資産運用 株式投資
連載インフレ時代の投資入門【第30回】

日本の投資家が株の「長期投資」に目を向けるべき理由

株式投資金融ビックバンヘッジファンド

日本の投資家が株の「長期投資」に目を向けるべき理由

株とは本来、長期的な企業の成長に投資して、その成功に応じた益を得るものです。そのため、株式投資の基本は「長期投資」だと言われています。今回は、日本の株式市場で投資家が「長期投資」に目を向ける必要性について見ていきます。

成熟した個人投資家がほとんどいない「日本株式市場」

株価というものは、10年以下の短期間で見ると、上がったり下がったりを繰り返しているように見えます。しかし、30年以上の長期間で見ると、漸次上昇しているものです。

 

日本では90年代末の金融改革(金融ビッグバン)まで、個人の株式投資はあまり活発に行われてきませんでした。現在のように手数料の安いネット証券もなく、個人投資家は一部の富裕層に限られ、なおかつインターネットがなかったために情報も少なかったためです。いってみれば投資家教育も投資リテラシーの涵養もほとんど行われてこなかったのです。

 

また、日本の企業は株式持ち合い制度といって、投資のためではなく、業界のしがらみやしきたりで他社の株を保有することが慣例化していました。企業の資金調達の手段としては株式や社債の発行による直接金融ではなく、銀行からの融資という間接金融が主体で、メインバンク制度と呼ばれる銀行とのなれあいも幅を利かせていました。

 

このような状況下では、投資市場が育たなかったのです。バブルによる株高とその崩壊後の低迷は、日本には成熟した個人投資家がほとんど存在せず、短期的な利益を狙ったりブームに乗っかったりするだけの投機的な投資家によって市場が荒らされていることを示しています。

 

日本の株式市場に魅力がないことは、証券取引所における外国会社の上場数を見ても分かります。まっとうな投資家がいないと見られている日本の証券取引所から外国の会社は逃げ出していくばかりです。昔から金融シティであるロンドンやニューヨークに負けるのは仕方がないとしても、最近では同じアジアのシンガポールにも大きく負けています。

 

また、日本の場合は、前述のようにリーマン・ショック後に通貨供給量を絞ったせいでデフレになり、名目GDPが抑えられてしまったというミスもありました。インフレになればそれに伴って株価も上がりますが、20年以上続くデフレのせいで、株価が上がらないという不幸もあったのです。

 

いずれにせよ、日本の株式市場は先進国とは思えないほど値動きが激しいことで知られています。その理由としてあげられるのが、日本の将来を真面目に考えている長期投資家が少ないことです。

短期売買で市場が荒され、長期投資が難しい環境に

実は、近年、日本の株式市場では外国人投資家の保有比率がかなり増えています。かつては安定した株主であった銀行が経営再建をするなかで、リスク資産である株式を次々に手放していき、ヘッジファンドをはじめとする外国人投資家がその株を安値で買いあさっていったのです。

 

現在、日本の株式の保有トップは外国人投資家であり、その次に年金基金や保険をはじめとする国内機関投資家となっています。なお、どんなに多いといっても外国人投資家の保有シェアは30%に満たない程度ですが、毎日の売買高においてはそのシェアの6割以上を外国人投資家が占めています。

 

つまり、株価が上昇局面であろうとも下降局面であろうとも、短期的な売買を繰り返して絶対リターンを狙う外国のヘッジファンドによって、日本の株式市場が荒らされているのです。また、売買シェアの2割に上る国内の個人投資家も、デイトレードをはじめとする短期売買にやっきになっています。

国の長期安定成長に繋がる成熟した投資家の存在

株とは本来、短期的な値動きの利ざやを狙うものではなく、長期的な企業の成長に投資して、その成功に応じた益をいただくものです。しかし、現状の日本の株式市場は、先物などで激しく売買を繰り返すグローバル・ヘッジファンド、コンピュータを駆使して超高速売買を繰り返すHFT(High Frequency Trading)業者などにもてあそばれています。

 

日本株式市場は、国内に成熟した投資家を育てることで、アメリカやユーロ圏のように長期的な安定成長を取り戻すことができます。今こそ、国内の機関投資家、個人投資家は長期投資に目を向けるべきときです。

本連載は、2014年7月29日刊行の書籍『インフレ時代の投資入門』から抜粋したものです。その後の税制改正等、最新の内容には対応していない可能性もございますので、あらかじめご了承ください。

杉浦 和也

パインブリッジ・インベストメンツ株式会社 代表取締役社長

学習院大学経済学部卒業後、1985年に野村證券投資信託委託入社。日本株式運用、総合企画、秘書室勤務を経て野村アセット・マネジメント・シンガポール、野村ブラックロックで幅広い資産運用ビジネスを経験。その後、メリルリンチ・インベストメント・マネジャーズのディレクターを経て、2002年5月に投資信託本部長としてAIG 投信投資顧問(現 パインブリッジ・インベストメンツ)入社、その後、常務執行役員投資信託本部長を経て、2011年6月から現職。日本証券アナリスト協会検定会員。

著者紹介

前野 達志

パインブリッジ・インベストメンツ株式会社 執行役員 グ ローバル・マルチアセット運用部長

慶應義塾大学商学部卒業後、1987 年に三井生命保険入社。1993年より同社英国投資顧問現地法人に勤務し、ロンドン・シティからグローバルな株式・債券投資を行う。その後、スカンディア生命保険、三井住友海上シティインシュアランス生命保険を経て、2004年にAIG 投信投資顧問入社。その後、執行役員 運用本部長兼グローバル・バランス運用部長を経て、2013 年1 月より現職。日本証券アナリスト協会検定会員およびCFA 協会認定証券アナリスト。

著者紹介

連載インフレ時代の投資入門

インフレ時代の投資入門

インフレ時代の投資入門

杉浦 和也・前野 達志

幻冬舎メディアコンサルティング

仮に今、あなたに1000万円の預金があるとしましょう。安倍内閣が掲げるインフレ目標2%が今後毎年達成された場合、その預金の価値は毎年2%、つまり20万円ずつ目減りしていくことになります。預金の金利はもちろんつきますが、現…

Special Feature

2016.12

「法人保険」活用バイブル<書籍刊行>

決算対策、相続・事業承継、財産移転・・・企業とオーナー社長のさまざまな課題解決に、絶大な効果を発揮する「法人保険」の活用…

GGO編集部(保険取材班)

[連載]オーナー社長のための「法人保険」活用バイブル~決算対策編

【第19回】保険のための医的診査 結果が「少し悪い」ほうが社長が喜ぶ理由

GTAC(吉永 秀史)

[連載]法人保険を活用した資産移転の節税スキーム

【第15回】「逆ハーフタックスプラン」活用時の留意点

Seminar information

生命保険活用セミナーのご案内

人気書籍の編著者が明かす「相続専用保険」の活用術<ダイジェスト版>

~人気書籍の編著者が明かす「相続専用保険」の活用術<ダイジェスト版>

日時 2016年12月14日(水)
講師 吉永秀史

海外不動産セミナーのご案内

国外財産にかかる相続税・贈与税の最新事情と注目集める「フィリピン永住権」の取得術

~改正議論が進む海外資産税務のポイントと東南アジア屈指の成長国「フィリピン」の最新活用法

日時 2016年12月14日(水)
講師 剱持一雄 鈴木 廣政

生命保険活用セミナーのご案内

人気書籍の編著者が明かす「生命保険」活用の基礎講座

~人気書籍の編著者が明かす「生命保険」活用の基礎講座

日時 2016年12月17日(土)
講師 吉永秀史

The Latest