著者紹介

インターネット白書編集委員会

「インターネット白書」は、一般財団法人インターネット協会(IAjapan)、一般社団法人日本ネットワークインフォメーションセンター(JPNIC)、株式会社日本レジストリサービス(JPRS)と出版社の株式会社インプレスR&Dで構成される編集委員会により企画され、発行されている。この4社共同の社会貢献プロジェクトとしてウェブサービス「インターネット白書ARCHIVES」も提供している。
http://iwparchives.jp/

書籍

インターネット白書2017 IoTが生み出す新たなリアル市場

『インターネット白書2017 IoTが生み出す新たなリアル市場』

インターネット白書編集委員会

「The Internet for Everything」を掲げ、インターネットによる技術・ビジネス・社会の変革を伝える業界定番の年鑑。21年目を迎える2017年版は36人の専門家が寄稿。LPWAと5Gという、2つの通信のイノベーションや、AI、ブロックチェーン、VR、コネクテッドカーやドローンなど、最新のテクノロジーの現在を解説。また、ビジネス動向で、新技術が影響をもたらす分野や、広告・放送など既存のメディア業界の取り組み、シェアリングエコノミーの今後についてもレポート。さらに社会動向では「官民データ活用」や「プログラミング教育」「災害支援」など今後の社会におけるインターネットの役割をこの1年の取り組みから展望します。新しい産業と社会のイノベーションは、インターネットから始まります!

書籍紹介

掲載記事

[連載]IoT、ブロックチェーン・・・キーワードで読み解く2017年のインターネット

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧