NZの金利動向と銀行サービスから占う2016年の不動産市況

クリスマス前のニュージーランドではオフィシャル・キャッシュ・レートが下がり、住宅ローンを取り扱う銀行間でも価格競争が繰り広げられています。今回は、近年の金利動向を確認しながら、今後の不動産市場の動きについて考えてみましょう。

金利低下と銀行間の価格競争が不動産市場を活性化

クリスマス一色の12月10日、オフィシャル・キャッシュ・レートが0.25下がり、2.5%になったという発表がありました。

 

各銀行はそれを反映して住宅ローンの金利を値下げし、不動産業界には、「クリスマス前にかけこみバイヤーが殺到か!?」という期待感が走りました。

 

[PR]6月24日(土)開催 無料セミナー

資産分散と償却メリットを狙った「ニュージーランド不動産」活用法

 

[図表1]ニュージーランドのオフィシャル・キャッシュレート(2000~2015)

1999~ 2015年のキャッシュレート

NZの住宅ローンは、申請者の年齢によっても前後しますが、10年・25年・35年ローンが組めます。そして金利は、フローティング(変動型)、1年、18ヶ月、2年、3年、5年・・・と固定金利を選択し、契約を行います。

 

金利が高い時期は短期を選び、レートが良い場合は長期を選択します。しかし、5年先のことまでは見えないため、平均的には、2年固定を選択される方が多いです。

 

下記の表を見ていただくとおわかりのように、一番レートがいいのは1年固定ですが、絶えず経済の流れを見て、2年固定を選択する安定派が多いのが実態です。

 

[図表2]ニュージーランド銀行とその金利の例

また、銀行間でもレートは若干異なっており、まるで携帯電話会社のような競争や駆け引きが行われ、クレジットカードの返済金利をゼロにするなどといった銀行移行のサービス提供がなされています。具体的には、仮にクレジットカードで5万ドル分利用し、金利14%を払っているとした場合、ANZからBNZに移行すれば、その金利がゼロになります。高額を利用している顧客ほどありがたいキャンペーンですね。

 

不動産は10万NZドル単位の買い物ですから、1%の前後は非常に大きいですが、そもそも0.1%ですら注意して契約していくこの時勢です。そのため、銀行間を移行する顧客は絶えません。

金利が低いのはNZでも当たり前だったが・・・

過去の数字をみると、2009年4月より、長期にかけて2.5%でした。途中3%に上がることもありましたが、12月に、2.5%に戻っています。

 

では、2009年以降の不動産売買事情はどうなのかといえば、かつては非常に厳しい状況下にあり、閉鎖する支店も多くなっていました。とはいえ、市内中心のアパートメント開発は絶えず計画・実行され続け、地域によって差はあるものの、2012年頃より、次第に全体が回復し、2013年、2014年、2015年の過去3年間は、「金利が低いのは当たり前」といった風潮のなか、銀行の貸し渋りも緩和されてきました。

 

[PR]6月24日(土)開催 無料セミナー

資産分散と償却メリットを狙った「ニュージーランド不動産」活用法

 

さて、2016年、新年度に向けて追い風となるこの低金利ですが、どんな結果へと進むのでしょうか?

 

来年度も、引き続きNZ不動産にご注目いただくことを願い、本年度最後の記事とさせていただきます。よいお正月をお迎え下さい。

Goo Property NZ Ltd. 代表取締役社長

1982年、大阪女学院短期大学英語科卒業。カリフォルニア大学デイビス校留学。帰国後、旅行会社のツアーコンダクターに従事。1987年、ニュージーランドツアーの添乗を機に、移住希望を持つ。

1995年1月の阪神・淡路大震災を経験し、1996年に移住を実現。 自己の居住用物件さえあれば、落ち着いて生活ができると感じ、ワンルームマンション購入を実行。その経験を生かし、不動産業界に参入。当時インターネット環境が整いつつある中、日本語ウェブサイトを開設し、留学・観光・不動産投資についてのコンサルティングを始める。

現在、ニュージーランドの大手不動産売買仲介会社であるHarcourts New Lynn(ハーコウツ・ニューリン)支店にてセールスコンサルタントとして活動しながら、日本人のための投資コンサルタント会社Goo Property NZの代表としても活躍中。

著者紹介

連載償却メリットでも注目!「ニュージーランド不動産」の最新事情

海外不動産セミナーのご案内 参加無料 主催:カメハメハ倶楽部

資産分散と償却メリットを狙った「ニュージーランド不動産」活用法

~現地専門家が伝えるNZ中古不動産市場の最新事情と日本人としての投資法

講師 伊藤哲次氏
日時 2017年06月24日(土)
内容

・ニュージーランド経済と投資環境の最新事情

・NZ中古不動産市場の現状と展望

・NZ不動産取引の仕組みと日本との違い

・購入までのスケジュール、諸費用等について

・築古、建物比率の高い案件を中心に物件情報も公開

会場 幻冬舎本社ビル内 セミナー会場

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧