大地主衰退の要因 なぜ有効な相続対策が実施されないのか?

今回は、大地主が衰退している要因のひとつについて見ていきます。※本連載では、株式会社鹿谷総合研究所の代表取締役で、公認会計士・税理士でもある鹿谷哲也氏の著書『繁栄する大地主 衰退する大地主 節税プランの良し悪しと決断力の有無で大きく分かれます』(新評論)の中から一部を抜粋し、大地主が今後も「繁栄」していくための事業承継の進め方を解説していきます。

無駄遣いではない、土地の有効活用のための借入金

私は前述したように相続対策の仕事をやり始めて30年以上になりますが、相談者の多くは長男であるとか娘婿等、実際に財産の管理を行なっている方です。

 

そして、そういった方はほとんどのケースで我々の提案に賛成していただけるのですが、親から反対されることがよくあります。特に借金する提案が入っていると、その可能性が高くなります。

 

昔の人は小さい時から「借金はするな!」と口酸っぱく言われて育って来られたでしょうから仕方がないのかも知れません。

 

もちろん借金したお金を博打に使うとか海外旅行に頻繁に行く、あるいは身分不相応な豪邸を建てるということはあまりお勧めできません。

 

ところが、例えば土地の有効活用としてのアパート建設資金を借入金で調達することは無駄遣いでも何でもありません。相続税対策になりますし、また収入も増えるのです。当然ながら入居者にも喜ばれます。

 

もちろん、土地の所在場所によってはアパート経営は相応しくないということはあるでしょうが、借金してアパート経営をすること自体が悪いということには決してなりません。

 

仮に、その家庭にとっての最善策がアパート経営だとして、それに断固として反対することが果たして正しいのでしょうか?

 

私は前回「借金がイヤで思い切ったことができない」で「借金すれば生きている心地がしない人もいる」という話をしました。

 

したがって必ずしも強制するわけではありませんが、相続人となる方が立派な方で、是非アパート経営をやりたいということであれば賛成してほしいというのが本音です。

 

たとえ借金するのが親であったとしても最終的に返済するのは子供です。また実際に相続税を払うのも子供なのです。

 

もしアパート経営が失敗したとしても決して親を怨むことはないでしょう。むしろ計画に反対して実行できなかった時のほうが怨まれる可能性が高いと言えます。

 

なお、これとは反対に子供が反対しているのに親が勝手に多額の借金をしてガンガン賃貸物件を建てるということがあるようですが、これはいただけません。

 

上述したように借金の返済をするのは子供です。にもかかわらず子供の意見を無視して実行しますと家庭崩壊の可能性が極めて高くなります。

適任な後継者がいなければ不動産の売却も検討

資産を承継していくためには当然ながら後継者が必要となります。ところが残念ながら子供に恵まれないとか、子供はいても不動産経営に全く興味がないこともありますし、後継者には相応しくないということもあります。

 

そのような場合には養子を貰うとか、娘婿を後継者にすることもあります。なお、どうしても適任者がいないようであれば不動産を全て売却することも考慮に入れる必要があるでしょう。

 

以上、「衰退」する大地主となる原因について解説してきましたが、ここで再度まとめておきます。

 

<「衰退」する大地主となる原因>

個人では対処が難しいマクロ経済とか国政に起因するもの

①バブルの発生・崩壊

②少子・高齢化の波

 

あまりにも過酷な不動産オーナーの税金に起因するもの

①時の経過と共に増えていく所得税と相続税

②各種の節税封じ

 

マンションの寿命と人間の世代間隔のズレに起因するもの

 

不動産オーナー個人に起因するもの

①財産を平等に分けた

②借金がイヤで思い切ったことができない

③親が相続対策に反対する

④後継者がいない

本連載は、2017年2月25日刊行の書籍『繁栄する大地主 衰退する大地主 節税プランの良し悪しと決断力の有無で大きく分かれます』から抜粋したものです。その後の法律、税制改正等、最新の内容には対応していない場合もございますので、あらかじめご了承ください。

「事業承継」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

「国内不動産」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

連載大地主として末永く繁栄するための「事業承継」の進め方

株式会社鹿谷総合研究所 代表取締役
公認会計士鹿谷会計事務所 所長 公認会計士・税理士

1952年香川県生まれ。1976年慶應義塾大学商学部卒業。1979年公認会計士試験合格と同時にプライス・ウォーターハウス会計事務所に入所、監査に従事。1982年公認会計士辻会計事務所において、税務・商事法務の実務に携わる。1984年新日本証券調査センター経営研究所において、各種講演、相続・事業承継対策、資産運用、上場支援等を手がける。1987年(株)鹿谷総合研究所を設立。

著者紹介

繁栄する大地主 衰退する大地主 節税プランの良し悪しと 決断力の有無で大きく分かれます

繁栄する大地主 衰退する大地主 節税プランの良し悪しと 決断力の有無で大きく分かれます

鹿谷 哲也

新評論

大地主さん向け相続・事業承継対策、一挙公開! 次世代への事業承継から家族信託による認知症対策、土地活用、不動産投資、法人化対策、共有・貸地問題、税務調査対策まで事例を交えて詳しく紹介。オーナーのみならず、関係者…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧