株式投資における「損失リスク」とどう向き合うか?

今回は、株式投資における「損失リスク」とどう向き合うかを見ていきます。※本連載は、一般社団法人円流塾の代表理事で、ファイナンシャルプランナーの吹田朝子氏と、テクニカルアナリストの石川紀子氏による共著、『お金オンチの私が株式投資を楽しめるようになった理由』(C&R研究所)の中から一部を抜粋し、投資本来の役割や歴史、お金との上手な付き合い方をストーリー仕立てで紹介します。

予測ができないからこそ面白い「株式投資」

前回の記事では、「損失の嫌悪」「塩漬け株」という言葉が出てきました。

 

「損失の嫌悪」というのは、人間の心理や選好と経済合理的な行動について研究する行動経済学の用語で、これらは、2002年に心理学者、行動経済学者であるダニエル・カーネマン(Daniel Kahneman)のノーベル経済学賞の受賞をきっかけに注目されてきました。

 

『人々は、現実に今損するか得するかを重要視する傾向が高い。だから不必要に損失を恐れる傾向にある。もちろん損失を重視することで、利益を無駄に追いかけすぎるよりは得になるかもしれない。しかし損失に対して過敏になりすぎると好機そのものまで見失ってしまう』(「人はなぜお金で失敗するのか」G・ベルスキー&T・ギロヴィッチ著、鬼澤忍訳、日経ビジネス文庫)

 

という言葉にもみられるように、私たちは、損を嫌がる習性があるようです。まさに、得する喜びよりも失う痛みのほうを強く感じてしまうからかもしれません。

 

でも、古くからのことわざに「損して徳(得)とれ」という言葉もあります。損に関しては、「損して利を見よ」「損せぬ人に儲けなし」「損は儲けの始め」「一文惜しみの百知らず」などもあり、日本人には、目先の損ではなく、もう少し長い目で、全体的に見ようという教えがあるのだと思います。

 

損が好きな人はいないでしょうが、すべて「100%確定」している世界、予測できないことがない世界というのは、私たちが生きる世界としてどうなのでしょうか?

 

私たちはこの世界、この時代に命を授かって、おそらく何かを学び体験、会得しながら人生を謳歌していく生き物だと思います。

 

そう思うと、損やリスク、不確定要素がまったくない中で暮らすことを求めていくことに疑問が生じないでしょうか? むしろ、損やリスク、不確定要素とどれだけ付き合っていくのかを自分で学び、自分を信じる信念を持ち続けることに意味があるのではないでしょうか?

 

株式会社は400年以上前の東インド会社に始まって今に至ります。株式会社は経営組織の姿ですから、当然、栄枯盛衰があります。

 

でも、見えないリスクを自分なりに抱え、何かに打ち込んできた成果が、伝統や文化、技術を育み1つの理念となって、今に引き継がれています。その一部だけをみて、損か得かを計って株を売買し、損をした経験を愚痴のように引きずってしまうのは、あなたの目にはどんな姿に映りますか?

「100%確実」はあり得ないことを念頭に置く

行動経済学では、他にも、「つぎこんだ費用をめぐる誤り」や「錨おろし(アンカリング)」が私たちの行動に影響を及ぼしていることを指摘しています。

 

つぎこんだ費用については、自分がお金を出して入手したり、今までかけてきた費用が多いことには執着度が高い傾向が見られること、また、錨おろし(アンカリング)は、最初の印象や目先の情報がその後の行動の基準になってしまうほど影響を及ぼすことを指し、それを克服することの難しさも言われています。

 

ですから、株の投資に際しては、「100%確実」はあり得ない世界として付き合うこと、自分のメンタルと向き合っていくことが大事ということは忘れないでください。自分らしい投資を楽しめるようになってきた人の多くは、自分の感情とリスクや不確定要素、損失と付き合っていくルールを身に付けようと心掛けています。

 

そして、このように口をそろえて言います。「違うと思ったら潔く損を受け入れ、過去を引きずることなく、近い将来の価値あることへお金を回していくと、自然と成果が出てくるようになった」と。

 

あなたも、その醍醐味を得られるように、杏奈さんとともに投資の極意を習得していきましょう。

「資産運用」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

「株式投資」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

連載お金オンチでも楽しめる「株式投資」

一般社団法人円流塾 代表理事
お金のメンタリスト 

1989年一橋大学商学部卒業後、生保会社で企画・調査、予算管理部門を経て1994年よりFPとして独立。3300件以上のお金の相談を通じて、本人の在り方を活かす「美しいお金との付き合い方」を伝授している。「愛あるお金さんの循環ゲーム」、円流塾などを主催。1級ファイナンシャルプランニング技能士,CFP®

■円流塾:http://yenstream.or.jp/
■メール講座:http://www.reservestock.jp/page/step_mails/3723

著者紹介

国際テクニカルアナリスト連盟認定テクニカルアナリスト(CFTe®)
2級ファイナンシャルプランニング技能士  

日本大学芸術学部文芸学科卒業。
1998年投資顧問会社入社。2000年より投資顧問会社の株式情報サイトにて、株式投資講座、市況概況、個別銘柄解説など記事執筆。2015年よりフリー。投資については単に「儲かる・損する」という見方ではなく、生活に根付いたファイナンシャルプランニング面からの位置付け、取り組みなどをテーマとしている。

■誰でも始められる株式投資「株のステップ」:http://kabu-step.com/

著者紹介

お金オンチの私が株式投資を 楽しめるようになった理由

お金オンチの私が株式投資を 楽しめるようになった理由

吹田朝子、石川紀子

C&R研究所

本書は、株式投資に対して「株って怖いもの?」「ギャンブルなの?」などと漠然とマイナスのイメージを持っていて、投資を始められない初心者のために、投資本来の役割や歴史、お金との上手な付き合い方をやさしく丁寧に解説し…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧