バイナリーオプションを始めるなら国内業者一択です。理由は日本の法律で守られており、トラブルになる心配がなくトレードに集中できるからです。この記事では国内業者を選ぶ時のポイントや海外業者との比較していかに国内業者が安全であるかを解説しています。
還元率96%超バイナリーオプション国内業者!海外と比較して安心の5社

『資産形成ゴールドオンライン』は複数の企業と提携して情報を提供しており、当サイトを経由して申込みがあった場合、各企業から報酬が発生することがあります。しかし、提携の有無などが本ページ内のサービスの評価や掲載順位に関して影響を及ぼすことはありません(提携会社一覧)。

「国内バイナリーオプションのメリットは?」
「国内業者を選ぶ時のポイントが知りたい」
「海外業者と国内業者のどっちが良いのかわからない」

と悩んでいませんか?


国内バイナリーオプションのメリットは、詐欺の心配のない高い安全性税金面で優遇されている点です。

 

こんにちは!トレード歴2年の岡田です!


私も国内業者でトレードしていますが、決め手になったのは詐欺の心配がなくトレードだけに集中できるからです。

 

バイナリーオプションは海外業者でも取引できますが、そのほとんどが金融庁に無登録で詐欺の危険性が高く、トラブルに巻き込まれても日本の法律で裁けません

 

しかし、金融庁登録済み国内業者であれば、日本の法律に則って運営されているため安全です。

 

この記事では、国内業者と海外業者の違いから、自分に合った業者がわかる国内業者比較表、さらに国内業者を選ぶ時の3つのポイントを解説しています。

 

海外が危険であることを理解し、国内業者で安全にバイナリーオプションを始めましょう。

 

この記事でわかること
・自分に合ったバイナリーオプション業者が一目でわかる国内業者比較表
・バイナリーオプションの国内業者と海外業者の違い
・海外バイナリーオプション業者の詐欺の危険性とその事例
・国内業者を選ぶ際の3つのポイント
・意外と知られていないバイナリーオプション口座開設前に知っておくべきこと

 

編集部オススメの国内バイナリー業者2選  >
記事中盤へスクロールします

 

目次
バイナリーオプション国内業者比較表
バイナリーオプションとは?
  ・バイナリーオプションはラダーとレンジの2種類
国内バイナリーオプションの特徴とメリット
  ・大手企業は全て金融庁に登録済み
  ・国内規制によってトレーダーは守られている
  ・ペイアウト率は最大30倍前後
  ・税金面で優遇されている
海外業者はグレーな業者が多くトラブル続出中
  ・海外業者による詐欺が横行
  ・海外でもバイナリーオプション詐欺が問題
ペイアウト率の割合が高い業者で勝率UP
バイナリーオプションの業者を選ぶ時のポイント
  ・①金融庁登録済みの国内業者を選ぶ
  ・②バイナリーオプションの取引形式で選ぶ
  ・③ペイアウト率の割合が高い業者を選ぶ
  ・④デモトレードを取り扱っている業者を選ぶ
おすすめのバイナリーオプション業者2選
バイナリーオプション口座開設前に知っておくべきこと
  ・国内業者は1週間あれば始められる
  ・口座開設時に知識テストがある
  ・口座によっては最低資金が設定されている
まとめ

 

 

バイナリーオプション国内業者比較表

  GMOクリック証券 IG証券 外貨ex byGMO 外為どっとコム 楽天証券
1枚あたりのペイアウト 1,000円(固定) 10,000円 1,000円(固定) 1,000円 1,000円
最低購入金額 約50~999円 0円~ 約40~999円 約40円~1,000円 0円~1,000円
取引回数/日 10回 12回 11回 10回 10回
取引時間 月から金
午前8時〜翌午前5時
月~金
午前1時~翌午前1時
毎営業日
午前7時25分~翌午前5時25分
月~金曜日
午前8時20分~翌午前4時20分
月~金曜日
午前8時20分~翌午前4時20分
通貨ペア数 5 7 8 5 5
取引限度額

10,000枚/日、200枚/注文

上限なし

500万円/日

500枚/注文(ラダー)、100枚/注文(レンジ)

1000万枚/日、200枚/注文

1000万枚/日、200枚/注文

取引形式 ラダー ラダー ラダー・レンジ ラダー ラダー
デモトレード
スマホ対応
取引ツールの使い勝手
分析ツールの性能
受取総額の割合※1 95.24% 95.48% 94.42%

94.04%

91.94%

※1『受取総額の割合 = 業者総売上 ÷ 顧客の受取総額』 ※1 2023年4月~2024年3月実績

 

上の表は、国内バイナリーオプション業者を比較した表です。

 

シンプルに勝ちやすい業者を探している人は、受取総額の割合(ペイアウト率)の高い業者を選びましょう。

 

その理由についてはこの後解説していきます。

バイナリーオプションとは?

バイナリーオプションとは

 

バイナリーオプションは、判定時刻に指定のレートより上がるか下がるかを予測する投資です。

 

バイナリーオプションは予測が当たればペイアウト(利益)が支払われ、外れれば購入金額分を失います。

 

FXのように為替の値幅が損益に直結ぜずいつ取引を決済するのかを考える必要がないのもバイナリーオプションのメリットです。

 

また、数十円からの少額でトレードができ、リスクを抑えた安全なトレードが可能です。

 

いきなり大金は不安な人でも低コストで取引できるので、初心者でも安全に取引できる投資と言えます。

 

 

バイナリーオプションはラダーとレンジの2種類

バイナリーオプションではラダーレンジの2種類の取引形式で行われます。

 

ラダーは判定時刻に目標レートより上にあるか下にあるか予測、レンジは判定時刻に目標レートの範囲内に収まるか収まらないかを予測するトレード形式です。

 

ラダー

 

ラダー取引が有利な時間帯

目標レートより上か下かを予想する取引なので、上昇トレンド中や下降トレンド中など1方向に相場が動いている状況だと勝ちやすくなります。

特に下記の時間帯は1方向に相場が動きやすいので狙い目です。

・16時~:ヨーロッパ市場・ロンドン市場が活発に動きだす時間帯
・21時~:ニューヨーク市場が開き参加者が一気に増加

 

レンジ取引

 

レンジ取引が有利な時間帯

レンジ内に収まって欲しいので、相場が動かない時間帯がおすすめです。

日本時間の12~15時がレンジ相場になりやすく、勝率が高くなります。

ただ、レンジ取引ができるバイナリーオプション業者は少なく、GMO外貨ぐらいしかありません。

レンジ取引がしたい場合はGMO外貨を使いましょう。

 

バイナリーオプションは一般的にラダー取引のことを指しますが、GMO外貨はレンジ取引もできる珍しい業者なので、多くのトレーダーが口座を持っています。

 

 

最短取引時間60秒!レンジ取引もできる「GMO外貨」

外貨ex byGMOのバイナリーオプション「オプトレ」

 

1日の開催号数 通貨ペア数 取引方式
11回 8 ラダー・レンジ
1枚あたりのペイアウト デモトレード 受取総額の割合
1,000円(固定) ラダー:91.15%
レンジ:89.35%

 

・レンジ取引の受取総額割合は100%越えを連発!
・最短60秒で判定!すぐにトレード結果が出る
・HDI格付けベンチマーク三回連続最高評価の「三ツ星」を獲得

 

取扱業者が少ない、レンジ取引ができる「オプトレ!」

 

2022年7月に120.25%、6月に116.23%など、100%越えを連発!

 

確実に勝ちたいなら、絶対に持っておきたい口座と言えます。

 

国内バイナリーオプションのメリット

国内バイナリーのメリット

 

続いて国内バイナリーオプションのメリットをご紹介します。

 

国内バイナリーオプション業者の最大メリットは、日本の法律下で運営されている点です。

 

具体的には次の4つのメリットが挙げられます。

 

【国内業者を使うメリット】
・大手企業は全て金融庁に登録済み
・国内規制によってトレーダーは守られている
・ペイアウト率は最大30倍前後
・税金面で優遇されている

 

それぞれ解説しますね。

 

大手企業は全て金融庁に登録済み

日本でバイナリーオプション取引を運営するためには、金融庁への登録が必須です。

 

国内大手企業は全て金融庁の認可を取って営業しています。

 

そのため、もし業者側に問題が発生したとしても日本の法律に準拠した形で処理されます。

 

仮に金融庁無登録の海外業者でトラブルが合っても日本の法律が通用しません。

 

そもそも金融庁に登録せずに運営することは違法なので、安全な国内業者でバイナリーオプション取引をしましょう。

 

いわゆる金融商品取引業を、財務局の登録を受けずに無登録で営業した場合、罰則は、5年以下の懲役若しくは500万円以下の罰金に処し、又はこれを併科する、となっています(金融商品取引法第197条の2)。
【引用元:行政書士トーラス総合法務事務所:金融商品取引業の無登録営業の罰則

 

国内規制によってトレーダーは守られている

バイナリーオプションの国内規制は、トレーダーを守るために国によって作られました。

 

規制の原因は「ギャンブル性の高さ」です。

 

規制前は10分後、1分後のレートが購入時より上がるか下がるを予想する短期取引が主流だったので、一発逆転や負けを取り戻すと言ったギャンブルのような射幸性の高いトレードを誘発しやすい状態でした。

 

また、総取りという判定時にこの価格帯だと必ず負けるという、業者が有利なレンジがありました。

 

こういった、ギャンブル性の高さと業者有利なルールを取り締まったのが国内規制です。

 

国内規制はトレーダーを守るためにつくられた規制ですので、昔より安全性が向上したと認識してください。

 

ペイアウト率は最大30倍前後

ペイアウト率は最大30倍前後

 

国内業者のペイアウト倍率は、1.1倍から33倍となっています。

 

これは先述の国内規制後にペイアウト倍率が変動制になった影響です。

 

変動制になったことで、例えば50円で購入して1,000円のリターン(950円の利益)を得ることが可能になりました。

 

もちろん、ペイアウト倍率が高くなるほど難易度が高いやり方なので、安易に狙うのは危険ですが、少額で大きく稼げるのはメリットですね。

 

税金面で優遇されている

【国内業者と海外業者の税金の違い】

  国内業者 海外業者
課税区分 申告分離課税 総合課税
税率 20.315% 5%〜55%
損益繰越 ×
損益通算

 

国内バイナリーオプションは、海外に比べて税金面でとても優遇されています。

 

税率の最大値で比較すると国内は20.315%に対して、海外は55%になります。

 

また、FXや商品先物などの他金融商品と損益を合算できる損益通算や、損益を翌年以降に繰越できる繰越控除が使える点も大きなメリットです。

 

このように、国内業者は日本の法律下にあることから税金面でも優遇されています。

 

バイナリーオプションに関する税金について知りたい方は、下のリンクに詳しくまとめた記事があるので参考にしてください。

 

 

海外業者はグレーな業者が多くトラブル続出中

海外のバイナリーオプション口座は危険

ここまで少し触れてきましたが、海外業者でのバイナリーオプション取引はリスクが高く危険です。

 

ここでは、グレーな海外業者による詐欺の危険性世界で起きている詐欺事例をご紹介します。

 

海外業者による詐欺が横行

近年バイナリーオプションにおける海外業者が絡んだ詐欺が急増しています。

 

下記はバイナリーオプションのみの事例ではありませんが、「絶対勝てる」「すぐ儲かる」といった甘い誘惑で商品を売りつけられ、最終的にお金だけ取られる詐欺事件の例です。

 

情報商材・暗号資産のトラブル:国民生活センター

 

若年層を狙った事例も多いことから、独立行政法人国民生活センターからも下記のような注意喚起が出されています。

 

儲かってるのに出金できない!?海外FX取引をめぐるトラブルにご注意-自動売買ソフト等を購入させ、海外FX取引に誘う手口-
【引用元:独立行政法人国民生活センター

 

海外でもバイナリーオプション詐欺が問題

バイナリーオプションを取り巻く詐欺は世界中で発生しています。

 

この事態に対処するために動いたのが世界的企業のApple社とGoogle社です。

 

下記ニュースでは、2社がアプリストア内にあるバイナリーオプションを含む脅威と見なした金融系アプリケーションを100以上も削除したと報告されています。

 

Apple and Google pull hundreds of trading apps from stores over fears of financial scams
翻訳:Apple社とGoogle社が詐欺の脅威がある投資アプリ100件以上の削除に踏み切った。

【引用元:INDEPENDENT

 

その中でも特にバイナリーオプションの詐欺被害が多く、アメリカのFBIまでもが操作に乗り出している状況です。

 

The FBI currently has a number of ongoing binary options fraud cases, working with partners like the CFTC and the Securities and Exchange Commission (SEC).
翻訳:FBIがバイナリーオプションに関する詐欺事件の調査を、米商品先物取引委員会(CFTC)や米国証券取引委員会(SEC)と協力し進めている。

【引用元:FBI:Binary Options Fraud

ペイアウト率の割合が高い業者で勝率UP

受取総額の割合が高い(高還元率)

 

海外業者は危険で国内業者一択であることを理解していただけたと思いますが、ここからはバイナリー初心者へ向けた国内業者の選び方を解説します。

 

一番大事にしてほしいポイントはペイアウト率の割合(受取総額の割合)です。

 

ペイアウト率の割合とは、バイナリーオプション業者の売上の内、何割を投資家に支払ったかがわかる指標です。

 

つまり、ペイアウト率の割合が高いほど還元率が高く、投資家に有利なバイナリーオプション業者と判断できます。

 

支払総額に対する
受取総額の割合
GMOクリック証券 IG証券 外貨ex byGMO 外為どっとコム
2024年4月 96.46% 103.00% 96.04% 97.54%
3月 94.58% 95.80% 91.55% 96.05%
2月 94.79% 101.10% 92.56% 94.54%
1月 95.18 93.60% 94.79% 95.79%
2023年12月 95.95% 91.70% 94.48% 88.57%
11月 97.22% 96.80% 93.56% 94.47%
10月 96.03% 100.70% 97.55% 95.19%
9月 93.06% 96.40% 97.37% 96.74%
8月 94.21% 98.70% 94.16% 93.50%
7月 96.41% 91.50% 93.05% 91.10%
6月 94.90% 91.10% 93.15% 91.20%
5月 94.56% 96.60% 95.13% 92.20%
平均 95.28% 96.42% 94.45% 93.91%

※各FX会社の公式HP上で開示されているラダー取引の取引実績をもとにしています。

 

 

 

国内業者ではGMOクリック証券平均96.15%と高いので、投資家にとって勝率を上げやすいバイナリーオプション業者と言えますね。

バイナリーオプションの業者を選ぶ時のポイント

会社選びのポイント

 

国内バイナリーオプション業者を選ぶ際のポイントは次の4つです。

 

①金融庁登録済みの国内業者を選ぶ
②バイナリーオプションの取引形式で選ぶ
③ペイアウト率の割合が高いFX会社を選ぶ
④デモトレードを取り扱っている業者を選ぶ

 

いずれも利益などのお金に直結するポイントなので、しっかり理解してから業者を選びましょう。

 

①金融庁登録済みの国内業者を選ぶ

必ず金融庁に登録している国内業者を選びましょう。

 

先述した通り日本に登録がない海外の無登録業者は危険です。

 

「出金ができない」、「突然ホームページが閉鎖される」などの詐欺行為が多発しているからです。

 

日本国内でバイナリーオプションを運営するには、金融商品取引法によって金融庁への登録が必須なので、国内大手業者は必然的に登録しています。

 

しかし、海外を拠点にする業者の取り締まりは難しく、多くの海外業者が無登録で運営しているのが現状です。

 

登録済みの会社であれば安心してトレードできます。

 

初心者は必ずの国内業者を選びましょう。

 

②バイナリーオプションの取引形式で選ぶ

バイナリーオプションの取引形式にはラダーとレンジの二種類がありますが、それぞれ特徴が違うため自分に合った取引形式を選ぶのは重要です。

 

ラダーはトレンド相場(16時~、21時~が向いている時間帯)、レンジは動きが少ない日中(9~17時)に向いた取引です。

 

どちらの取引が自分に合っているか、実際に取引をしてみて確かめることが重要です。

 

今回紹介している2社とも登録不要・無料でデモトレードができるのでまずは試してみてね!

 

ちなみに、レンジ取引のデモトレードができる国内業者はGMO外貨だけだよ。

 

③ペイアウト率の割合が高い国内業者を選ぶ

受取総額の割合が高い国内業者を選ぶ

 

大事なのでもう一度お伝えします。

 

国内業者を選ぶ時はペイアウト率の割合が高い国内業者を選びましょう。

 

ペイアウト率の割合とは受取総額の割合率とも呼び、業者が受け取った金額の何割がトレーダーに還元されているのかを表します。

 

「割合が高いから勝てる!」というわけではないですが、ペイアウト率の割合が高いとそれだけトレーダーに有利なのは間違いありません。

 

80%の還元と90%還元なら、どちらがトレーダーにとって有利かは明らかです。

 

今回ご紹介する2社は、全て90%以上と信頼できる業者ですよ! 

支払総額に対するペイアウト率の割合

 

支払総額に対する
受取総額の割合
GMOクリック証券 IG証券 外貨ex byGMO 外為どっとコム
2024年4月 96.46% 103.00% 96.04% 97.54%
3月 94.58% 95.80% 91.55% 96.05%
2月 94.79% 101.10% 92.56% 94.54%
1月 95.18 93.60% 94.79% 95.79%
2023年12月 95.95% 91.70% 94.48% 88.57%
11月 97.22% 96.80% 93.56% 94.47%
10月 96.03% 100.70% 97.55% 95.19%
9月 93.06% 96.40% 97.37% 96.74%
8月 94.21% 98.70% 94.16% 93.50%
7月 96.41% 91.50% 93.05% 91.10%
6月 94.90% 91.10% 93.15% 91.20%
5月 94.56% 96.60% 95.13% 92.20%
平均 95.28% 96.42% 94.45% 93.91%

※各FX会社の公式HP上で開示されているラダー取引の取引実績をもとにしています。

 

 

※各FX会社の公式HP上で開示されているラダー取引の取引実績をもとにしています。

 

④デモトレードを取り扱っている業者を選ぶ

最後はデモトレードを提供している業者を選ぶことです。

 

理由は本番前にノーリスクで練習できるからです。

 

いきなり本番トレードから始めてしまうと、トレードに慣れる前に負けてしまう可能性があります。

 

また、デモトレードならどんな使い方をしても損失しないので、取引ツールの使い勝手を知る絶好の機会でもあります。

 

ある程度経験を積んだ状態で本番に臨めるように、必ずデモトレードで取引に慣れておきましょう。

 

 

おすすめのバイナリーオプション業者3選

初心者の方はどの業者が適切なのか判断が難しいと思います。

 

そこで、国内業者の中でも「これだけは外せない!」おすすめ3社をご紹介します。

 

それぞれ強みを理解して自分の目的に合った業者を選びましょう。

 

 

FXの口座開設後、バイナリーオプションの申込をするとバイナリーオプションの取引ができるようになります。

 

 

96.15%の高還元率!「GMOクリック証券」

GMOクリック証券

 

1日の開催号数 通貨ペア数 取引方式
10回 5 ラダー
1枚あたりのペイアウト デモトレード 受取総額の割合
1,000円(固定) 96.15%

 

・開設数100万口座の人気FX会社(※口座数はGMOクリック証券に口座開設されているユニーク口座数です。)
・過去1年間の支払総額に対する受取総額は平均96.15%!
・38種類のテクニカル指標があり、バイナリーオプションの分析ツールが充実

 

受取総額(還元率)が96.15%と他の業者より高く、一番勝ちやすいバイナリーオプション業者と言える。

 

プロトレーダーも愛用する「プラチナチャート」を使えば、分析がしやすく、勝率が上がるぞ!

 

 

 

【IG証券】通貨だけじゃない!幅広い戦略がとれるバイナリーオプション

IG証券

 

1日の開催号数 通貨ペア数 取引方式
12回
7
(株・CFDを含めると計23)
ラダー
1枚あたりペイアウト デモトレード 受取総額の割合
10,000円
(※円を含む通貨ペアの場合)
97.41%

 

・通貨だけではなく、世界中の株価指数、金や原油などの最大23銘柄で取引できる
・1日、1回あたりの取引枚数上限がない
1,000円以下の少額での取引も可能

 

選べる権利行使の価格は国内最多の20チョイスだから緻密で幅広い戦略がとれる!

 

国内最多の23銘柄で取引できるのはIG証券だけ!

 

 

 

最短取引時間60秒!レンジ取引もできる「GMO外貨」

外貨ex byGMOのバイナリーオプション「オプトレ」

 

1日の開催号数 通貨ペア数 取引方式
11回 8 ラダー・レンジ
1枚あたりのペイアウト デモトレード 受取総額の割合
1,000円(固定) ラダー:91.15%
レンジ:89.35%

 

・レンジ取引の受取総額割合は100%越えを連発!
・最短60秒で判定!すぐにトレード結果が出る
・HDI格付けベンチマーク三回連続最高評価の「三ツ星」を獲得

 

取扱業者が少ない、レンジ取引ができる「オプトレ!」

 

2022年7月に120.25%、6月に116.23%など、100%越えを連発!

 

確実に勝ちたいなら、絶対に持っておきたい口座と言えます。

 

 

 


バイナリーオプション口座開設前に知っておくべきこと

口座解説前に知っておくべきこと

 

最後にこれから口座開設を考えている人に向けて、知っておくと申し込み時に困らない3つのポイントをご紹介します。

 

【口座開設前に知っておくべきこと】
・国内業者は1週間あれば始められる
・口座開設時に知識テストがある
・口座によっては最低資産が設定されている

 

大事なのにあまり知られていない内容なので、事前に頭に入れてスムーズに口座開設しましょう。

 

国内業者は1週間あれば始められる

バイナリーオプションの口座は、申し込みから1週間程度で開設できます。

 

最近だとGMOクリック証券のように、最短で申請した翌営業日から始められる業者も存在します。

 

申し込み作業も数分で終わるので、実際に申し込んだら思った以上に早く始められて驚くはずです。

 

口座開設時に知識テストがある

あまり知られておらず、多くの人が驚くのが口座開設時に知識テストを受けることです。

 

私もその一人で、「これからトレード頑張るぞ」と意気込んでいたらいきなり知識テストが出てきて出鼻を挫かれました。

 

テストは知識なしで挑むと難しいと感じるレベルなので、知らずに遭遇して投げ出さないように事前に準備しましょう。

 

知識テストの内容は各業者のHPに載っているので確認できます。下記はGMOクリック証券の知識テストの例です。

 

Q:「バイナリーオプション」とは、権利行使期日(満期)において、原資産(取引の対象となる資産)の価格があらかじめ定めた条件を満たした場合、あらかじめ定めた金額(ペイアウト)を受け取ることのできる権利である。

A:○ 「バイナリーオプション」は、権利行使期日の原資産(取引の対象となる資産)の価格があらかじめ定めた条件を満たした場合、あらかじめ定めた一定額のペイアウトを受け取ることのできる権利です。原資産を売買する権利ではありません。 詳細表示


【引用元:GMOクリック証券:外為オプション取引 知識確認テスト


口座によっては最低資産が設定されている

国内の一部業者では、口座開設の条件として最低金融資産を設けています。

 

全ての業者は申し込む際に、自己申告で資産を入力する必要があるのですが、資産が最低金融資産に達していないと口座開設ができません。

 

例えば、GMOクリック証券の場合は、口座開設受付基準として100万円以上の金融資産年収が200万円未満の場合は300万円以上の金融資産が必要と基準を設けています。

 

お客様は、次の各号の要件をすべて満たす場合に限り、外為オプション取引の開始をすることができます。

1.100万円以上の金融資産をお持ちであること(法人の場合、資本金または基本財産の額が100万円以上であること)
2.年収が200万円未満の場合、300万円以上をお持ちであること

【引用元:GMOクリック証券:口座開設受付・申込基準

まとめ

国内バイナリーオプションについて解説しましたがいかがだったでしょうか? 

 

最後にこの記事の内容をまとめます。

 

・業者選びはトレーダーが有利なペイアウト率の割合が高い業者を選ぶ
・金融庁登録済みの国内業者は法律で守られていて安全
・海外業者は詐欺のリスクが高く危険 

 

国内業者は海外業者に比べて圧倒的に安全であることは理解していただけたと思います。

 

特に初心者であれば、日本品質のサポートを受けられる国内業者で始めることを強くオススメします。

 

私が国内業者で取引しているのは冒頭でもお話した通り、詐欺などのトレード以外のリスクを心配する必要がなく取引に集中できる点です。

 

バイナリーオプションを始める理由はトレードでお金を稼ぐためなので、これから始めるという人は安全な国内業者を選びましょう。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました! 

 

GMOクリック証券
GMOクリック証券

・還元率は驚異の96.15%
・38種類のテクニカル指標で分析ツールが充実
IG証券 IG証券

最大23銘柄対応で戦略的な取引ができる!
・取引枚数上限ナシで取引チャンスを逃さない!
GMO外貨
GMO外貨

・レンジ取引の還元率は100%越えを連発!
・最短60秒で判定!すぐにトレード結果が出る

 

 

参考元