「株式投資」と「ギャンブル」の決定的な違いとは何か?

今回は、「株式投資」と「ギャンブル」は、具体的に何が違うのかを見ていきます。※本連載は、一般社団法人円流塾の代表理事で、ファイナンシャルプランナーの吹田朝子氏と、テクニカルアナリストの石川紀子氏による共著、『お金オンチの私が株式投資を楽しめるようになった理由』(C&R研究所)の中から一部を抜粋し、投資本来の役割や歴史、お金との上手な付き合い方をストーリー仕立てで紹介します。

株式投資は「ゼロサムゲーム」ではない

杏奈さんのように、投資をしようとすると、家族や身近な人から「危ないからやめなさい」と言われることも多いのではないでしょうか? 実際、今までの経済の動きの中で、バブル崩壊やリーマンショックなどで、株式投資をしても損をしたという経験を持つ人はたくさんいます。

 

ここでは損をするか得をするかという視点ではなく、株式投資とは何なのか、株がどんな役割を持っているのかという視点から整理してみましょう。

 

本来、株式投資はギャンブルとは違います。ギャンブルは、いわゆる賭け事で、負けた人のお金が勝った人の懐に入ることが多いです。競馬や競輪などをイメージするとわかりやすいですが、何割または何%かの人が勝った、当たったとすると、それに参加して負けたり外れたりした分のお金が、勝者や当選者の取り分に回るという仕組みです。

 

これは、参加者の得点と失点の合計(サム)がゼロになるという意味で、経済学におけるゲーム理論から「ゼロサムゲーム」と言われています。

 

それに対して、株式投資は、会社が発行する株を購入して株主になり、経営に参加することで配当を得たり、途中で株を売却することで、株価の値動きから利益(場合によっては損失)を実現したりすることを言います。

 

株は、会社が経営に必要なお金を集めるために投資家から出資を募るものです。それによって、集まったお金をもとに、会社は人や設備などを準備して事業を進めることができます。その会社が提供する商品やサービスが売れて業績が上がり、決算で利益が出れば、その中から株主へ配当がなされて、みんなで経営の成果をシェアすることができるのです。

 

株式投資は、会社の価値が高まることで、「プラスサムゲーム」になる可能性もあるという点で、「ゼロサムゲーム」というギャンブルとは大きな違いがあります。

 

会社のやっていることが社会の中で認められ、評価されてくると、当然、この会社へもっとお金を出したい、出資したいという人が増えてきます。その結果、その会社の株を買うというオファーも増えてくるので、需要と供給の関係から、会社の株価も上昇するでしょう。その会社が生み出す付加価値が、株価に反映されていくとも言えます。

 

ただし、一方でその逆もあり、世の中の環境変化に適応できなかったり、会社が不祥事を起こして世間の信頼を裏切るようなことがあったり、業績が落ちたりするとどうでしょうか?

 

当然、会社の財政も厳しくなり、株主へ配当をする余裕もなくなってくるでしょう。それと同時に会社に対する魅力が落ちて、株を売りたい人が増え、株価も下がる傾向が強くなります。

 

株価は、約束された固定されたものではなく、会社の価値に対する投資家全体からの評価が映し出されたものと言えるでしょう。

「目的」も「仕組み」も違う株式投資とギャンブル

杏奈さんのように「英語で言うなら何か?」を調べるのも、本来の意味の違いを確認するのにとても役立つ方法です。

 

株は、「share」とか「stock」と表現されますが、「share」は、経営の成果を投資家が共有できるという意味から、一方、「stock」は会社側にとって投資されたお金を蓄積して使えるという意味があります。

 

ギャンブル、博打は、英語でも「gamble」で、やはり目的も仕組みも違うことがわかっていただけたでしょうか?

 

とはいえ、「ギャンブルではない、株主は会社の経営者の1人なんだ」と頭ではわかっていながらも、博打のように株価の値上がり値下がりだけに目を付けて株式投資をやっている人も意外と多いようです。これから上がるだろうと期待して株を購入し、期待通りいかずに株価が下がってしまったことを悔いる人も本当にたくさんいます。

 

単なる予想や期待で株を買ってしまったり、世の中の情報に振り回されてしまわないように上手に付き合っていくことが何より大事なのです。株式投資を通じて、自分と社会経済がつながって、自分らしく味わい楽しんで人生を過ごせるような投資の考え方や行動の仕方を、一緒に学んでいきましょう。

一般社団法人円流塾 代表理事
お金のメンタリスト 

1989年一橋大学商学部卒業後、生保会社で企画・調査、予算管理部門を経て1994年よりFPとして独立。3300件以上のお金の相談を通じて、本人の在り方を活かす「美しいお金との付き合い方」を伝授している。「愛あるお金さんの循環ゲーム」、円流塾などを主催。1級ファイナンシャルプランニング技能士,CFP®

■円流塾:http://yenstream.or.jp/
■メール講座:http://www.reservestock.jp/page/step_mails/3723

著者紹介

国際テクニカルアナリスト連盟認定テクニカルアナリスト(CFTe®)
2級ファイナンシャルプランニング技能士  

日本大学芸術学部文芸学科卒業。
1998年投資顧問会社入社。2000年より投資顧問会社の株式情報サイトにて、株式投資講座、市況概況、個別銘柄解説など記事執筆。2015年よりフリー。投資については単に「儲かる・損する」という見方ではなく、生活に根付いたファイナンシャルプランニング面からの位置付け、取り組みなどをテーマとしている。

■誰でも始められる株式投資「株のステップ」:http://kabu-step.com/

著者紹介

連載お金オンチでも楽しめる「株式投資」

お金オンチの私が株式投資を 楽しめるようになった理由

お金オンチの私が株式投資を 楽しめるようになった理由

吹田朝子、石川紀子

C&R研究所

本書は、株式投資に対して「株って怖いもの?」「ギャンブルなの?」などと漠然とマイナスのイメージを持っていて、投資を始められない初心者のために、投資本来の役割や歴史、お金との上手な付き合い方をやさしく丁寧に解説し…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧