悩ましい日本語⑭ 犬も歩けば棒に当たる〔連語〕

今回は、「いぬもあるけばぼうにあたる【犬も歩けば棒に当たる】」を解説します。※本連載は、元小学館辞典編集部編集長で、辞書編集者として多数の辞書作りに携わってきた神永曉氏の著書、『さらに悩ましい国語辞典』(時事通信出版局)の中から一部を抜粋し、変化し続ける「ことばの深さ」をお伝えします。

災難か、幸運か? 相反した意味を持つことわざ

いぬもあるけばぼうにあたる【犬も歩けば棒に当たる】〔連語〕

 

犬が当たる「棒」は幸運それとも災難?

 

「犬棒(いぬぼう)カルタ」というものをご存じだろうか。「いろはガルタ」のひとつで、最初の札の「い」が「犬も歩けば棒に当たる」であることから、そのように呼ばれる。ちなみに、上方のカルタでは「い」は「一寸先は闇」である。

 

この「犬も歩けば棒に当たる」ということわざをご存じないというかたは、あまりいらっしゃらないであろう。だが、意味はいかがであろうか。実は、相反する意味で揺れている興味深いことわざなのである。『日本国語大辞典(日国)』を見ても、二つの意味が載せられている。このような内容である。

 

(1)物事をしようとする者は、それだけに災難に会うことも多いものだ。

(2)何かやっているうちには、思いがけない幸運に会うこともあるものだ、また、才能のない者でも、数やるうちにはうまいことに行きあたることがある。

 

つまり、災難説か幸運説かに分かれるのである。

カルタの絵では「顔をしかめた犬」が多いので…

そして、そのそれぞれの意味で引用されている用例も、ともに江戸時代からある。災難説の一番古い例は、

 

「じたい名が気にいらぬ、犬様の、イヤ犬房様のと、犬も歩けば棒にあふ」(浄瑠璃・蛭小島武勇問答(ひるがこじまぶゆうもんどう)〈1758年〉三)

 

幸運説は、

 

「ありけば犬も棒にあたりし・夜参の宮にて拾櫃(ふひつ)の底」(雑俳・三番続(さんばんつづき)〈1705年〉)

 

浄瑠璃の例は、前後が引用されていないので、ちょっとわかりにくいかもしれない。雑俳例の「櫃」は飯を入れる木製の器。野良犬が幸運にも底に飯の残った「櫃」にありつけたのであろう。

 

50年ほどの違いではあるが、災難説、幸運説どちらが先だったかは、これだけでは判断できない。ただし「犬棒カルタ」の絵は、犬が棒に当たって顔をしかめているものが多いので、災難説が主流なのかもしれない。

 

辞書の場合は、解説の分量は多くなってしまうが、それぞれの意味を載せて、あとは読者に判断を任せるということになる。だが実際に使う場合は、災難と幸運のどちらの意味で使っているのか判断しなければならないので、いささかやっかいかもしれない。

 

さらに、幸運説の場合は、先に引用した『日国』の語釈のように、「才能のない者でも」というニュアンスも含まれるので、使用にはじゅうぶんに注意が必要である。

 

□揺れる意味・誤用

 

凡例の読み方はこちら

「教育」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

「エトセトラ」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

連載日本語の不思議~『さらに悩ましい国語辞典』より

辞書編集者
元小学館辞典編集部編集長

1956年、千葉県生まれ。小学館に入社後、37年間ほぼ辞書編集一筋の編集者人生を送る。
担当した主な辞典は『日本国語大辞典 第二版』『現代国語例解辞典』『使い方のわかる類語例解辞典』『標準語引き日本方言辞典』『例解学習国語辞典』『日本語便利辞典』『美しい日本語の辞典』など多数。著書として『悩ましい国語辞典』(時事通信社)。
NPO法人「こども・ことば研究所」を共同設立し、「辞書引き学習」を中心とした活動で全国行脚している。

著者紹介

さらに悩ましい国語辞典

さらに悩ましい国語辞典

神永 曉

時事通信出版局

朝日、読売、クロワッサン、各地方紙が絶賛! ! 新聞各紙コラムに引用された「悩ましい国語辞典」(5刷)の第2弾! 日本最大の辞書「日本国語大辞典」編集者はまだまだ悩んでいる! 言葉の謎はさらに深まる! そんたく【忖…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧