資産運用 株式投資 資産形成
連載売り買いのタイミングがズバリわかる「テクニカル分析」の基礎知識【第18回】

ローソク足を使った「トレンド分析」で明日の動きを予測

テクニカル分析ローソク足陽線陰線

ローソク足を使った「トレンド分析」で明日の動きを予測

今回は、「ローソク足」を使ったトレンド分析の方法を見ていきます。※本連載は、IFTA国際検定テクニカルアナリストとして活躍する福永博之氏の著書、『ど素人が読める株価チャートの本』(翔泳社)の中から一部を抜粋し、「テクニカル分析」の基礎知識と分析方法を紹介します。

終値が上方向と下方向のどちらを更新したか?

ローソク足を使ったトレンド分析の考え方や見方について解説します。トレンド(株価の方向を知る)の分析方法にはいくつかありますが、その中でもトレンドを知る基礎となるローソク足を使った方法を紹介します。

 

ローソク足を使ってどのようにトレンドを分析すればよいのでしょうか。ヒントは、ローソク足を作っている情報です。そうです。株価や陽線、陰線などを基に考えるのです。たとえば、上昇トレンドとはどういう状態のことを指すのか考えてみてください。

 

上昇トレンドとは、株価の右肩上がりが続いている状態を指すとしましょう。そのとき、ローソク足はどのような形になっていると考えられるでしょうか。また、価格の水準はどうなっているのでしょうか。

 

上昇トレンドといった場合、ローソク足の終値で前日の高値を更新している必要があるはずです。また、ローソク足が陽線を形成していることも必要です。

 

一方で、ローソク足が陰線でも前日の終値を更新していれば、上昇トレンドと考えられますが、ローソク足が陽線を形成していても、前日の終値を上回っていなければ、上昇トレンドとはいえないことになります。さらに、前日の終値を終値で更新している場合、下降トレンドといえます。

 

また、安値を更新すると同時に陽線を形成していることも考えられますが、陰線を形成していても、前日の終値を上回って終えていたならば、下降トレンドではないことになります。

 

このように、前日の終値を上方向に更新したか、あるいは下方向に更新したかどうかを基に短期的なトレンドの判断に活用するのです

陽線や陰線から「見えないトレンド」を読み解く

陽線や陰線が何を意味しているのかを結びつけることによってもトレンドの判断ができます。

 

例えば、前日の終値を上に更新していなくても、前日の終値に近いところで陽線を形成しているのであれば、上昇トレンドが続いていると考えたり、前日の終値を下方向に更新していなくても、陰線を形成している場合、下降トレンドと考えたりするわけです。

 

このようにしてトレンドの定義づけをすることによって、株価が上昇中か下降中かが判断できると同時に、保有株が上昇トレンドと判断できれば、持ち続けて利益を伸ばすことを考えます。逆に下降トレンドと判断されれば、買うのを見送って様子をみることもできるようになります。

 

さらに、株価が前日の終値を上回ったり、下回ったりしているケースでは、株価は横ばいと判断できますし、仮に一定の値幅でそうした値動きが起こっているのであれば、その値幅の下限で買って、上限で売るといった売買戦略を考えることもできるようになります。

 

このようにローソク足が示している情報を基に定義づけすることによって、全く気付かなかったトレンドがみえてくるようになるのです

 

また、このトレンドがみえてくるようになると、翌日の動きが予測できるようになると同時に、予測と異なる動きになった場合も変化の兆しに気づき、売買判断に役立てられるのです。

 

ただ、株価が前日の終値を上方向に更新し続けないこともありますし、逆に下方向に更新し続けないこともあります。また、いったん下落しても再び上昇に転じたり、その逆にいったん上昇しても下落に転じたりすることがあります。このような値動きに遭遇すると惑わされてしまいます。

 

特に下降トレンドのなかで、一度反発するような値動きが発生したときについ買ってしまい、その後値下がりが続く場合があるため注意する必要があります。

 

[図表1]5月は終値で高値を更新し続け、6月には前日の終値を下回る陰線が続いた

 

[図表2]株価は上向きか、下向きか、横ばい(もみ合い、レンジ)かの3パターンしかない

福永 博之

株式会社インベストラスト代表取締役 国際テクニカルアナリスト連盟 国際検定テクニカルアナリスト

勧角証券(現みずほ証券)を経て、DLJdirectSFG証券(現楽天証券)に入社。 同社経済研究所チーフストラテジストを経て、現在、投資教育サイト「itrust アイトラスト」の総監修とセミナー講師を務める。
6月より日本テクニカルアナリスト協会副理事長に就任。
日経CNBC「朝エクスプレス」、ラジオ日経「世界の株価 de 資産運用」、「スマー トトレーダーPLUS」、「ウイークエンド株!」などの番組にレギュラー出演中。 マネー誌やWEBの連載、著書多数。

著者紹介

連載売り買いのタイミングがズバリわかる「テクニカル分析」の基礎知識

ど素人が読める株価チャートの本

ど素人が読める株価チャートの本

福永 博之

翔泳社

人気アナリストの解説で勝率アップを目指そう! 本書はど素人でも株価チャートがスラスラ分析できるようになるしかけがいっぱいです! チャート分析の手法や指標を数多く羅列するのではなく、初心者が学べばすぐ実践できるも…

Special Feature

2016.12

「法人保険」活用バイブル<書籍刊行>

決算対策、相続・事業承継、財産移転・・・企業とオーナー社長のさまざまな課題解決に、絶大な効果を発揮する「法人保険」の活用…

GGO編集部(保険取材班)

[連載]オーナー社長のための「法人保険」活用バイブル~決算対策編

【第19回】保険のための医的診査 結果が「少し悪い」ほうが社長が喜ぶ理由

GTAC(吉永 秀史)

[連載]法人保険を活用した資産移転の節税スキーム

【第15回】「逆ハーフタックスプラン」活用時の留意点

Seminar information

生命保険活用セミナーのご案内

人気書籍の編著者が明かす「相続専用保険」の活用術<ダイジェスト版>

~人気書籍の編著者が明かす「相続専用保険」の活用術<ダイジェスト版>

日時 2016年12月14日(水)
講師 吉永秀史

海外不動産セミナーのご案内

国外財産にかかる相続税・贈与税の最新事情と注目集める「フィリピン永住権」の取得術

~改正議論が進む海外資産税務のポイントと東南アジア屈指の成長国「フィリピン」の最新活用法

日時 2016年12月14日(水)
講師 剱持一雄 鈴木 廣政

生命保険活用セミナーのご案内

人気書籍の編著者が明かす「生命保険」活用の基礎講座

~人気書籍の編著者が明かす「生命保険」活用の基礎講座

日時 2016年12月17日(土)
講師 吉永秀史

The Latest