幸せなお金持ちが持つ「金の卵を産むニワトリ」とは?

今回は、幸せなお金持ちが持つ「金の卵を産むニワトリ」とは具体的に何かを見ていきましょう。※本連載は、銀行の元支店長で現在は実業家として活躍する菅井敏之氏の著書『金の卵を産むニワトリを持ちなさい』(アスコム)の中から一部を抜粋し、幸せなお金持ちになる鍵を握る「金の卵を産むニワトリ」とはどのようなものかを説明します。

「金の卵を産むニワトリ」=アパート!?

筆者がリストに書き出した10人の中には、資産が数億円以上ある人もいましたが、だいたいは2億~3億円くらい。年収も2000万~3000万円くらいでした。それだけあれば十分といえるかもしれませんが、外資系企業の役員やトップクラスのお金持ちと比べれば、飛びぬけて年収が高いわけではありません。

 

しかしその10人にはある共通点がありました。彼らは全員、金の卵を産んでくれる何らかのニワトリを持っていたのです

 

その内訳は、次のとおりです。

 

●上場会社の社長・・・1人

●内科医院の院長・・・1人

●アパート(貸しビルを含む)・・・8人

 

最初の2人は、上場会社社長夫人と内科医院の院長夫人でした。彼女たちが持っていた「金の卵を産むニワトリ」は、だんなさんです。つまり、たくさん稼ぐ人と結婚したわけで、男の私には、あまり参考になりません。

 

そうか、と私が改めて思ったのは、その2人を除く8人全員が、アパートや貸しビルのオーナーだったことです。つまり、私がうらやましい生き方だなと思った人の8割が、金の卵を産む「アパート」というニワトリを持っていたのです。

 

そのニワトリは持ち主に、大きな「経済的な自由」だけでなく、大きな「時間的な自由」をもたらしていました。みんな余裕やゆとりがあって、せこせこしたり、あくせくしたり、切羽詰まっているという感じがまったくなかったのです。

 

たとえ年収が高くても、いつもそわそわ何かを気にして働きづめの人がいます。それに比べ、ゆったりとした10人の生き方を、私は心の底から「いいなあ」と思いました。

意外にも、最初から土地を持っていた人は少ない

さらに私が目を開かされたのは、8人のうち、最初から土地を持っていたのは4人だけで、残りの4人は、そうではなかったことでした。

 

土地を持っていた4人はもともと農家の人でした。しかし本人や親の世代に農業をやめており、その空いた土地を見て、建築メーカーなどの営業マンが「アパートを建てませんか?」という話を持ってきたのです。

 

これは、わかります。いつでもお金に換えられる土地という資産は、大きな金の卵のようなもの。それを受け継ぎ、土地を担保にしてアパートを建てたわけです。

 

ところが、私が素敵な生き方をしているなと思ったアパート・オーナーの半数は、自分の土地がなかったのに、アパートを持つことができた人たちだったのです。では、彼らはなぜ、どのようにして、アパートというニワトリを手に入れたのでしょう。

 

この話は次回に続きます。

 

<ポイント>

経済的にも時間的にも余裕のあるお金持ちの多くは、家賃収入をもたらしてくれるアパートを持っている。

実業家

1960年山形生まれ。1983年、学習院大学卒業後、三井銀行(現・三井住友銀行)に入行。 個人・法人取引、およびプロジェクトファイナンス事業に従事する。2003年には金沢八景支店長(横浜)に、2005年には中野支店長(東京)に就任。 48才のときに銀行を退職。
その後、起業し、アパート経営に力を入れる。 6棟のオーナーとして、年間7,000万円の不動産収入がある。 また、2012年には東京の田園調布に『SUGER COFFEE』をオープンし、人気のカフェとなった。
著書『お金が貯まるのは、どっち!?』(アスコム)は40万部を突破し、2015年オリコンランキングビジネス書部門第1位を獲得。

著者紹介

連載お金にまつわる不安を軽くする 「金の卵を産むニワトリ」とは?

金の卵を産むニワトリを持ちなさい

金の卵を産むニワトリを持ちなさい

菅井 敏之

アスコム

あなたは、「今より年収が上がれば」、「貯金が増えれば」、お金の悩みや、不安がなくなると思っていませんか? 実は、それは間違いです。いくら貯金を持っていても、お金の不安が解消することはありません。 私が銀行支店長時…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧