和久井が謎の男・桜さんに教えを乞うた知識とは・・・

かけだし信金マン・和久井健太の活躍を通して「お金の増やし方」を学ぶ本連載。今回は、最終回です。※本連載は、銀行の元支店長で現在は実業家として活躍する菅井敏之氏の著書、『読むだけでお金の増やし方が身につく 京都かけだし信金マンの事件簿』(アスコム)の中から一部を抜粋し、お金の増やし方について、かけだし信金マン・和久井健太の活躍を通して見ていきましょう。

<登場人物紹介>

・和久井健太(わくい・けんた)
京都にある洛中信用金庫に就職。入社三年目を迎え、北大路支店の営業部に配属されるも、引っ込み思案がわざわいして、苦戦。最近自分がこの仕事に向いているのか悩んでいる。

・桜四十郎(さくら・しじゅうろう)
偶然入った喫茶店で出会った職業、住所、年齢ともに不定の謎の中年男性。なぜか金融関連の事情に詳しく、和久井にいろいろとアドバイスをするように。

 

「なんだこりゃ」

 

桜さんの声で妄想が破れ、和久井はまたわかば寮の六畳間に戻ってきた。

 

ふと見ると、和久井が畳の上に積み上げている本の山から一冊引き抜いて、パラパラとページをめくっている。それはMBA(経営学修士)の参考書だった。和久井は転職も考えて、資格を取ろうと、空いた時間を見つけては勉強しているのだった。もっとも、なかなか前には進まないが。

 

いきなり桜さんは、その『ビジネスマンのためのMBA入門 ジョン・スチュアート・御手洗著』をゴミ箱に放り込んだ。

 

「何するんですか」

 

「こういう勉強は、あと二年やみくもに働いてからでも遅くないさ」

 

「ちょっと、待ってくださいよ。俺だって夢があるんです」

 

「どんな夢だ」

 

和久井は言いよどんだ。俺の夢っていったい何だろう。考えてみたが、わからない。だから、こう言ってみた。

 

「とにかく、このままじゃ終わりたくないんです」

 

ほお、と感心したような顔を見せてから、桜さんはニヤニヤしはじめた。

 

「それに、学生時代に学んだことを風化させないためにも、勉強は続けたほうがいいと思うんです」

 

わかった、と桜さんは言った。そして、

 

「だったら、ほかの参考書にしな」と意外な一言を付け加えた。

 

「え、どうしてですか」

 

「いまちょいと覗いたら、あの参考書、ポートフォリオの解説間違えてたぞ」

 

「そんなわけないでしょう」

 

「なぜそう思うんだ」

 

「このジョン・スチュアート・御手洗って人は、『報道チャンネル』で経済関連のレギュラー・コメンテーターを務めているんですよ」

 

「おお、それはヤバいな」

 

「松浦秀樹と同じで、ハーバード・ビジネス・スクールだって出てるんです」

 

「HBSだって? だったら、その経歴はガセだ」

 

和久井は思わず笑った。

 

いくら銀行業務に詳しいとはいえ、そこまで断言できるはずがない。

 

なかなかはったりが利いたオヤジだな、と思った。そんなところも面白い。見ると桜さんも笑っている。

「ちがいますよ、教えてほしいんです」

「桜さん」

 

「おうよ」

 

「ここに住みませんか」

 

「ここに、俺が?」

 

「ええ、この寮の住人、僕のほかはあの目黒先輩だけなんです。管理人も月に一度しか来ないので、親戚がたまたま泊まりに来ていると言って誤魔化すのは簡単だと思います。実際、東京の友人が京都見物するんで、宿代わりに泊まっていったことは何度かありますし」

 

桜さんはふーんと言っただけだった。

 

「何があったかは知りませんが、桜さんだって段ボールハウス暮らしが好きってわけでもないでしょう。もし、一緒に暮らしてくれたら、家賃はゼロで、家での飯代は僕がなんとかします」

 

「で、俺は炊事と掃除と洗濯をすればいいのか」

 

「ちがいますよ、教えてほしいんです」

 

「ほう、何を」

 

「いろいろです」

 

「映画とか」

 

「例えば映画も」

 

「モテる方法とか」

 

「それもいいですね」

 

「で、料理」

 

「桜さん、いつになったら金融業のことが出てくるんですか」

 

「ああ、それは教えてやれると思うね」

 

「よろしくお願いします」

 

和久井が垂れた頭を起こして前を見ると、桜さんは顎の無精ひげを撫でながらニヤニヤしていた。

 

こうして和久井と桜さんの共同生活が始まったのである。

「資産運用」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

「資産形成」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

連載京都かけだし信金マンの事件簿〜第1章より

実業家

1960年山形生まれ。1983年、学習院大学卒業後、三井銀行(現・三井住友銀行)に入行。 個人・法人取引、およびプロジェクトファイナンス事業に従事する。2003年には金沢八景支店長(横浜)に、2005年には中野支店長(東京)に就任。 48才のときに銀行を退職。
その後、起業し、アパート経営に力を入れる。 6棟のオーナーとして、年間7,000万円の不動産収入がある。 また、2012年には東京の田園調布に『SUGER COFFEE』をオープンし、人気のカフェとなった。
著書『お金が貯まるのは、どっち!?』(アスコム)は40万部を突破し、2015年オリコンランキングビジネス書部門第1位を獲得。

著者紹介

読むだけで お金の増やし方が身につく 京都かけだし信金マンの事件簿

読むだけで お金の増やし方が身につく 京都かけだし信金マンの事件簿

菅井 敏之

アスコム

長年の取引先を次々と失う洛中信用金庫。メガバンクの巧妙な罠にはまり、貸し剥がしにあう老舗商店――。人々の夢と希望と「お金」を奪うメガバンクの策謀がうずまく京都の町を、かけだし信金マン・和久井健太が駆け巡る! 読…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!