フィリピンにおける「プレビルド」物件のメリット・デメリット

前回は、日本人投資家が最も購入しやすいフィリピンの物件について説明しました。今回は、日本人投資家に人気の高い「プレビルド」物件について、そのメリット・デメリットを見ていきます。

プレビルドのメリットは「安く買える」に尽きる

投資家に人気のあるプレビルド物件ですが、メリットも多い半面、プレビルドならではの特徴を理解していないと、後にトラブルに発展することもあります。ここでは、メリットとデメリットを検証します。

 

 

■プレビルドのメリット

 

●買いやすい。

●割安に購入することができる。

●分割で購入することができる。

●ローンを使うことができる。

●キャピタルゲイン(売却益)に期待できる。

 

■プレビルドのデメリット

 

●完成しないリスクがある。

●資金を寝かすことになる。

●支払いが煩雑。

●期待したキャピタルゲインが得られないことがある。

●ローンが組めない可能性もある。

 

メリットについて簡単に説明すると、「安く買える」ということに尽きます。資金を集めて物件を建築するわけですから、早くからその計画に関わっている分だけ割安になり、完成近くなれば値段が上がります。

 

支払い方法については改めて詳しく説明しますが、分割払いが可能ですし、ローンを使うことも可能です。一括払いをすれば、5%から15%ほどのディスカウントを受けることもできます。

 

また建物が完成するにつれて販売価格が徐々に上がる仕組みに加えて、フィリピンの経済成長による不動産市場の成長にも期待ができます。所有しているだけで資産価値が上がっていく可能性が高いのです。

 

最大限のキャピタルゲインを狙っている人は、プレビルド物件をいち早く一括購入して、完成後にタイミングを見て売却するという形が一番良いでしょう。

プレビルドを高く売るためには最低「1~2年」は待つ

対して、デメリットを言えば、計画段階で購入するということは、「建たないかもしれない」というリスクをはらんでいます。そのため、デベロッパー選びが大切です。

 

併せて、購入を決めてから建ち上がるまでの3~5年の間は、投資したキャッシュは何も生み出しません。不動産投資では、「投資した金額をいかに回すか」に着目しますが、その観点で言えば、数年間の塩漬けを余儀なくされます。

 

また、支払いについては分割で支払えるというメリットの半面、分割で送金する煩雑さがあります。銀行ローンが組めると言っても、日本のように決められたパッケージローンがあるわけでなく、そのタイミングによって条件も変わっていきます。

 

日本でも、時期によっては融資姿勢や融資条件が動くものですが、フィリピンでは日本以上に金融機関による差もあり、現地に精通した仲介業者でなければ取り扱うことができません。

 

最後にキャピタルゲインが見込めるプレビルド物件ではありますが、必ずしも期待した売却益が出るかと言えば、それは確約できません。

 

工期が3~5年かかる物件を予約購入するプレビルドは、完成すると物件価格が30%上がる仕組みになっています。これは単純にデベロッパーが決めた販売価格であり、転売時に30%上乗せして売れるわけではありません。

 

日本でも同様のことが起こりますが、需給バランスによって販売価格と実勢価格が乖離していきます。

 

たくさん売却物件が出て、購入希望を上回れば必然的に価格が下がっていきます。大きな流れで言えば、価値は上がり価格も上がりますが、タイミングによるところがあるため、売却時期の見極めが必要です。

 

 

フィリピンでは売れるまでに1~2年は待つ、という感覚が普通です。日本人の不動産投資家はどういうわけか「来月までに売りたい」とか、「3カ月以内に売却したい」と期限を切る方が多いです。

 

そうなると早く売るために価格を下げるしかありません。フィリピンの不動産事情をよく知らずに、「物件がなかなか売れなくて騙された」と思われる方もいるようですが、それはこういった誤解があるためです。

 

このようにプレビルド物件はメリットとデメリットを併せもっているのです。

本連載は、2016年2月27日刊行の書籍『億万長者になりたければ、フィリピン不動産を買いなさい』から抜粋したものです。その後の税制改正等、最新の内容には対応していない可能性もございますので、あらかじめご了承ください。

「海外不動産」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

「フィリピンへGO」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

連載「フィリピン不動産投資」が資産形成に最適な5つの理由

株式会社ハロハロホーム Founder

1979年、愛知県生まれ。大原簿記専門学校卒業後、アパレル会社での勤務をへて、2000年、同業種で独立。同年自社ブランドを立ち上げ、卸、直営店舗を展開。その後、海外生産拠点を背景にOEM事業を開始。2005年にフィリピンに行き、1人のタクシードライバーに人生の生き方を考えさせられ、同地にて為替&アテンドビジネスをはじめ、もともとの事業を売却。その後、2007年にコンサル会社、2009年にPR会社を設立。2010年にフィリピンでオフショアのシステム会社を経営するO氏と出会い、同年Hallohallo incの立上げに従事する。

2014年にHallohallo Home incを立ち上げ、Hallohallo Assets、System、Travel、WebTV、Design、Builder、Exercise、Life、School、Maintenance、Architect、Salon、Clinic、Spaやストリートチルドレン復学プログラム等、多くの新規事業をアライアンス事業として立ち上げる。

著者紹介

ハロハロホーム マニラ本社 Director

ハロハロホームは、フィリピンのメトロマニラ首都圏のビジネス中心地マカティ市に本社を構え、フィリピン不動産投資や、フィリピンの土地販売を手がける企業。賃貸仲介サイトの運営、不動産管理、メンテナンス、内装、転売のサポートなど、購入・管理・売却まですべて対応できる強みを持つ。

著者紹介

億万長者になりたければ、 フィリピン不動産を買いなさい

億万長者になりたければ、 フィリピン不動産を買いなさい

鈴木 廣政・渡辺 頼子

幻冬舎メディアコンサルティング

止まらない人口減少、オリンピック相場の反落、不動産市場の縮小――国内不動産暴落のXデーは、刻一刻と近付いています。これを裏付けるように、事実、家賃下落や空室率上昇などの問題は年々深刻化しているのです。そんな中で…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧