運用商品の「配分変更」と「スイッチング」の違い

今回は、運用商品の「配分変更」と「スイッチング」の違いなどを説明します。※本連載では、証券アナリスト/AFPの頼藤太希氏、CFP/DCプランナーの高山一恵氏の共著『金融機関が教えたがらない 年利20%の最強マネー術』(河出書房新社)の中から一部を抜粋し、確定拠出年金の手続きや制度の疑問など、制度を理解して活用するための基本をQ&A形式で分かりやすく解説します。

運用商品を変更する方法のひとつ「スイッチング」

Q.「スイッチング」とは何ですか?

 

A.現在保有している運用商品を売却、または解約して、他の運用商品に買い換えることです。

 

運用商品を変更する方法のひとつに「スイッチング」があります。保有している運用商品の一部または全部を売却もしくは解約し、戻ってきた代金で他の商品を購入することをいいます。

 

スイッチングは、運営管理機関のホームページ上やコールセンターを通じて指示することでおこないます。運営管理機関には「3か月に1回以上スイッチングができるように」と法律で定められていますが、回数の上限については確認するようにしましょう。

 

スイッチングは「売却または解約したい商品」と「購入したい商品」をセットで申し込む必要があります。

 

その流れは、まず「売却または解約したい商品」の売却または解約がおこなわれ、戻ってきた代金の受け渡しが完了したのちに、「購入したい商品」の購入がおこなわれます。そして、購入した運用商品の受け渡しをもって手続きは完了します。また、対象となる商品の組み合わせや申込日時によって、かかる日数は変わってきます。

「配分変更」との混同に注意

スイッチングの手続き自体に手数料はかかりませんが、運用商品によって、購入時、そして売却または解約時に手数料がかかる場合があります。具体的には、投資信託の場合は「信託財産留保額」、保険商品の場合は「解約控除」が差し引かれます。

 

また、毎月の拠出金で買い付ける運用商品の比率を変更することを「配分変更」といいますが、この「配分変更」と「スイッチング」を混同している人が多いので、下に違いをまとめておきます。

 

【図表】 配分変更とスイッチングの違い

本連載は、2015年12月5日刊行の書籍『金融機関が教えたがらない年利20%の最強マネー術』から抜粋したものです。その後の税制改正等、最新の内容には対応していない可能性もございますので、あらかじめご了承ください。

日本証券アナリスト協会検定会員(CMA)。ファイナンシャル・プランナー(AFP)。宅地建物取引士。千葉県出身。慶應義塾大学経済学部卒業後、アメリカンファミリー生命保険会社資産運用リスク管理部で金融工学を駆使したリスク管理業務に従事。2015年に株式会社Money&Youを創業し、代表取締役社長に就任。“一生涯のお金の相談パートナー”が見つかる女性向けメディア「FP Cafe」を運営。メディアなどで投資に関するコラム執筆、書籍の監修、講演など日本人のマネーリテラシー向上に努めている。

株式会社Money&You
http://moneyandyou.jp/

FP Cafe
https://fpcafe.jp/

著者紹介

ファイナンシャル・プランナー(CFP)。DC(確定拠出年金)プランナー。東京都出身。慶應義塾大学文学部卒業。2005年に女性向けFPオフィス、株式会社エフピーウーマンを創業。10年間取締役を務めた後、株式会社Money&Youの取締役に就任。全国での講演活動をはじめ、執筆・マネー相談など、女性の人生に不可欠なお金の知識を伝えている。

株式会社Money&You
http://moneyandyou.jp/

FP Cafe
https://fpcafe.jp/

著者紹介

連載有利に資産運用できる「確定拠出年金」のQ&A

金融機関が教えたがらない 年利20%の最強マネー術

金融機関が教えたがらない 年利20%の最強マネー術

頼藤 太希 高山 一恵

河出書房新社

課税所得が300万円以上の人なら、実質「年利20%での資産運用」ができる―。国の年金制度の限界が指摘されるいま、老後資金の確保にもっとも有利な「確定拠出年金」の賢い運用術をやさしく解説。知れば、将来の“お金の不安”が…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧