株を「売却するタイミング」の見極め方

今回は、株を「売却するタイミング」を判断する方法を見ていきます。※本連載は、一般社団法人円流塾の代表理事で、ファイナンシャルプランナーの吹田朝子氏と、テクニカルアナリストの石川紀子氏による共著、『お金オンチの私が株式投資を楽しめるようになった理由』(C&R研究所)の中から一部を抜粋し、投資本来の役割や歴史、お金との上手な付き合い方をストーリー仕立てで紹介します。

損失を嫌悪して、売りのタイミングを逃すことも

「そうそう、クイズをしよう」と大輔さんが車を運転しながら、智恵と私に問題を出してきた。

 

「えー?」「何なに?」「答えられるかなぁ」私たちはまるで小学生のように大騒ぎ。

 

「あなたはA社、B社、2つの会社の株を買って保有しています。A社は、今売ったら100万円の利益が出ます。B社は、今売ったら100万円の損失が出ます。あなただったら、どちらを売りますか?」

 

「えー、やっぱりA社じゃないの?」と智恵。

 

「うん、私もA社を売ると思う」

 

大輔さんは、やっぱりという顔をして、

 

「確かに、A社の株を売ると答える人のほうが多いんだ。これがよくある思考なんだろうね。でも、A社の利益を先に確定してしまって、一方で、B社はどんどん株価が下がって損失が膨らんじゃったというケースなど、ほんとによくあるんだ」

 

私は大輔さんの話を聞きながら、母が言っていた和夫おじさんの話を思い出した。

 

赤信号で車が止まったときに、私は大輔さんに思い切って聞いてみた。

 

「そういえば、株が塩漬けになっているとかって聞いたことがあるんですが、損が膨らんじゃって、売る勇気がないことからくるんですか?」

 

「その通り。買った会社の株価がどんどん下がってしまったとき、それを売ったら損失が確定するよね。でも、その損失を確定させるのが嫌で、『含み損』という形のまま株を持ち続けることを、塩漬けにするって言うんだよ」

 

大輔さんは続ける。

 

「これが僕たち人間の厄介な部分でね。実際の人間の心理や選び方、行動と結果に注目した行動経済学では、これらを『損失の嫌悪』と言うんだよ」

 

「損失の嫌悪? 損を嫌がること?」確かにわかるわかると私はうなずいた。もしかしたら、母親が「そんなのギャンブル!」と言ったのも、損が嫌だからなんだろうなと思った。

株を買う前に、売却する値段をイメージしておく

「でも、実際の取引の中で、僕だったら、今のクイズの情報だけでは、A社とB社のどちらを売るかどうかは判断しないな」

 

青信号になって車が加速してから、大輔さんは言った。

 

「ずるい!」と智恵が言った。

 

私も一瞬、やられたという感覚になったけど、すぐに、そっかと腑に落ちた。

 

この間、ネットで検索をした際に、「株で儲ける」という記事が多かったのを思い出したからだ。儲かるというのは利益を出すこと。そこで、株価が上がった下がったという情報だけを見ていると、このクイズみたいな視点に陥ってしまうのかと思った。これでは売るときも買うときも、そのときの状況でドキドキして終わってしまいそうだ。

 

「じゃ、どう判断するの?」と智恵が聞いた。

 

「どう思う?」と大輔さんはフロントミラーを通して私のほうを見る。ドキッとする。

 

「えっと、株価だけでないとしたら・・・。なぜ上がったり下がったりしているのか、その会社のことをもっと調べてから?」

 

「ある意味正しいけど、杏奈さんは調べるの好きなの?」と大輔さん。

 

「お金のことや数字は苦手なんですけど、好きなことを調べるのは好きです。あれ? なんか変な答えですね」自分で言って変な文章だなと頭を掻いてしまった。

 

「好きなことを調べられるのなら、投資に向いていると思うよ。僕流に言ってしまうと、まず、株を買うときにある程度調べて、どのくらいで売却するかをイメージしておく。そして、その会社の将来性が感じられて共に歩みたいと思うなら保有し続け、そうでなくなったならば、売却のタイミングを探ったりするんだ」

 

「へぇ、かっこつけちゃってー。でも、会社の将来性を見ているから、お兄ちゃんは就活のときも、いろいろと教えてくれたのね」智恵は、冷やかしながらもお兄ちゃんを尊敬している様子。

 

「ポリシーをもって保有し、そこからずれたら売却しようと思って物事をみておけば、売却のタイミングは自然とわかってくる。世の中や相場が値動きで慌ただしくなっても、それに巻き込まれることが少ないんだよ」

 

大輔さんの冷静さはココから来ているのかと私は思った。

 

一般社団法人円流塾 代表理事
お金のメンタリスト 

1989年一橋大学商学部卒業後、生保会社で企画・調査、予算管理部門を経て1994年よりFPとして独立。3300件以上のお金の相談を通じて、本人の在り方を活かす「美しいお金との付き合い方」を伝授している。「愛あるお金さんの循環ゲーム」、円流塾などを主催。1級ファイナンシャルプランニング技能士,CFP®

■円流塾:http://yenstream.or.jp/
■メール講座:http://www.reservestock.jp/page/step_mails/3723

著者紹介

国際テクニカルアナリスト連盟認定テクニカルアナリスト(CFTe®)
2級ファイナンシャルプランニング技能士  

日本大学芸術学部文芸学科卒業。
1998年投資顧問会社入社。2000年より投資顧問会社の株式情報サイトにて、株式投資講座、市況概況、個別銘柄解説など記事執筆。2015年よりフリー。投資については単に「儲かる・損する」という見方ではなく、生活に根付いたファイナンシャルプランニング面からの位置付け、取り組みなどをテーマとしている。

■誰でも始められる株式投資「株のステップ」:http://kabu-step.com/

著者紹介

連載お金オンチでも楽しめる「株式投資」

お金オンチの私が株式投資を 楽しめるようになった理由

お金オンチの私が株式投資を 楽しめるようになった理由

吹田朝子、石川紀子

C&R研究所

本書は、株式投資に対して「株って怖いもの?」「ギャンブルなの?」などと漠然とマイナスのイメージを持っていて、投資を始められない初心者のために、投資本来の役割や歴史、お金との上手な付き合い方をやさしく丁寧に解説し…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧