その他 ドクター向け
連載院長必読!歯科医院の節税と税務調査対策【第1回】

歯科医院の「資金繰り」が苦しくなる理由

新連載歯科医院節税

歯科医院の「資金繰り」が苦しくなる理由

本連載は、中央税務会計事務所の税理士・中島由雅氏と、株式会社アックスコンサルティングの代表取締役・広瀬元義氏の共著『これ1冊で安心 歯科医院経営のすべてがわかる本』(あさ出版)の中から一部を抜粋し、歯科医院の節税、税務調査対策について解説します。

資金繰りの基本は、あくまで「入金>出金」

毎月の収入が90万円、経費が75万円、利益が15万円の歯科医院があります。2年がんばって360万円を貯めたので、院長はその資金で、300万円の医療機器を購入することにしました。現在使用している機器はだいぶ老朽化していて、その投資はその医院のコンセプトにも沿っているものです。

 

しかしそれを聞いた税理士に、止められてしまいました。なぜでしょう。

 

歯科医院であれ飲食店であれ、経営を安定させるためには、鉄則があります。毎月入ってくるお金の方が、毎月出て行くお金よりも多いこと。つまり、入金>出金です。当たり前のことのように思えるかもしれませんが、資金繰りが上手くいかず、経営が不安定になるほとんどの原因が、この法則を守れないことにあります。

 

その理由は、主に2つあります。

 

1つは、多くの院長が、預金通帳の残高を見てお金のある・なしを判断してしまうこと。もう1つは、歯科医院では実際のお金の流れと、会計上のお金の流れが異なることです。

 

たとえば、実際にお金を支払っていなくとも、減価償却費などは毎月経費に計上されています。逆に、借金の返済については、利息は計上されても借入元本の返済額は計上されません。

 

また、社会保険診療報酬の7割分のお金が医院に入ってくるのは2カ月後になるため、その月にたくさんの患者が来て「今月は収入が多い」と感じても、それを実感できるのは2カ月後なのです。さらに、2カ月前の患者数が少なかったら、その月に入るお金も少なくなります。

 

このように損益計算書と実際のお金の流れには大きなギャップがあること、そのためキャッシュフロー経営で現金の流れを掴む必要があることを、書籍『これ1冊で安心 歯科医院経営のすべてがわかる本』CHAPTER2で説明しました。ただし、資金繰りの基本はあくまで入金>出金です。

手持ちの資金を減らさずに「必要な投資」をするには・・・

とはいえ、長く歯科医院を経営していれば、古い設備を新しくしたり、診療所の改修などが必要になってきたりします。そのとき、手持ちの資金を減らさずに投資をするためには、どうしたらいいのか。

 

銀行などから、必要なお金を調達するのです。たとえば300万円のお金を借りてくれば、入金が390万円(借入金300万円+収入90万円)、出金が375万円(設備300万円+経費75万円)となります。つまり、入金(390万円)>出金(375万円)これで、その月は黒字になります。

 

もちろん、借りたお金は毎月返済していきます。その際も、毎月の儲け15万円がゼロにならない範囲で返していきます。つねに、入金が出金を上回る状態。そして納税分・再投資分を貯蓄していくのです。これが維持できれば、医院の経営資金が枯渇することはありません。

本連載は、2015年7月1日刊行の書籍『これ1冊で安心 歯科医院経営のすべてがわかる本』から抜粋したものです。その後の税制改正等、最新の内容には対応していない可能性もございますので、あらかじめご了承ください。

中島 由雅

中央税務会計事務所 所長補佐 税理士・CFP®

1974年埼玉県生まれ。埼玉県さいたま市の税理士事務所「中央税務会計事務所」2代目、職員数80名超クライアント数600件超、税務署出身者(法人・資産税)多数在籍のもと、個人事業から大法人まで様々な業種を関与。なかでもクリニックに特化し、医療法・診療報酬改定の助言、開業支援、医療法人化等も行っている。また、セミナー講師として商工会議所を中心に全国各地で積極的に行っている。親身な姿勢と専門用語を一切使わない手法がわかりやすいと好評を得ている。

歯科医院を応援する会計事務所の会会員。

その他著書に『なぜ名刺交換しても仕事につながらないのか?』(同友館・共著)、『税理士のための医業顧客獲得法』(中央経済社・共著)がある。

著者紹介

広瀬 元義

株式会社アックスコンサルティング 代表取締役

会計事務所のマーケティングの第一人者として会計事務所の経営支援に25年以上携わる。AAM(米国会計事務所マーケティング協会)の正式メンバーとして最新情報を入手し、日本の会計事務所業界の発展に貢献している。
会計事務所および経営者向けセミナーの講演は年間50回以上。これまでに出版した著書40冊の累計発行部数は40万部を超える。

著者紹介

連載院長必読!歯科医院の節税と税務調査対策

これ1冊で安心 歯科医院経営のすべてがわかる本

これ1冊で安心 歯科医院経営のすべてがわかる本

中島 由雅,広瀬 元義

あさ出版

新規開業の方法、アルバイトに高い売上を上げてもらう手立て、決算書の見方から、税務調査対策まで、歯科医院の経営を成功させるため実務に直結する具体的なアドバイスをお伝えします。「コンビ二より激しい」といわれる歯科医…

Special Feature

2016.11

「法人保険」活用バイブル<書籍刊行>

決算対策、相続・事業承継、財産移転・・・企業とオーナー社長のさまざまな課題解決に、絶大な効果を発揮する「法人保険」の活用…

GGO編集部(保険取材班)

[連載]オーナー社長のための「法人保険」活用バイブル~決算対策編

【第19回】保険のための医的診査 結果が「少し悪い」ほうが社長が喜ぶ理由

GTAC(吉永 秀史)

[連載]法人保険を活用した資産移転の節税スキーム

【第15回】「逆ハーフタックスプラン」活用時の留意点

Seminar information

海外不動産セミナーのご案内

「ニューヨーク不動産」投資の最新事情

~世界の投資家が集まるニューヨークでの不動産投資とは?  現地日系の最大手不動産会社の担当者が語るNY不動産活用術

日時 2016年12月07日(水)
講師 川上恵里子

事業投資セミナーのご案内

いま最もアツい再生可能エネルギー「風力発電」投資を学ぶフェア

~2016年度の買取価格は55円。業界の最新事情と専門会社が取り扱う投資案件の実際

日時 2016年12月07日(水)
講師 近藤陽一

不動産活用セミナーのご案内

償却メリットを狙った「京都の町家」投資の魅力

~建物比率5割超&4年で減価償却も可能!独自の不動産マーケットを形成する京町家だから実現する投資法

日時 2016年12月10日(土)
講師 平野準

The Latest