「土地活用」を考える…絶対に最初に行うべきステップとは?

国税庁が出している「統計情報」によると、相続財産のうち土地・建物(不動産)の割合は5割ほどと高いウエイトを占める。相続した不動産を有効活用しようと考える人は多いが、あまりに選択肢が多く、また専門的な知識も必要なため、二の足を踏むケースが続出している。しかし、NTTデータ・スマートソーシングが運営する『HOME4U土地活用』ならば、土地活用のプラン比較を簡単に行うことが可能だ。

豊富な選択肢がある「土地活用」だが…

――相続した土地がそのまま放置されていて維持費だけがかかっている

――将来を見越して相続対策を進めたい

 

このように考えて、土地活用を検討する人は多い。未使用、または低利用の不動産を所有しているならば、最適な活用法で収益を生むものにしたいものだ。しかしひと口に土地活用といっても、さまざまな手法がある。昨今、トレンドになっている土地活用法をみてみよう。

 

■アパート・マンション経営
安定した家賃収入が得られる。ただし初期費用が多額でランニングコストも必要。また立地により客付けが難しいという問題もある。

 

■戸建て賃貸経営
遺された建物も活用できる方法。戸建て賃貸や店舗型住宅、そして賃貸併用住宅など、バリエーションは多彩だ。初期費用を抑えられるものの、全体の収益はアパート・マンションより低めに推移する。

 

■駐車場経営
初期費用を抑えながら、一定の収入が得られる。ただし管理会社から利用料を徴収される。また立地により客付けが難しいという問題もある。

 

■トランクルームやコインランドリー経営
アパート・マンション経営よりは初期費用を抑えられる。駐車場経営と同じく、管理会社から利用料を徴収される、立地に左右されるなどの懸念事項がある。

 

■介護ホームや商業ビル経営
大規模な敷地を必要とする。商業ビルは好立地であることが条件だが、介護ホームはあまり立地に左右されない。どちらも安定した収入を得られる可能性が高いが、初期費用やランニングコストは多額。また経営には専門的なノウハウが必要となる。

 

■太陽光発電
立地が悪く、施設経営に向かない土地におすすめの手法。ある程度の面積があること、日照時間が長いことなどが条件となる。アパート・マンション経営よりは初期費用を抑えることができる。

 

[PR]日本最大規模の比較サービス
【土地活用プラン】入力1分で最大7社の見積り簡単比較 こちらから>>>

GGOとは、GENTOSHA GOLD ONLINE(幻冬舎ゴールドオンライン)の略称。『あなたの財産を「守る」「増やす」「残す」ための総合情報サイト』を掲げ、企業オーナー・富裕層を主要読者ターゲットとして運営している。

著者紹介

連載日本初・最大級の不動産一括査定・プラン請求サイト「HOME4U」が本当に支持される理由