取引を失った和久井を追い詰める「上司からの電話」

かけだし信金マン・和久井健太の活躍を通して「お金の増やし方」を学ぶ本連載。今回は、その第10回です。※本連載は、銀行の元支店長で現在は実業家として活躍する菅井敏之氏の著書、『読むだけでお金の増やし方が身につく 京都かけだし信金マンの事件簿』(アスコム)の中から一部を抜粋し、お金の増やし方について、かけだし信金マン・和久井健太の活躍を通して見ていきましょう。

<登場人物紹介>

・和久井健太(わくい・けんた)
京都にある洛中信用金庫に就職。入社三年目を迎え、北大路支店の営業部に配属されるも、引っ込み思案がわざわいして、苦戦。最近自分がこの仕事に向いているのか悩んでいる。

・田中光男(たなか・みつお)
洛中信用金庫北大路支店の営業主任で和久井の上司。嫌みたらしく怒りっぽい。好きな格言が「触らぬ神に祟りなし」で、嫌な仕事は部下に任せる。

 

スマホが鳴った。

 

「もしもし」

 

〈お前、なにやっとんねん〉

 

田中主任はいきなりこう切り出した。

 

「はい」

 

〈先ほど、こだま屋さんから電話があった。内容は言う必要ないわな〉

 

店に戻ってうまく説明するつもりが、先を越されるという最悪のエンディングである。

 

〈おまえなあ、言いにくいことほど早めに報告せんといかんちゅうて、なんべんも教えたやろ〉

 

「すみません」

 

〈エラい大きな魚逃がしてくれたなあ。こだま屋さんゆうたら、三代前からの付き合いやねんで〉

 

「けれど、金利が」

 

京都では長きに渡って、都銀・地銀・信金との間で金利の差はなかった。しかし、ここ最近、住菱(すみびし)と葵(あおい)という二大都銀が低金利を謳い、にわかに攻勢をかけてきたのである。

 

〈金利? 確かにうちは金利の件でいろいろと嫌味を言われてた。そやけど、そこをあんじょうやるのが営業やろが〉

 

あんじょうやると言われても、こだま屋の旦那さんからは、「仁科さんも辞められたし、金利がなんともならんのなら、借り換えさせてもらうさかい」とはっきり条件を突きつけられたのである。

 

胃が痛みだした、これは、手で腹を押さえていれば治るというものでもなさそうだった。

 

〈金利を下げて借りてもらうなんてことは、アホでもできるんや〉

「ええか、これ以上借り換えされたら承知せんぞ」

ひょっとして、あのドロドロのナポリタンが原因かもしれない。和久井は立ち上がった。その時、鞄に戻したつもりの書類が滑って床に落ちたのにも気づかなかった。和久井は携帯電話を耳に当てたまま、店の奥へと進んだ。こういう造作の店はトイレは奥だと相場が決まっている。

 

女主人が「あら」と言った。

 

「おトイレ? おトイレは入り口の脇」

 

畜生、外れた。

 

〈トイレやと? お前、トイレで俺の小言を聞くつもりかい〉

 

田中主任が怒鳴った。

 

「いえ、そんなつもりは」

 

そう言いながら和久井はドアを閉め、ベルトを外した。

 

〈ええか、これ以上借り換えされたら承知せんぞ〉

 

はい、と答えたものの自信がなかった。

 

〈こだま屋さんの分をなんとか取り返さんと三島部長が黙ってない。それに、新しい支店長の性格はお前ももうわかってるやろ。攻めの姿勢が足りんのや、お前は〉

 

「わかりました」

 

そう言って和久井はうっかりレバーを跳ね上げた。景気よく〈大〉の水が流れた。

 

〈やっぱりお前、トイレでかけとるんやないか、もう勝手にせい!〉

 

そう叫ぶ主任が先に切った。

「資産運用」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

「資産形成」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

連載京都かけだし信金マンの事件簿〜第1章より

実業家

1960年山形生まれ。1983年、学習院大学卒業後、三井銀行(現・三井住友銀行)に入行。 個人・法人取引、およびプロジェクトファイナンス事業に従事する。2003年には金沢八景支店長(横浜)に、2005年には中野支店長(東京)に就任。 48才のときに銀行を退職。
その後、起業し、アパート経営に力を入れる。 6棟のオーナーとして、年間7,000万円の不動産収入がある。 また、2012年には東京の田園調布に『SUGER COFFEE』をオープンし、人気のカフェとなった。
著書『お金が貯まるのは、どっち!?』(アスコム)は40万部を突破し、2015年オリコンランキングビジネス書部門第1位を獲得。

著者紹介

読むだけで お金の増やし方が身につく 京都かけだし信金マンの事件簿

読むだけで お金の増やし方が身につく 京都かけだし信金マンの事件簿

菅井 敏之

アスコム

長年の取引先を次々と失う洛中信用金庫。メガバンクの巧妙な罠にはまり、貸し剥がしにあう老舗商店――。人々の夢と希望と「お金」を奪うメガバンクの策謀がうずまく京都の町を、かけだし信金マン・和久井健太が駆け巡る! 読…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧