特集 新築マンション投資のメリットと中古マンションとの違い

新築マンション投資のメリットと中古マンションとの違い

マンション投資を考えたときに、物件選びで一つのポイントになるのが、新築にするか中古にするかということです。どちらにもメリットとデメリットがあり、投資である以上リスクも付きものです。では、新築マンション投資にはどんなメリット・デメリットがあり、中古マンション投資と比較してどのような違いがあるのか考えていきましょう。

 

■新築マンション投資のメリット

 

◇入居率の高さ
新築では、入居者のニーズに合った最新の設備を備え付けている物件が多くあります。カメラ付きインターホン、オートロック、防犯カメラなどのセキュリティ設備の他、宅配ボックス、インターネット、浴室換気乾燥機といった生活に便利な設備を備えている物件もあります。

新築物件は中古物件と比較して、建物自体もきれいで設備も新しい割に、家賃が大幅に高いというわけではありません。そのため入居者にとっては、「家賃があまり変わらないのであれば新しい物件の方が良い」という心理がはたらき、入居者が決まりやすいと言えます。マンション経営では、空室リスクをいかに減らすことができるかが重要な要素です。入居率が高いことは、安定した収益につながります。

 

◇初期の自己資金が少なくて済む
新築マンションでは販売価格は高いですが、ローンを組むことで最初に準備する自己資金を少なくすることができます。投資用マンションを購入する場合は、不動産投資ローンなどを利用しますが、このローンでは借りる人の勤務先や年収だけでなく、購入する物件の価値や事業計画なども審査されます。

新築マンションは、耐震基準といった最新の法令に準拠しており、修繕費用などの持ち出しも少ないことから収益性が高いと判断され、ローンの審査に通りやすくなります。一方、中古マンションでは建物の状態によって融資を受けられなかったり、融資できる金額が少なくなったりする可能性もあります。

 

◇節税効果がある
マンションの購入費用は減価償却することができます。減価償却というのは、購入費を定められた期間にわたって均等に経費として計上することができる税制上の仕組みのことです。実際には「家賃収入>必要経費」となっていても、減価償却費を必要経費に加えると「家賃収入<必要経費」と赤字になることがあり得ます。償却期間が長い新築の場合は、長期間にわたって減価償却費を必要経費として計上することができるため、所得税の節税効果は中古よりも高くなると言えます。

 

◇初期の修繕費が少なくて済む
中古物件では購入してすぐに修繕が必要になることがあります。場合によっては大掛かりな工事が必要になります。また、設備そのものが壊れていなくても、空室リスクを避けるために、入居者のニーズに合った最新の設備に交換しなければならないかもしれません。しかし、新築の場合は、初期の修繕費はたとえかかったとしても少額で済みます。

 

◇売却がしやすい
将来何らかの理由で売却したいと思うときが来るかもしれません。不動産の価値は築年数とともに下落していきますが、所有期間や使用状況が同じであれば、新築は中古よりも状態の良さを保つことができているはずです。そのため、売却時には有利であると言えます。また古いマンション、とりわけ昭和56年6月より前に建築確認を受けて建築されたマンションは、現行の建築基準を満たしていない可能性があり、売りたくても売れない状況になる可能性があります。新築の場合は建築基準を心配する必要はありません。


■新築マンション投資にもリスクやデメリットはあるのか

新築マンションでもリスクやデメリットがあります。まず、購入価格が高いということが挙げられます。ローンを利用して自己負担額を減らすことができたとしても、多額のローンを組む場合はしっかりとした事業計画を立てていないと失敗するリスクがあります。

特に、変動金利のローンを利用している場合は定期的に金利が見直されます。将来金利が高くなることも十分考えられます。そのため万一失業してしまった場合でも支払うことができるように、余裕を持った資金計画が必要でしょう。

また、新築の場合は、管理体制がどうなっているかをしっかりと確認することも大切です。中古マンションの場合は、すでに管理が行われているので、メンテナンスの状況や清掃が行き届いているかなどを実際に見ることができます。設備の不具合に気づかず長期間放置されていると修繕に多額の費用が必要になるかもしれません。また、共有部分にチラシなどのゴミが落ちていたりすると、イメージが悪くなり空室リスクにもつながります。新築では、実際の管理状況をまだ見ることができないので、管理体制について十分に確認しておくことが大切です。

 

■中古マンション投資と比べて有利な点・不利な点

 

一般的に、新築マンションは中古マンションと比べて購入費用が高く利回りも低いですが、必ずしもそれが不利だとは言えません。中古マンションでは、物件の状態によって多額の修繕費がかかる可能性があります。修繕費などの諸経費を含めて計算する実質利回りでは、新築の方が有利になるケースもあります。新築と中古でどちらが有利なのかは、単に購入価格だけでなく、修繕費や管理費などのランニングコスト、また減価償却などの税制面も含めて総合的に判断する必要があります。

新築マンションにも中古マンションにもそれぞれメリット・デメリットがありますので、まずその違いをよく理解するようにしましょう。リスクについても十分検討したうえで投資を始めることが大切です。マンション投資は多額の費用が必要ですし、専門的な知識も必要です。親身になって相談に乗ってくれる不動産会社を探すことも投資の成功には欠かせません。

経年劣化、課税所得増・・・「中古投資物件」のデメリット
岸 洋嗣
新築に比べ、不具合発生のリスクが高い中古物件不動産投資に慣れ、時間や資金に余裕がある人にとっては中古物件の管理はそれほど難しいものではありません。ただし、多忙な勤務医にとっては大きなリスクと感じられることがあるので注意が必要です。 中古のデメリット①:新築に比べて不具合発生のリスクが高い 新築物件に比べ中古物件には経年劣化の分、さまざまな不具合が生じやすいというデメリットがあります。このリスクを避けるためには物件選びや管理に神経を使う必…
物件価格、利回り・・・「中古投資物件」のメリット
岸 洋嗣
新築より少ない資金で「大きな利益」を得られることも中古物件には新築物件にはないメリットとデメリットがあります。投資家の特性によっては利回りが高い分キャッシュが蓄積されるケースもあります。 中古のメリット①:価格が安いので家賃が同じなら利回りがいい 中古物件は新築物件に比べて価格が相対的に低くなるため、新築と同程度の家賃収入がある場合、利回りが高くなります。もし、利便性の高い立地にあるなど条件に恵まれた中古物件が手に入るならば、同程度の新…
価格の高さ、家賃下落率・・・「新築マンション」投資の注意点
岸 洋嗣
勤務医にとってはデメリットも好都合に!?新築物件にもデメリットはあります。インターネット上では拡大解釈されて「儲からない」と説明されることがありますが、購入者が勤務医の場合に限ると、必ずしもデメリットとはいえない面もあります。 新築のデメリット①:価格が高い 中古物件に比べて価格は高めです。ただしメンテナンス費用がかからないことや、品質が均一で保障があるため修繕費用を抑えられることなどを計算に入れて「コストパフォーマンス」という面から比較…
節税効果も大きい!? 「新築マンション」投資のメリット
岸 洋嗣
入居者がつきやすく、空室リスクを抑えられる「新築」投資用の賃貸住宅を購入する時に考えるべき大きな選択肢として「新築を買うか、中古を買うか」があります。それぞれメリットとデメリットがあるので、購入者の特性やニーズに合わせて選ぶと投資効率がよくなります。 新築のメリット①:品質に安心感がある 新築の物件には経年劣化がないので、品質が均一です。建物の設備も最新のものが導入されており、「瑕疵(かし)担保責任」と呼ばれる補償責任に基づいて、販売会…
首都圏マンション 6.9%増 首都圏に強みを持つ会社は・・・
藤本 誠之
首都圏マンション 6.9%増 日本経済新聞 企業総合 15面 不動産経済研究所が14日発表した8月の首都圏1都3県の新築マンションの発売戸数は、前年同期比6.9%増の2101戸で、全発売戸数の50.8%を東京都区部(23区)が占めたとの記事に注目です。マンション発売の都心集中が一段と進んでいます。やはり、かなり長い将来に渡って世帯数の増加が見込まれる都区部が人気化しています。マンションや住宅販売会社の中でも都区部に強みを持つ企業が、大きな追い風を受けそうです。…
新築区分マンション投資で本当に「節税」ができるのか?
大村 昌慶
節税目的のはずが、かえって損をすることに・・・「新築の区分マンションを購入して節税しましょう」という営業トークを耳にしたことがある人は多いでしょう。筆者にもよく同じような営業電話が来ますが、新築区分マンションで節税対策というのは、まったくお薦めできません。 新築区分マンションの営業マンが言うのは、「節税対策」をはじめ、「将来の年金代わり」ですが、どちらも嘘です。新築の場合ですと、要するに「マイナスを出して所得税が下がる」「所得税還付」を…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧