「収入付き不動産」が人生の窮地を救った事例

前回に引き続き、「収入付き不動産」で安泰な生活を送っている人々の事例を紹介します。※本連載は、銀行の元支店長で現在は実業家として活躍する菅井敏之氏の著書『金の卵を産むニワトリを持ちなさい』(アスコム)の中から一部を抜粋し、幸せなお金持ちになる鍵を握る「金の卵を産むニワトリ」とはどのようなものかを説明します。

経営拡大をせず、アパートを購入したことが幸いした

前回に引き続き、「収入付き不動産」で安泰な生活を送っている人々の事例を紹介します。

 

3人目は、筆者と同じ、東北出身の男性です。会ったときは75歳くらいでした。この人は集団就職で上京し、横浜のラーメン屋に住み込みで働きはじめました。やがて店を1軒任されることになり、ラーメンとジュースのセット販売を開始したところ、客が長蛇の列をなしたといいます。

 

店が大繁盛し、お金もたまると、ラーメン屋の主人や周囲の人たちは「店をもう1軒持て」と強く勧めました。ところがこの人は「俺にそんな経営能力はない」と言って、貯金と銀行から借りたお金でアパートを持ったのです。

 

これが大正解でした。ラーメン屋を拡大せず、本業とは別にアパートを持ったことが、人生を変えたのです。彼は、やがてアパートを3棟に増やし、ラーメン屋は引退しました。私と会ったころは時間があり余っており、毎日と言っていいほど銀行に顔を出して世間話をしていました。

 

たぶんラーメン屋を2軒にしたほうが、その後数年間の収入は多かったでしょう。しかし、20年、30年後の安定した収入は得られなかったと思います。

本業で持ち逃げされても、アパート経営が救いに

4人目は、元麻雀荘オーナーの女性です。麻雀荘を経営していた彼女は、あるとき、信じていた従業員に有り金すべてを持ち逃げされてしまいました。その窮地を救ってくれたのがアパートです。麻雀荘が順調なとき、アパートを1棟買い、ずっと持っていたことが幸いしました。

 

やがて、アパート3棟を手に入れた彼女は、麻雀荘をやめました。フランスが大好きで、日本とパリを行ったり来たりしており、1年の半分はパリで暮らしています。

 

いまの時代、たとえ大企業勤めのサラリーマンでも、ずっと安泰であるとは言いきれません。会社が倒産したり、リストラされたりする可能性があるからです。そこまでいかなくても、経営不振で給料やボーナスが激減し、生活設計が狂ってしまう人はたくさんいるでしょう。

 

本業の収入だけに頼る「一本道の生き方」をしている限り、そうしたリスクを100%避けることはできませんが、本業と別に「金の卵を産むニワトリ」を持てば、状況は大きく変わるのです。

実業家

1960年山形生まれ。1983年、学習院大学卒業後、三井銀行(現・三井住友銀行)に入行。 個人・法人取引、およびプロジェクトファイナンス事業に従事する。2003年には金沢八景支店長(横浜)に、2005年には中野支店長(東京)に就任。 48才のときに銀行を退職。
その後、起業し、アパート経営に力を入れる。 6棟のオーナーとして、年間7,000万円の不動産収入がある。 また、2012年には東京の田園調布に『SUGER COFFEE』をオープンし、人気のカフェとなった。
著書『お金が貯まるのは、どっち!?』(アスコム)は40万部を突破し、2015年オリコンランキングビジネス書部門第1位を獲得。

著者紹介

連載お金にまつわる不安を軽くする 「金の卵を産むニワトリ」とは?

金の卵を産むニワトリを持ちなさい

金の卵を産むニワトリを持ちなさい

菅井 敏之

アスコム

あなたは、「今より年収が上がれば」、「貯金が増えれば」、お金の悩みや、不安がなくなると思っていませんか? 実は、それは間違いです。いくら貯金を持っていても、お金の不安が解消することはありません。 私が銀行支店長時…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧