相続・事業承継 信託
連載ケースで学ぶ「民事信託」活用術【第5回】

飼い主に万一のことがあっても「ペット」を守れる信託の活用法

民事信託ペット信託負担付き遺贈停止条件付き信託契約

飼い主に万一のことがあっても「ペット」を守れる信託の活用法

近年、家族同様にペットを大切にする人が増えています。しかし高齢者世帯では、自分にもしものことがあった場合、残されたペットの面倒を誰が見るのか、という問題も生じます。今回は、飼い主が亡くなったあともペットを守る信託について見ていきます。

ペットのいる家庭は、子どものいる家庭よりも多い

ある統計によると、現在日本で飼育されている犬・猫の頭数は2000万頭を超えるとのことです。15歳未満の人口が約1600万人なので、今の日本では、子どものいる家庭よりもペットのいる家庭の方が多いことになります。

 

特に高齢者のみの世帯が増えた現代社会においては、ペットの存在が大きな癒しとなっています。海外では、犬の散歩が高齢者の心身に好影響を及ぼすなどの効果により、ペット飼育によって医療費が抑制されたとの調査結果も報告されました。

 

もはや「ペットは家族」という考え方は当たり前となっており、その分、自分に万が一のことがあったときのペットの行く末を心配する高齢者の方も多いのではないでしょうか。

遺言だけではペットの生活は守りきれない

自分が死んだ後、残されたペットの面倒をみてもらうための方法として、まず、遺言が考えられます。この場合は、ペットの世話をしてもらうことを条件に、飼育費としての財産を譲るという内容で遺言を残します。法律的には「負担付き遺贈」と呼ばれる形です。

 

財産を受け取った人間が、実際に遺言書の内容のとおりペットの面倒をみるように、遺言執行者というチェック役を遺言で指定しておくことが通常です。

 

ただし、負担付き遺贈は、遺言者側の一方的な意思表示によるものですので、受け取る側はこれを拒否することができます。また、遺言は死んだ場合のことはカバーできても、認知症など意思能力不十分となった場合のことはカバーできません。ペットの世話を確実にやってもらうという意味では、不安の残る方法です。

信託なら横領や虐待のリスクも減らせて安心

そこで近年注目を浴びているのが、信託を活用する方法です。たとえばこんなケースを考えてみます。

 

70歳になるA子さんは、ご主人に先立たれた後、犬のタローと一緒に暮らしています。子どものいないA子さんにとって、タローは唯一の家族と呼べる存在です。これまでタローとたくさんの楽しい思い出を作ってきました。タローのおかげで、同じ犬好きの友達にも恵まれました。

 

ただ、身寄りのいないA子さんにとって、自分がもし急死してしまった場合、事故などに遭って意識不明となってしまった場合に、自分の代わりにタローの面倒を見てくれる人はいません。

 

A子さんの妹であるB子さんは、A子さんの気持ちは理解してくれているものの、ご主人が動物嫌いのためタローを引き取ることはできません。犬好き仲間のC美さんはタローを引き取ってあげてもよいと言ってくれていますが、親族ではないC美さんが、もしものことがあったときに心変わりしない保証はありませんし、そもそもA子さんにもしものことがあったことすら知ることができない可能性もあります。

 

この場合、信託を使うと次のような仕組みを作ることができます。

 

受託者をB子さん、受益者をC美さんとする停止条件付き信託契約を締結し、もしものことがあった場合にはタローの飼育費に当たる金銭がB子さんに託されるようにします。これとは別に、もしものときにはタローの飼育権がC美さんに移転する契約を結び、タローの飼育費として、信託された金銭が定期的にB子さんからC美さんに支払われる形をつくります。また、契約どおりに金銭が使われているか、ペットの面倒が見られているかをチェックする第三者として、信託監督人を置くこともできます。

 

金銭を管理する人と飼育する人を別々にすることで、横領や虐待の可能性を減らせますし、全体を管理する専門家をつけることで、より飼い主の思いを実現しやすくなります。

 

民事信託には、こんなちょっと変わった活用法もあるのです。

内田 晋太郎

東雲アドバイザーズ株式会社 コンサルティング事業部マネージャー

東京大学法学部卒。司法書士。2009年より現職。
中小企業オーナー等の資産家向けに、相続・事業承継のアドバイザリー業務を主に担当。信託のほか、不動産や法人化を活用した各種スキームを提案。その他、企業の組織再編スキーム構築、非営利法人の許認可コンサルティング等を多数受託。
東雲アドバイザーズ株式会社は、司法書士を中心に、弁護士、行政書士、土地家屋調査士、不動産鑑定士、宅地建物取引士等によるリーガルワンストップサービスを展開する東雲グループ(http://snnm.jp/)のコンサルティング会社。

著者紹介

連載ケースで学ぶ「民事信託」活用術

Special Feature

2016.12

「法人保険」活用バイブル<書籍刊行>

決算対策、相続・事業承継、財産移転・・・企業とオーナー社長のさまざまな課題解決に、絶大な効果を発揮する「法人保険」の活用…

GGO編集部(保険取材班)

[連載]オーナー社長のための「法人保険」活用バイブル~決算対策編

【第19回】保険のための医的診査 結果が「少し悪い」ほうが社長が喜ぶ理由

GTAC(吉永 秀史)

[連載]法人保険を活用した資産移転の節税スキーム

【第15回】「逆ハーフタックスプラン」活用時の留意点

Seminar information

不動産活用セミナーのご案内

償却メリットを狙った「京都の町家」投資の魅力

~建物比率5割超&4年で減価償却も可能!独自の不動産マーケットを形成する京町家だから実現する投資法

日時 2016年12月10日(土)
講師 平野準

海外不動産セミナーのご案内

償却メリットにフォーカスした「ハワイ不動産」投資の最新事情

~築古木造のタウンハウスで建物比率80%以上。「ハワイの償却物件」の実際と活用法

日時 2016年12月10日(土)
講師 大橋 登

海外活用セミナーのご案内

国際金融都市「香港」で始めるグローバル資産防衛

~本格的な海外投資環境を整えるメリットと現地の最新金融事情

日時 2016年12月10日(土)
講師 長谷川建一

The Latest