的中した謎の男の予言・・・逆効果になった案件も!?

かけだし信金マン・和久井健太の活躍を通して「お金の増やし方」を学ぶ本連載。今回は、その第19回です。※本連載は、銀行の元支店長で現在は実業家として活躍する菅井敏之氏の著書、『読むだけでお金の増やし方が身につく 京都かけだし信金マンの事件簿』(アスコム)の中から一部を抜粋し、お金の増やし方について、かけだし信金マン・和久井健太の活躍を通して見ていきましょう。

<登場人物紹介>

・和久井健太(わくい・けんた)
京都にある洛中信用金庫に就職。入社三年目を迎え、北大路支店の営業部に配属されるも、引っ込み思案がわざわいして、苦戦。最近自分がこの仕事に向いているのか悩んでいる。

・桜四十郎(さくら・しじゅうろう)
偶然入った喫茶店で出会った職業、住所、年齢ともに不定の謎の中年男性。なぜか金融関連の事情に詳しく、和久井にいろいろとアドバイスをするように。

 

気になっているのは、桜四十郎というあのオヤジさんに礼を言えないことだ。

 

連絡先を聞いたときには、「まあいいじゃないか。一期一会ってことで」とはぐらかされた。

 

和久井のほうからは名刺を渡しておいたので、飯でも奢れと向こうからコンタクトがある気がして、それ以上は追及しなかったのだが、それっきり桜さんからは何の音沙汰もなかった。

「もう、ええかげんにしといてえな」

加えて、あの人に問いただしたいこともあったのだ。

 

確かに見崎さんの案件については、桜さんの予想はズバズバと的中した。けれど、こだま屋の件は逆効果になった。

 

言われた通り、佃煮店のこだま屋に顔を出して「お元気ですか」と挨拶してみたのだが、主人は露骨に顔をしかめた。

 

「もう、ええかげんにしといてえな」

 

それでもめげずに、近くを通るたびに何度か顔を出したのだが、返ってくるのは皮肉と当てこすりくらいだ。

 

頂上に着いた。和久井は残りのドリンクを飲み干した。ここからはひたすら下っていくので、水分補給はしなくていい。途中の鞍馬駅の前で自動販売機から何か買って補給をすれば、わかば寮までは充分もつ。

 

和久井はウィンドブレーカーを羽織って、ジッパーを引き上げると、ゆるゆると下りはじめた。

 

下りの山道は、調子に乗ってスピードを出すと危ない。このことは自転車仲間ではよく言われている。特に林道のカーブで急に姿を現したバスと正面衝突すると、もう洒落にならない。そしてこの道は、路面のコンディションもあまりよくなかった。

 

鞍馬駅で自転車を停め、大きな赤い天狗を拝んで、駅舎に置かれた自販機に向かうと、赤く塗られた自販機の横に赤いロードバイクが停まっていた。

 

「花脊峠は、ここまっすぐでええのかな」

 

きれいな声に振り向くと、若い女がジャージに身を包んで立っていた。かけているサングラスに杉木立とその上の青い空と白い雲が映っている。

 

「ええ、この先、まっすぐです。ゴール手前で二股に分かれるところがありますが、それを左。右に行くと百井峠なので注意してください」

 

「ありがとう」

 

女はスポーツドリンクを自転車用のボトルに移し替えると、それをケージに差し込んで、サドルに跨がった。そして、ペダルを踏み込むと、軽くダンシングしながら、国道四七七号線、通称〈国道 死なないで(477)〉を登っていった。

 

うーん、と和久井は思った。

 

後半にかけてきつくなるから最初はトバしすぎないようにとか、アドバイスしてあげればよかったかな、などと考え、なんで俺はそんなお節介を焼こうとしたのかとまた考えた。

 

サングラスとヘルメットに隠れてよくわからなかったが、あれはひょっとしたらひょっとするのではないか。鼻筋はこの峠のように勾配が高く、口元は引き締まって知性を感じさせた。たぶん相当に乗り込んでいるであろう引き締まった身体のラインも魅惑的で、サドルは高く、ハンドルは低く遠く、長い手足がよく映えるセッティングだ。

 

「いい」

 

コーラを一口飲んで和久井はつぶやいた。

 

よけりゃ、なんだっていうんだ。そんな疑念がすぐに湧いたが・・・。

「資産運用」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

「資産形成」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

連載京都かけだし信金マンの事件簿〜第1章より

実業家

1960年山形生まれ。1983年、学習院大学卒業後、三井銀行(現・三井住友銀行)に入行。 個人・法人取引、およびプロジェクトファイナンス事業に従事する。2003年には金沢八景支店長(横浜)に、2005年には中野支店長(東京)に就任。 48才のときに銀行を退職。
その後、起業し、アパート経営に力を入れる。 6棟のオーナーとして、年間7,000万円の不動産収入がある。 また、2012年には東京の田園調布に『SUGER COFFEE』をオープンし、人気のカフェとなった。
著書『お金が貯まるのは、どっち!?』(アスコム)は40万部を突破し、2015年オリコンランキングビジネス書部門第1位を獲得。

著者紹介

読むだけで お金の増やし方が身につく 京都かけだし信金マンの事件簿

読むだけで お金の増やし方が身につく 京都かけだし信金マンの事件簿

菅井 敏之

アスコム

長年の取引先を次々と失う洛中信用金庫。メガバンクの巧妙な罠にはまり、貸し剥がしにあう老舗商店――。人々の夢と希望と「お金」を奪うメガバンクの策謀がうずまく京都の町を、かけだし信金マン・和久井健太が駆け巡る! 読…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧