なぜ「女性ホルモン」が減ると薄毛になってしまうのか?

前回は、女性の薄毛が起こる「最大の原因」とは何かを説明しました。今回は、なぜ「女性ホルモン」が減ると薄毛になってしまうのかを探ります。

男性ホルモン優位になると、男性型脱毛症が起こる

ここまでは女性ホルモンの減少が薄毛の要因のひとつというお話をしてきました。さらに、女性ホルモンが減った結果、相対的に優位となる男性ホルモンについても解説しておきましょう。

 

女性にもテストステロンを代表とする男性ホルモンがあるとお話ししましたが、その女性の中の男性ホルモンが薄毛につながることがあります。先にご紹介した男性の薄毛のメカニズムを思い出してみてください。

 

男性の薄毛は、毛包の中のⅡ型5αリダクターゼという酵素と、テストステロンという男性ホルモンが結びつき、ジヒドロテストステロン(DHT)という物質を生成することから始まります。さらに、このDHTが、髪の毛に悪影響を与える遺伝子群に作用し、脱毛を促進させるTGF-β1などのタンパク質を発現させることで、薄毛が引き起こされるとお話ししました。

 

女性ホルモンが減少し、男性ホルモンが優位となった女性にも、この男性ホルモンにまつわる薄毛のメカニズムがそのまま当てはまります。これが先にご紹介した「FAGA(女性男性型脱毛症)」です。

行き過ぎたダイエットや偏食も薄毛の原因に

さて、過度のダイエットや偏食は特に若い女性にありがちなことです。しかし、行き過ぎたダイエットをしたり、偏食であったりして栄養摂取が十分でないために、薄毛が起こることがあります。

 

私のクリニックに薄毛の相談に見える女性の患者様にも、こうした栄養不足のケースがあります。髪をつくるうえで欠かせないタンパク質をはじめ、ビタミン、ミネラルなど栄養が全般的に不足しているのです。その一方で、パスタやパン、お菓子など、炭水化物の摂取が多過ぎる場合もあります。

 

ところが、こうした女性たちは自分の栄養不足を自覚していないことがほとんどであるのが、また問題です。「自分はだいじょうぶ」と思っていても、ときに意識して、自身の食生活をきちんと見つめ直すようにしましょう。第2章でもお話ししたとおり、いろいろな栄養をバランスよく摂取することが、薄毛対策としても非常に大切なのです。

 

たとえダイエットや偏食などの問題がなく、普通に食事をしている女性であっても、髪の毛を成長させるのに十分なほどは栄養が足りていない人も少なくありません。まして、生まれつき髪が薄い方の場合は、普通の食生活では髪の毛を新たに多くつくり出すのは難しく、十分なタンパク質とビタミンを摂取することが必要です。

 

それでも食事だけで完璧に栄養を摂取するのはなかなか難しいことです。特に髪をつくる細胞は、細胞が分化・増殖するスピードが体のなかで最も早いため、すべての栄養素を充分に摂らなければなりません。

「その他」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

「健康」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

連載薄毛改善の第一歩! 発毛・育毛・薄毛のメカニズムとは

医療法人社団セレス 理事長
青山セレスクリニック(青山院・川口院) 理事長
船橋中央クリニック 院長 

慶應義塾大学医学部卒業後、慶應義塾大学病院に勤務。2003年に船橋中央クリニック、2013年には青山セレスクリニックを設立し、医療法人社団セレス理事長に就任する。2017年青山セレスクリニック川口院を開設。体のあらゆる悩みに対して的確にアドバイス・治療を提案する「美のコンシェルジュ」として、女性の薄毛治療のほか、エイジングケア治療、美容整形、医療レーザー脱毛、美肌治療等を行う。それぞれの施術のメリット・デメリットを明確に提示し、患者が効果を実感できるサービスのみを提供している。日本外科学会専門医、日本美容外科学会専門医、日本美容皮膚科学会会員、日本抗加齢医学会会員、日本医師会会員。

著者紹介

専門医が徹底解説! 女性の薄毛解消読本

専門医が徹底解説! 女性の薄毛解消読本

元神 賢太

幻冬舎メディアコンサルティング

いつまでも若々しく美しくありたいと願いながら、髪の悩みに関しては「結局、歳には勝てない」とあきらめてしまう女性が多いという現実……。「美のコンシェルジュ」として、10代から70代までと幅広い女性たちの薄毛の悩みを解…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧