特集一覧

地主の相続対策

地主の相続対策

相続対策を難しくしている要因は多々あるが、その最たるものは不動産の存在だろう。いわゆる「地主」の場合、相続財産の大部分を不動産が占めるケースが多く、その評価や分割など、相続対策にあたっては解決すべき問題が山積みとなる。本特集では、経験豊富なスペシャリストたちが様々な「地主の相続対策」を紹介する。

不動産の「高値」売却術

不動産の「高値」売却術

2020年の東京オリンピック開催に向けた数年のうちに、価格的にはいったんピークを迎えるという声も多い国内不動産市場。ここに来て、ピーク到来の時期に関しては、2019年、いや2018年、いやいや2017年・・・というように、より早い時期を観測する向きも増えている。中には、現状すでに「不動産バブル」の状態であり、もはや崩壊しつつある段階、という見方も出てきている。本特集では、今後、飛躍的にニーズが高まるであろう「不動産の売却」にスポットをあて、より高値で売却するための考え方・具体的な方法・テクニックなどを、その道の専門家がお伝えする。

「争続」対策

「争続」対策

資産家の相続対策というと、どうしても「節税」に偏る傾向があるが、それ以前に重要なのが相続人同士の争いを防ぐ、いわゆる「争続」対策ではないだろうか。それまで円満だった家族が、相続を機にバラバラになってしまうケースは後を絶たない。本特集では、不幸にも「争続」になってしまった場合の対処法から、争いを未然に防ぐための手法や具体的な対策まで、その道のプロたちが徹底的に解説する。

法人の税金対策&財務改善

法人の税金対策&財務改善

同業種で同レベルの売り上げを上げていたとしても、会社の「儲け」については大きく異なってくるケースが少なくない。その要因はもちろん様々だが、「税金対策」と「財務改善」に対する経営者自身の意識と知識、そして実行力が高ければ高いほど、より「儲かる会社」になっているのではないだろうか。そこで本特集では、法人の税金対策と財務改善にスポットを当て、具体的な手法を含めて各種のアイデア、ノウハウをご紹介する。

「会社を売る」という選択肢

「会社を売る」という選択肢

親族内に適切な後継者がいない、赤字が続いてこのままでは廃業&破産を待つのみ・・・・・・様々な理由から「会社を売る」という選択肢を取るオーナー社長が増えている。多くのオーナー社長にとって「会社を売る」というのは初めての経験だが、社長の「最後の仕事」として失敗は絶対に許されない。本特集では、上手に「会社を売る」ためのポイントや具体的な進め方を徹底的に紹介する。

相続対策×法人化

相続対策×法人化

巷にあふれる相続対策。暦年贈与の活用といった単純(成功させるにはノウハウが必要だが・・・)なものから、生命保険活用、アパート経営や資産の組み換えといった専門家のアドバイスが必要なものまで、それこそ挙げていけばキリがない。相続対策としての効果についても各手法で様々だが、多少なりとも手間はかかるものの、やり方によっては絶大な効果を生むのが、「法人化」による相続対策だ。そこで本特集では、相続対策のための法人化(プライベートカンパニーの設立)にスポットを当て、その道の専門家たちが、相続対策のための賢い「法人化」のテクニックやノウハウを紹介していく。

不動産×相続対策

不動産×相続対策

基礎控除の引き下げに伴う対象者の拡大、そして最高税率が55%に引き上げ――相続税の大増税時代において、最も大きな影響を受けるのは、いわゆる「土地持ち」の人々だろう。特に都市近郊部の土地は高く評価され、高額の相続税が課されるケースも少なくない。相続税は現金納付が原則だが、資産が不動産に偏っている人(残念ながら日本人資産家の多くはそうだ)の場合であれば、納税資金に窮するケースすら出てくる。不動産は相続人間での分割も難しく、また相続税対策のために購入したアパートが「負の遺産」になっているなど、相続×不動産に関する悩みは枚挙に暇がない。本特集では、それらを解決する様々なアイデア、テクニック、具体的な手法等を紹介する。

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧