お客さまの満足と社員の満足――社長にはどちらが大事なのか?

前回は、社長に必要な「非常識」「常識」について解説しました。今回は、社員とお客様、どちらにもバランスの良い経営をしていくために「社長が意識すべきこと」について見ていきましょう。

経営では様々な「矛盾」に直面するが・・・

お客さまの満足と社員の満足――お客さまの満足を満たすには、社員が手間ひまかけて、努力して、いいサービスを提供しなければならない。それでは、社員はいつまで経っても満足できないのか? お客さまの満足と社員の満足、どっちが先なのか?

 

利益追求と社会貢献――会社は社会の公器だから、社会に何らかの貢献をしなければならない。でも、利益が出なければ潰れてしまうし、給料だって払えない。道徳なき経済は罪悪、経済なき道徳は寝言・・・。

 

短期戦略と長期戦略――短期的な利益と長期的な利益、どちらを優先すべきか? 短期の利益ばかり追っている部署は、いつも危なっかしい。でも、長期的な視野で営業している部署は、なかなか足下の利益がついてこない。

 

制度と風土、規律と放任――部下に仕事を任せるというけど、どこまで任せたらいいのか? 仕事のプロセスをすべてマニュアル管理しようとしたが、社員の心までは管理できない。制度と風土、規律と放任、どちらが正しい経営手法なのか。

 

給料とやりがい――社員は、やりがいのある仕事ができれば満足するのか? それともやっぱり給料か?

 

優しさと厳しさ――社員にあまり厳しいことばっかり言っていると辞めちゃうから、我慢して優しく接していたら、最近つけ上がってきた。

 

もともと、右か左かはっきりしなければ気が済まない性格の私は、これら二項対立する矛盾に決着をつけたかったのですが、結局すべてにおいて勝負がつきませんでした。

矛盾する事項の間でバランスをとり続けるのが社長

どちらが本当は大事なのか、割り切れたほうが楽に決まっています。しかし、こちらを立てればあちらが立たず、あちらを立てればこちらが立たず、という相矛盾する事項を同時にやろうとしているのが経営です。

 

そうなると、社長というのは、常に振り子を振り続けること。対極にある考え方の間で、バランスをとり続けていくこと。

 

自分とは対岸にある考え方、向こう岸にある考え方を否定せずに、自分の考え方とのバランスをとっていく、そういう相矛盾を把持する姿勢が、結局のところその社長の器をつくるのではないかと思うのです。

本連載は、2014年2月27日刊行の書籍『低成長時代に業績を伸ばす社長の条件 』から抜粋したものです。その後の税制改正等、最新の内容には対応していない可能性もございますので、あらかじめご了承ください。

「その他」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

「法人の財務改善」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

連載低成長時代に業績を伸ばす社長の条件

SMC税理士法人 代表社員理事長

1990年明治大学経営学部卒業。同年民間上場企業入社、システムコンサルティングに7年間従事。中小企業に3年間勤務後、税理士法人せきね総合会計事務所(現SMC税理士法人)入社。現在、関与先数社の会計参与(役員)に就任。2007年から経営計画書を中心とした「せきね式未来社長塾」を開催。2012年12月に経営革新等支援機関としての認定を受ける。

著者紹介

低成長時代に業績を伸ばす 社長の条件

低成長時代に業績を伸ばす 社長の条件

関根 威

幻冬舎メディアコンサルティング

バブル崩壊以降、日本経済は長期的な低迷を続けています。いまや日本企業の75%が法人税を払っていないのが現状です。このような低成長時代には、経営者は何を心がければいいのでしょうか――。 本書では、外部コンサルタント…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧