ギャンブル的要素も強いFX

近年話題になっているFXは、レバレッジを利かせることで、少ない資金で大きな利益を出せる一方、リスクも大きくなります。ここでは、ハイリスク・ハイリターンのFXを中心に外貨投資について解説します。

預金にも潜む為替リスク

投資といえば、よく耳にするのがFX(Foreign eXchange)です。FXとは外国為替証拠金取引のことで、外貨投資の一種です。要は、外国の通貨を購入してその値動きによって利益を得ようとするものです。


通貨というものは、株式や債券のように利回りがあるものではありませんので、不動産や金(ゴールド)のような現物投資に近くなります。しかし、外国通貨とはお金でもあるので、その通貨で銀行に預金(外貨預金)をしたり外国の債券を買ったりすることで金利がつくこともあります。


外貨投資のなかでも外貨預金は、まるで銀行の定期預金のように安全なものであるかのようなイメージを持たれていることが多いです。名称に「預金」が入っているので無理もないのですが、実際のところ外貨預金には、円定期預金や日本国債のような安全・安心度はありません。なぜならば、為替リスクが存在するからです。


外貨預金、もしくは外国の国債は、その通貨の中だけで見れば元本が保証されていますし金利も高いように見えます。しかし、満期が来たときに購入時よりも円高になっていれば、円通貨に戻したときに金額が減ってしまいます。


例えば1ドル=100円のときに、100万円を1万ドルに換えて、外貨定期預金にしたとしましょう。金利は毎年2%ですから、円のまま定期預金にしておくよりはよほどいいと思ったからです。5年後に満期が来たときに、1万ドルは1万1000ドルに増えていました。しかし、為替のほうは1ドル=80円の円高になっていたのです。ということは、1万1000ドルを円に戻すと88万円にしかなりません。金利2%の定期預金で運用していたはずなのに、なぜか100万円が88万円に減ってしまったのです。


このように、外貨預金の為替リスクは、多少の金利差を吹き飛ばしてしまうくらい値動きが大きいときもあります。もちろん、逆に1ドル=110円の円安になっていれば、121万円と大きく増えて戻ってくることになりますが、5年後に円高になっているか円安になっているかは予想できません。通貨は発行量も多いですし、そのときどきの世界情勢によっても変化するので、不確定要素が多すぎるのです。


それでも、国の政策によってある程度は予想できます。例えば、現在の日本のように通貨発行量を大幅に増やしてインフレ目標に向けて舵をきっている場合、当然、通貨安になることが予想されます。実際に、日銀の異次元緩和以来、1ドル=85円だった為替相場が1ドル=120円へと大幅な円安になっています。円安を見越して外貨預金や外国の債券を購入した人は結構な利益を得たことでしょう。

信用取引は手持ちの範囲内で

このように、外国為替を使った投資を行うことを外貨投資といい、そのための手段として有名なのがFXです。FXは外国為替証拠金取引というように、わずかな証拠金だけでレバレッジを利かせた信用取引ができることが特徴です。そのため、手持ちの現金の少ないギャンブラーが投機目的で押し寄せて、活況を呈したことがありました。


しかし、すでに述べたように信用取引はギャンブル的な要素があって、リスクの大きな投資になります。もし、外貨投資を始めたいというのであれば、レバレッジを利かせずに手持ちの現金の範囲内で投資することをお勧めします。


ちなみに、たとえ国内の銀行であっても、外貨預金には預金保険機構による保険が利きません。ということは、もし銀行が破綻した場合、元本が1000万円以下であっても外貨預金は保全されない可能性もあります。

本連載は、2014年7月29日刊行の書籍『インフレ時代の投資入門』から抜粋したものです。その後の税制改正等、最新の内容には対応していない可能性もございますので、あらかじめご了承ください。

杉浦 和也

パインブリッジ・インベストメンツ株式会社 代表取締役社長

学習院大学経済学部卒業後、1985年に野村證券投資信託委託入社。日本株式運用、総合企画、秘書室勤務を経て野村アセット・マネジメント・シンガポール、野村ブラックロックで幅広い資産運用ビジネスを経験。その後、メリルリンチ・インベストメント・マネジャーズのディレクターを経て、2002年5月に投資信託本部長としてAIG 投信投資顧問(現 パインブリッジ・インベストメンツ)入社、その後、常務執行役員投資信託本部長を経て、2011年6月から現職。日本証券アナリスト協会検定会員。

著者紹介

前野 達志

パインブリッジ・インベストメンツ株式会社 執行役員 グ ローバル・マルチアセット運用部長

慶應義塾大学商学部卒業後、1987 年に三井生命保険入社。1993年より同社英国投資顧問現地法人に勤務し、ロンドン・シティからグローバルな株式・債券投資を行う。その後、スカンディア生命保険、三井住友海上シティインシュアランス生命保険を経て、2004年にAIG 投信投資顧問入社。その後、執行役員 運用本部長兼グローバル・バランス運用部長を経て、2013 年1 月より現職。日本証券アナリスト協会検定会員およびCFA 協会認定証券アナリスト。

著者紹介

連載インフレ時代の投資入門

インフレ時代の投資入門

インフレ時代の投資入門

杉浦 和也・前野 達志

幻冬舎メディアコンサルティング

仮に今、あなたに1000万円の預金があるとしましょう。安倍内閣が掲げるインフレ目標2%が今後毎年達成された場合、その預金の価値は毎年2%、つまり20万円ずつ目減りしていくことになります。預金の金利はもちろんつきますが、現…

Special Feature

2016.12

「法人保険」活用バイブル<書籍刊行>

決算対策、相続・事業承継、財産移転・・・企業とオーナー社長のさまざまな課題解決に、絶大な効果を発揮する「法人保険」の活用…

GGO編集部(保険取材班)

[連載]オーナー社長のための「法人保険」活用バイブル~決算対策編

【第19回】保険のための医的診査 結果が「少し悪い」ほうが社長が喜ぶ理由

GTAC(吉永 秀史)

[連載]法人保険を活用した資産移転の節税スキーム

【第15回】「逆ハーフタックスプラン」活用時の留意点

Seminar information

不動産活用セミナーのご案内

償却メリットを狙った「京都の町家」投資の魅力

~建物比率5割超&4年で減価償却も可能!独自の不動産マーケットを形成する京町家だから実現する投資法

日時 2016年12月10日(土)
講師 平野準

海外不動産セミナーのご案内

償却メリットにフォーカスした「ハワイ不動産」投資の最新事情

~築古木造のタウンハウスで建物比率80%以上。「ハワイの償却物件」の実際と活用法

日時 2016年12月10日(土)
講師 大橋 登

海外活用セミナーのご案内

国際金融都市「香港」で始めるグローバル資産防衛

~本格的な海外投資環境を整えるメリットと現地の最新金融事情

日時 2016年12月10日(土)
講師 長谷川建一

The Latest