特集 アパート投資のメリットとリスクやマンション投資との違いとは

アパート投資のメリットとリスクやマンション投資との違いとは

マンション投資は多くの場合一室、あるいは数室を購入する区分所有という方法で行われます。それに対し、アパート投資は基本的に一棟まるまる所有します。ここでは、マンション投資は区分所有、アパート投資は一棟所有と前提した上で、二つの違いについて見ていきます。

 

■アパート投資のメリットとは

アパート投資では、空室のリスクを分散できるというメリットがあります。マンションを一室購入して貸し出す場合は、その部屋が空室になれば収入はゼロになります。しかし、アパート投資では複数の部屋を所有しているので、空室が発生し収入が減ることはあったとしても、収入がゼロになることは避けられます。

また、アパート投資は改修の計画が立てやすいこともメリットです。区分所有のマンションの場合は、複数の所有者がいるため、改修工事をしたいと思っても他の所有者の賛同が得られなければ実施することができません。一方、アパートならどのような工事をするかはオーナーの自由です。防犯カメラや防犯灯を設置したり、インターネット回線を敷設したり、アパートの付加価値を高める工事も自由に行うことができます。

さらに、アパート投資の場合は、土地を資産として残すことができることもメリットです。マンションの区分所有の場合は、敷地利用権はありますが、土地と建物を切り離して処分することはできません。つまり、築年数の経過とともに土地の資産価値が減っていくことになりますが、アパート投資の場合は、建物の価値がなくなっても価値のある資産として土地が残ります。

 

■アパート投資のデメリットやリスクとは

アパート投資では特に土地の選定を誤ると失敗につながるというリスクがあります。不動産投資すべてに言えることですが、失敗しないためには空室リスクをできるだけ減らすことが大切です。投資用マンションは、都心部の駅前など立地がよく入居者の需要が見込める場所に建設されていることが多いですが、アパートの場合は、もともと自分が所有する土地にアパートを建てることも少なくありません。本当にその土地で入居者の需要が見込めるかを、よく考える必要があります。

また、アパートの場合は入居者間の騒音トラブルが発生する可能性もあります。音が響きにくい鉄筋コンクリートで作られたマンションと比較すると、木造で作られることが多いアパートでは、隣家の生活音がうるさいと感じることがあります。もし、アパートの管理を業者に任せず自分の行うつもりなら、このようなトラブルの対処もしなければならないこともデメリットになります。

 

■アパート投資とマンション投資の違い

・初期費用
立地や築年数、建物の規模にもよりますが、一般的にアパート投資の方が多くの初期費用が必要です。区分所有のマンションの場合は一室のみ購入するのに対し、アパートでは土地を含め建物一棟を購入するため、購入費が高額になり借入金が多くなる可能性があります。

・ランニングコスト
維持管理の面でも、一棟アパートの方がマンションに比べてコストがかかります。設備の改修や、大規模修繕などの工事を行う場合、マンションの場合は他の区分所有者と資金を出し合って費用を捻出するため、一人当たりの費用は比較的少なくて済みます。しかし、アパートの場合は所有者がすべての費用を支払う必要があり負担が大きくなってしまいます。

・収益面
収益の面で比較すると、所有している部屋数が多いアパートの方が収益は大きくなります。ただし、アパート投資でも修繕費等をしっかりと蓄えておく必要があります。必要な工事を行うことができないと、建物の傷みから資産価値が減ってしまい、空室リスクにもつながるからです。

また、物件の広告などでは、購入価格と家賃収入だけで計算する表面利回りで表示されていることが多いですが、実際には管理費や修繕費などの諸費用、固定資産税、都市計画税などの税金、空室率なども考慮した実質利回りで計算する必要があります。アパート投資の方がマンション投資より家賃収入が多くても、諸費用が多くかかれば実質利回りは低くなる可能性もあります。購入しようとしている物件によって諸費用には大きな違いがありますので、よく計算してどちらが収益を見込めるかを比較することが大切です。

一棟アパート投資と、区分所有のマンション投資と比較して見てきました。アパート投資は多額の初期費用が必要です。また、維持管理していくためにも費用が発生します。投資である以上リスクは付きものですので、アパート投資特有のデメリットやリスクを十分に理解した上で始めるようにしましょう。

 

「新築木造アパート」を建てて良い土地、悪い土地とは?
柴田 文治
駅から「徒歩10分以内」が1つの目安になるが…――横浜といっても、さまざまな性格のエリアがあり、また各エリアの中でも土地の状況は千差万別です。それを踏まえて、アパート投資はどんな土地で行うのが良いのでしょうか? 柴田 まずエリアですが、アパートの供給が過剰なエリアは、基本的に避けるべきかと思います。供給の状況については、各種データや地元のリーシング業者に確認すれば、すぐにわかります。似たような企画のアパートが多く賃貸募集されており、しかも…
なぜ今、「横浜」の新築木造アパート投資が注目されるのか?
柴田 文治
なかなか外部には出回らない「横浜」の不動産情報――リクルートの「SUUMO」が実施した「住みたい街ランキング2017」で総合3位に入るなど、横浜は以前から高い人気を持つ街です。この街の魅力はどんなところにあるのでしょうか? 柴田 ご存じのように、横浜は明治維新以降、日本と海外とを結ぶ玄関口として最先端の文化や技術を吸収し発信してきた歴史を持っています。それが、東京のすぐ近くでありながら東京とは違った文化風土を生んでいます。またそれを下支えしている…
堅実なアパート経営に欠かせない「金融機関との信頼関係」
中島 厚己
他の金融機関への安易な借り換えはNG⁉ほとんどの方は金融機関からの融資を受けてアパート経営をスタートします。借入金の返済は毎月のことですから、少しでも低い金利で借り入れしたいものです。 しかし、今の金利が高いからといって、他の金融機関へ簡単に借り換えるのは、利口だとは言えません。なぜなら、融資のご担当者様は、承認を取るために苦労して稟議書を作成されたかもしれません。場合によっては、上席の方も一緒に交渉してくれたかもしれません。それなのに、…
堅実なアパート経営のための「余計な出費」を抑える工夫
中島 厚己
軽視できない「入居者の口コミ」堅実なアパート経営をする上で、管理は大事なポイントです。弊社が一番に考えることは、満室経営は当然として、余計な費用をオーナー様に負担させない管理です。 まず、出費が大きい広告料に関して。入居者が退去しても、次の入居者が順調に決まれば、余計な広告料を負担しなくて済みます。そこで、すぐに新しい入居者を紹介してもらえるように、各支店の弊社管理担当者は、毎日いろんな賃貸ショップを回り、地道にコミュニケーションをとっ…
入居者に選ばれ続ける「質の高い」アパートとは?
中島 厚己
「古くなっても選んでもらえる」アパートを創る私がいつも社員に言っていることがあります。 「古くなって、もし隣に他社の新築が建ったとしても、入居者様から弊社のアパートを選んでもらえるようなアパートを創らなければダメだ」 弊社の物創りの基本的な考え方です。 言うのは簡単ですが、それを実行するのは簡単なことではありません。しかし、難しいことに本気で取り組んでいるからこそ、今があると思っています。もし、私が売り上げ第一、利益第一主義の経営者なら…
堅実なアパート経営に不可欠な「自己資金」の準備
中島 厚己
アパート経営は「将来に備えるため」にある私はよく、「堅実なアパート経営」をしましょう、とお伝えしています。成功するアパート経営には必要不可欠な考え方です。 では、「堅実なアパート経営」とはなんでしょうか。何回かに分けて書きますが、今回はまず自己資金に関して。 まず、弊社の社員は、何人かが自社アパートを実際に購入し、経営をしています。3棟所有している社員もおり、次も検討中です。当然、全員堅実に経営しております。まだ買えていない社員も、購入…
なぜアパート投資は中古でなく「新築」が狙い目なのか?
田脇 宗城
スタート時の出費を「中古」と比較してみると・・・前回の続きです。 続いて新築です。新築は家賃が高く設定できますが、建築費用も高くなるので、利回りは中古より低くなるのが一般的です。 販売価格:9600万円部屋数:9部屋家賃:6万5000円年間家賃収入:702万円利回り:7.3% 中古と同様、自己資金300万円で融資を受けます。 融資額:9300万円返済期間:30年金利:0.8% このくらいの融資設定が現実的なところでしょう。 さて、月の返済額は次のようになります。 …
アパート経営の成功に立ちはだかる「12のハードル」
中島 厚己
意外に見逃せない「家族の理解」というハードルアパート経営を始めるまでには、越えなければならないハードルがいくつもありますし、始めたあとも成功するためのハードルが、これまたたくさんあります。ということで列記してみます。 ①投資に対するハードルアパート経営に限らず、株やファンドなど、投資そのものに抵抗を感じる方が、理解し、興味を持てるか。 ②アパート経営に対するハードル毎月家賃収入があることに対して、「そんなうまい話があるわけがない」と仕組…
投資の観点から見た「新築アパート」のメリットとデメリット
中島 厚己
RC造に比べ、建築コストが安い木造アパート前回の続きです。 では、新築アパートはどうでしょうか。 ●新築アパートのメリット①RCに比べ間取りの自由度が高い ②建築コストが安いため、借入金額も少額 ③②により、融資も通りやすい ④②により、様々な地域に何棟も購入し、リスクを分散させることが可能 ⑤②により、出口戦略も安心 ⑥解体費用が安いため、建て替えも容易にできる ●新築アパートのデメリット①RCに比べ災害に弱い ②防音性が低い ③2階建の場…
初めての不動産購入で「新築アパート」がお勧めといえる理由
中島 厚己
「メンテナンスコスト」が抑えられる新築不動産を初めて購入する方の多くが、「まずは中古を買おう」と思われるようです。中古の方が低額で物件を手に入れることができますし、ある程度、入居の状態を確認してから購入することができます。たしかに、いきなり高額の新築を購入するより、まずは少額の中古からというのは賢明な判断かもしれません。 しかし、私はあえて「新築アパート」の購入をお勧めいたします。初めての不動産だからこそ、新築アパートが良いのです。アパ…
なぜお金持ちでなくても「アパート経営」ができるのか?
中島 厚己
アパート経営をするためのハードルは低い!?弊社の女性社員が、仕事について友達と話していたときのこと。 「アパート経営なんて、超お金持ちにしかできないと思ってた」 と言われたそうです。意外と皆がそういう認識なんだ、とびっくりしたと私に話してくれました。 そうなのかもしれません。普通に生活していれば、アパート経営をするという発想すらないでしょうし、もし頭をかすめても、「どうせお金持ちのすること」となるのでしょう。 実は、アパート経営をするため…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧