすめです。

 

カード名称 ETCカード年会費
三井住友カード(NL)

無料
(年間1回以上の利用)

JCB カード W

無料

楽天カード

550円

(会員ランクUPで無料)

PayPayカード

550円

イオンカード

無料

リクルートカード

VISA&Mastercard:無料
発行手数料1,000円)

JCB:無料

ライフカード 初年度無料
次年度1,000円

 

家族カードやETCカードは日常生活が不便にならないように、代わりを準備してからクレジットカードを解約しましょう。

 

 

解約は契約者が手続きする

解約は契約者本人が手続きする

 

クレジットカードは、契約者本人しか解約できません。

 

家族カードだけ解約する場合も、契約者が手続きします。

 

例えば電話で解約する際、契約者の生年月日カード番号を確認します。

 

クレジットカードの解約は、必ずカードを契約した人が手続きしましょう。

 

クレジットカードを解約するのに最適なタイミング

解約する最適なタイミング

 

解約に最適なタイミングは、年会費が発生する前月までに解約しましょう。

 

契約月の前月末日までに解約すれば、次の年会費をかけずにカードのサービスが使えます。

 

例えば2023年8月末までに契約した場合の年会費は、2024年9月1日から次の会費が発生します。

 

手続きに時間かかる場合があるから、月末日から3日以上の余裕があると焦らず解約できるぞ。

 

クレジットカードを解約するなら、年会費がかかる前月までの手続きがおすすめです。

 

人気クレジットカードの解約方法一覧

人気クレジットカードの解約方法の一覧

 

人気のクレジットカードの解約は、電話やネットから解約できます。

 

 

 

クレジットカードによって電話しか解約できないケースがあるので、本記事を参考に手続きしてください。

 

クレジットカードの解約手順

クレジットカードの解約手順

 

解約手続きは、楽天カードを例に解説します。

 

・電話での解約手順
・ネットの解約手順

 

解約手続きはクレジットカードが必要なりますので、手元に準備してから始めましょう。

 

 

電話での解約手順

電話での解約手順は、楽天カードを例に解説します。

 

①クレジットカードを手元に準備する

クレジットカードの番号を入力するため、手元に準備してから解約を進めます。

 

②解約前の注意点を確認する

解説した注意ポイントを確認します。

 

③問い合わせ窓口に電話する

問い合わせ窓口電話をします。

 

楽天カードの問い合わせ先

 

問い合わせ窓口は休日や時間帯で混むため、時間に余裕があるときに電話しましょう。

 

④ガイダンスに従って解約を進める

音声ガイダンスの案内に沿って解約を進めます。

 

また手続きの途中で、カード番号生年月日の入力をします。

 

⑤手続き完了後にカードを破棄する

ガイダンスに従って手続きすれば解約手続きは完了です。

 

クレジットカードの切断箇所

 

最後に、解約したクレジットカードは、ハサミなどで磁気テープICを切って捨てましょう。

 

以上で電話での解約手続きは完了です。

 

 

ネットで解約する方法

楽天カードを例にネットでの解約方法を解説します。

 

クレジットカードを手元に準備する

クレジットカードの番号を入力するため、手元に準備してから解約を進めましょう。

 

②確認内容を事前にチェックする

解説した注意点を必ず確認します。

 

③公式サイトから解約手続きをする

AIチャットサポートを使って解約手続きをします。

 

楽天カードのネット解約

 

AIチャットサポートを開いたら、順番に手続きを進める。

 

楽天カードの解約手順

 

カード解約を選択し、番号を入力する。

 

楽天カードの番号入力

 

入力内容や注意点に了承したら、最後は確認をタップして手続き完了です。

 

楽天カードの解約完了

 

 

④手続き完了後にカードを破棄する

手続きは後日届くメールが来たら、解約完了です。

 

解約したクレジットカードは、番号名義磁気テープICを切断してから捨てましょう。

 

カード解約後の破断箇所

 

以上でネットでの解約手続きは完了です。



ポイント還元率が高いカードに断捨離するのもおすすめ

クレジットカードのおすすめ

 

日常でよく使うカードは、ポイント還元率が高いクレジットカードに断捨離するのがおすすめです。

 

JCB カード W
リクルートカード
ライフカード

 

貯めたポイントはショッピングやサービスで使えるので、還元率が高いカードを選びましょう。

 

 

「JCB CARD W」セブン-イレブン・Amazonは4倍。スターバックスは20倍!

還元率 電子マネー・スマホ決済 ポイント交換 国際ブランド
1~3%
年会費 キャッシュバック 付帯保険 家族カード・ETC
無料 最大20,000円 国内・海外旅行傷害:3千万円
海外ショッピング:100万円
盗難保険:60日前以降免除
無料(本会員の年会費が無料の場合)・ETC無料

 

・Amazonやセブン-イレブンはポイント4倍、スターバックスは20倍
・完全ナンバーレスカードの発行も可能(モバ即からの入会のみ対応)

 

セブン-イレブンは4倍、スターバックスは20倍と日常使いに最適!

 

ポイント優待サイト経由の買い物が最大20倍なので、ポイントがガンガン貯まる。

 

年間利用額に応じて翌年のポイントが最大50%UP。

 

 

「リクルートカード」1.2%が基本還元率の最強お得カード!

リクルートカード
還元率 電子マネー・スマホ決済 ポイント交換 国際ブランド
1.2%~
年会費 キャッシュバック 付帯保険 ETC
永年無料 海外旅行傷害:2千万円
国内旅行傷害:1千万円
ショッピング保険200万円
盗難保険:60日前以降免除
無料

 

・驚異の高還元率1.2%だからすぐ貯まっていろいろ使える
リクルートのサービスで利用すると最大4.2%ポイント還元!
・貯まったポイントはPontaポイントやdポイントへの交換、Amazonでも利用可

 

リクルートカードは年間こんなにお得!

 

 

 

「ライフカード」入会後1年間はポイント1.5倍!

ライフカード
還元率 電子マネー・スマホ決済 ポイント交換 国際ブランド
0.3~3.0%
年会費 キャッシュバック 付帯保険 家族カード・ETC
無料 最大10,000円相当 盗難保険:60日前以降免除 無料・ETCは初年度無料

 

・年会費無料
・ETCは初年度無料(1回以上の利用で次年度無料)
・最大10,000円相当のポイントをプレゼント

 

L-Mallを経由しての買い物で最大25倍!

入会後1年間はポイント1.5倍。

お誕生日月はポイント3倍。

 

 


クレジットカードの断捨離まとめ

最後にクレジットカードの断捨離をおさらいしましょう。

 

・断捨離するクレジットカードはメリットや利用頻度で選ぶ
・クレジットカードは電話やネットで解約できる
・カードを作ってからすぐ解約すると信用情報が傷つく場合がある
・ポイント還元率の高いカードに断捨離するのがおすすめ

 

クレジットカードは年会費がかかったり不正利用されたりするケースがあるため、使わないカードは断捨離しましょう。

 

信用情報に傷がつくと審査が通りにくくなるため、契約から半年以上過ぎたクレジットカードを選ぶのがおすすめです。

 

また複数枚のカードを使う方は、還元率が高いクレジットカードに断捨離するのがおすすめです。

 

ポイントが貯まりやすいので、ネットショッピングや街の買い物がお得になります。

 

断捨離する機会に、ぜひ参考にしてください。

 

【ポイント還元率が高いおすすめのクレジットカード】

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。
 

参考元