値下がりしている銘柄に投資して利益を得る方法

今回は、値下がりしている銘柄に投資して利益を得る方法を説明します。※本連載は、IFTA国際検定テクニカルアナリストとして活躍する福永博之氏の著書、『ど素人が読める株価チャートの本』(翔泳社)の中から一部を抜粋し、「テクニカル分析」の基礎知識と分析方法を紹介します。

あえて値下がり中の銘柄を買い、株価の「反転」を狙う

今回は、値下がりしている銘柄でも利益が上がる例を紹介します。銘柄はソニーです。今度は少し期間の長いチャートをご覧ください。

 

[図表]ソニー(6758)の月足チャート

 

ソニーは2007年5月に7190円の高値をつけましたが、同年に米国でサブプライムショックが発生したことをきっかけに、2008年9月15日には米大手証券のリーマンブラザーズが破たんし、世界的な株価大暴落が起こりました。

 

東京マーケットではこうした海外市場の下落や景気後退が引き金となって、1988年12月末には3万8957円だった日経平均株価が、2008年10月28日に一時7000円を割り込み、6994円90銭をつける結果となりました。

 

そうしたなか、ソニーのチャートをみますと、2009年2月に一旦安値1491円をつけてから反発に転じているのがわかります。仮にこの値下がり局面で買っていたら、その後の上昇で3645円をつけていますから、約2.4倍になっていた計算になります。

「一時的な反発」と「値上がり局面」の違いを見極める

このような結果が度々紹介されることから、株は値下がりしているときに買って、値上がりを待てばよいという単純な発想が生まれるわけですが、このとき、まだ上がりそうだと、何の根拠もなく株を保有し続けたとしたら、その後の株価はどのようになっているでしょうか?

 

まだ上がると考えて売らなかったあとの実際の株価動向を見ますと、高値をつけたあと下落して一旦反発はするものの高値には届かず、2012年11月に772円をつけるまで下落が続き、この時点では投資額が半分になったことになってしまいました。

 

このように何の根拠も持たずに感覚的な売買を行った場合、下落している途中で買って儲かったように見えても、売却のタイミングを逃してしまうととんでもない損失になってしまうことがお分かりいただけたのではないかと思います。

 

このソニーのケースでは、いわゆる株価のメイントレンド(=大きな方向)がわかっていないため、一時的な反発を、株価が底入れして本格的な値上がり局面に入ったと思ってしまったところに失敗する原因があります。これもトレンド分析を勉強すれば、避けることができる失敗といえるでしょう。

 

特に有名企業の場合、そのネームバリューからこれ以上は下がらないと思いがちなので要注意です。

「株式投資」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

「資産形成」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

連載売り買いのタイミングがズバリわかる「テクニカル分析」の基礎知識

株式会社インベストラスト代表取締役 国際テクニカルアナリスト連盟 国際検定テクニカルアナリスト

勧角証券(現みずほ証券)を経て、DLJdirectSFG証券(現楽天証券)に入社。 同社経済研究所チーフストラテジストを経て、現在、投資教育サイト「itrust アイトラスト」の総監修とセミナー講師を務める。
6月より日本テクニカルアナリスト協会副理事長に就任。
日経CNBC「朝エクスプレス」、ラジオ日経「世界の株価 de 資産運用」、「スマー トトレーダーPLUS」、「ウイークエンド株!」などの番組にレギュラー出演中。 マネー誌やWEBの連載、著書多数。

著者紹介

ど素人が読める 株価チャートの本

ど素人が読める 株価チャートの本

福永 博之

翔泳社

人気アナリストの解説で勝率アップを目指そう! 本書はど素人でも株価チャートがスラスラ分析できるようになるしかけがいっぱいです! チャート分析の手法や指標を数多く羅列するのではなく、初心者が学べばすぐ実践できるも…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!